クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 海外 自動車

【三菱】ランエボ復活の前にはランサーが不可欠?

投稿日:

Pocket

三菱自動車を代表するスポーツカー「ランサーエボリューション」の復活が噂されています。しかしエボが復活するならランサーがないとダメでしょう。

・・・というわけで作成されたレンダリング画像をご紹介します。

エボの前には、新型ランサーが不可欠

(和約)

6月末に飛び交った三菱ランサーエボリューション復活の噂は、自動車天国の柱を大きな衝撃を与えました。現時点では限りなく可能性は低いが、もしこれが本当なら、ランサーも同様に復活すべきでしょう。正確に言えばランサーは中国市場でまだ存在しています。しかしそれは古いプラットフォームを使用していますし、三菱が既にリタイアした骨格を世界的なランサーに洗練させることはしないでしょう。Kolesa.ruのNikita Chuiko氏がこの新型ランサーを作成するに至りました。

今日もグランドランサーとして名前は残っていますが、Chuiko氏は新たなプラットフォームを用いてこのレンダリング画像を作成しました。この場合、ランサーはエクリプスクロスのようなクロスオーバーではなくよりセダンの形をしていますが、クロスオーバーのファンにもアピールできるファストバックな見た目をしています。フロントは三菱のデザイン言語であるダイナミックシールドに基づき、クロームのグリルに薄いヘッドライト、大型の角ばったドライビングライトを取り入れています。連続したテールライトとツートンの「フローティングルーフ」は現代的であり、上品ですらあります。

理想的には、このレンダリング画像はルノーメガーヌから借りた新たな基盤につながるでしょう。最近のエボに関する噂ではそれが提案されており、もしそれがあり得るなら、三菱は日産ルノーアライアンスに大きく身を委ねることになります。次世代のランサーエボリューションはアライアンスによって開発されたCMF-C/D F4シャシーに、新型メガーヌのパワートレインを使うと伝えられています。現行メガーヌRSは295馬力ですが、新型はハイブリッドにより341馬力を発揮します。4WDのエボであればより面白い車となるはずです。

残念ながら現時点では、噂とこのレンダリング画像しか存在していませんが、少なくとも微かな希望の光は見えています。

出典:https://www.motor1.com

・・・所管・・・・・・・・・・・・・・・

ランサーエボリューションは「エボX」として2015年に1000台限定で「ファイナルエディション」が発売されその幕を閉じています。しかし2017年6月に開催された三菱自動車株主総会で益子社長(当時)が「ランエボの再開発に挑戦したい。」と発言したように、意外と復活もあるのかもといった印象。

ランサーから独立した「エボ11」であれば、ベースとなるランサーは系統的に必要ないかとも思いますが、仮にこうしたセダンを作るのであれば、グレードに幅を持たして様々な年代層に対応させて欲しいところです。

エボ復活と言うとその血統を重要視しがちですが、ランサー復活であれば、プラットフォームの共有化も割と受け入れられるのではないでしょうか。

<関連記事>

【三菱】ランエボ アライアンスを活用して復活か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2017】12月度新車販売台数分析 SUV市場に新たな動き!

12月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※輸入車、軽自動車は含まれません。 順位 車種名 メーカー …

【ホンダ】小型EV 2019年発表か。発売はヨーロッパから

ホンダは、2019年3月7日(木) から 2019年3月17日(日)まで開催予定の「ジュネーブモーターショー2019」に向けて、都市型EVのプロトタイプを公開しました。 このレトロなデザインのEVは、 …

【2017】東京モーターショー開催時期について

目次1 第45回東京モーターショー20171.1 テーマ1.2 プレビューデーについて 第45回東京モーターショー2017 東京ビッグサイトにて2017年10月27日に開幕 一般社団法人 日本自動車工 …

【スバル】新たな不正発覚!販売台数35%減少!

スバルの完成検査不正で、新たに対象車が増加しました。企業イメージの悪化は免れません。 目次1 吉永社長が代表権返上2 排ガス・燃費測定 その方法とは?3 スバルの販売台数 35%減少 吉永社長が代表権 …

【新型】ジムニー:画像がリーク!原点回帰はスズキの作戦か?

スズキジムニーのフルモデルチェンジが迫っています。現行ジムニーは1998年の発売で、およそ20年ぶりの新型となります。その新型ジムニーですが、多くの画像からその中身が明らかになってきました。 さっそく …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク