クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 海外 自動車

【三菱】ランエボ復活の前にはランサーが不可欠?

投稿日:

Pocket

三菱自動車を代表するスポーツカー「ランサーエボリューション」の復活が噂されています。しかしエボが復活するならランサーがないとダメでしょう。

・・・というわけで作成されたレンダリング画像をご紹介します。

エボの前には、新型ランサーが不可欠

(和約)

6月末に飛び交った三菱ランサーエボリューション復活の噂は、自動車天国の柱を大きな衝撃を与えました。現時点では限りなく可能性は低いが、もしこれが本当なら、ランサーも同様に復活すべきでしょう。正確に言えばランサーは中国市場でまだ存在しています。しかしそれは古いプラットフォームを使用していますし、三菱が既にリタイアした骨格を世界的なランサーに洗練させることはしないでしょう。Kolesa.ruのNikita Chuiko氏がこの新型ランサーを作成するに至りました。

今日もグランドランサーとして名前は残っていますが、Chuiko氏は新たなプラットフォームを用いてこのレンダリング画像を作成しました。この場合、ランサーはエクリプスクロスのようなクロスオーバーではなくよりセダンの形をしていますが、クロスオーバーのファンにもアピールできるファストバックな見た目をしています。フロントは三菱のデザイン言語であるダイナミックシールドに基づき、クロームのグリルに薄いヘッドライト、大型の角ばったドライビングライトを取り入れています。連続したテールライトとツートンの「フローティングルーフ」は現代的であり、上品ですらあります。

理想的には、このレンダリング画像はルノーメガーヌから借りた新たな基盤につながるでしょう。最近のエボに関する噂ではそれが提案されており、もしそれがあり得るなら、三菱は日産ルノーアライアンスに大きく身を委ねることになります。次世代のランサーエボリューションはアライアンスによって開発されたCMF-C/D F4シャシーに、新型メガーヌのパワートレインを使うと伝えられています。現行メガーヌRSは295馬力ですが、新型はハイブリッドにより341馬力を発揮します。4WDのエボであればより面白い車となるはずです。

残念ながら現時点では、噂とこのレンダリング画像しか存在していませんが、少なくとも微かな希望の光は見えています。

出典:https://www.motor1.com

・・・所管・・・・・・・・・・・・・・・

ランサーエボリューションは「エボX」として2015年に1000台限定で「ファイナルエディション」が発売されその幕を閉じています。しかし2017年6月に開催された三菱自動車株主総会で益子社長(当時)が「ランエボの再開発に挑戦したい。」と発言したように、意外と復活もあるのかもといった印象。

ランサーから独立した「エボ11」であれば、ベースとなるランサーは系統的に必要ないかとも思いますが、仮にこうしたセダンを作るのであれば、グレードに幅を持たして様々な年代層に対応させて欲しいところです。

エボ復活と言うとその血統を重要視しがちですが、ランサー復活であれば、プラットフォームの共有化も割と受け入れられるのではないでしょうか。

<関連記事>

【三菱】ランエボ アライアンスを活用して復活か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【国内】最新自動車メーカー格付けランキング2017

金融商品または企業・政府などの信用状態に関する評価を簡単な記号または数字で表示した等級を「信用格付(しんようかくづけ)」といいます。 日本では金融庁に登録を受けた格付会社が格付けを行っており、信用格付 …

【映画】「空飛ぶタイヤ」を見てきた!感想(ネタばれ注意)

池井戸潤原作で6月15日公開の映画、「空飛ぶタイヤ」をさっそく見てきました。 トレーラー事故を起こした運送会社の社長が車両の欠陥に気付き、製造元の大手自動車会社と戦うという、三菱自動車によるリコール隠 …

【ランドローバー】新型ディフェンダーが公開!

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 そして2019年9月に開催のフランクフルトモー …

【世界初】中国コピー車との裁判に勝訴!

コピー大国中国。世界中の人気者をコピーしては量産し、粗利益を得る悪徳企業がのさばるこの国で、これまで多くの自動車メーカーが訴訟を展開してきました。 ここへきて大きなニュースが飛び込んで来ました。 グロ …

【ユーロNCAP】今でも売られる型落ち車、その安全性は?

自動車は日々進化しており、なかでも「安全性」の進歩は燃費以上に各社とも力を入れている分野でしょう。安全性に対する規制は年々厳しくなっており、それを満足する車をメーカーは作らなければなりません。 しかし …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク