クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ トヨタ ホンダ 三菱 情報 日産 自動車

【国内】ミニバン 最低地上高ランキング 2022

投稿日:2022年10月8日 更新日:

Pocket

ファミリーのお出かけに最適なミニバン。

家族みんなで様々な所へ行きたいものですが、パワーはもとより地面とのクリアランスが十分にないと物理的に走行できません。またゲリラ豪雨といった突発的な自然災害においてもこの最低地上高が重要な役割を担います。

2022年現在販売されているミニバンで最低地上高の高さを比較してみました。

目次

エントリー車種

2022年現在販売されている現行のミニバンを対象とします。※メーカーHPでミニバンカテゴリーとされているもの。

※新型セレナは反映していません 2022.12.17

・トヨタ:アルファード/ヴェルファイア、ノア/ヴォクシー、シエンタ、グランエース、ハイエースワゴン

・日産:セレナ、エルグランド

・三菱:デリカD5

・ホンダ:ステップワゴン、フリード

・スズキ:ランディ

それぞれの駆動方式やパワートレインごとに一覧にしてみました。また最も最低地上高の確保された「トップ」と、その逆である「ワースト」をリストアップしています。

トヨタ

トップ:185mm
ワースト:125mm

トヨタにおいてはハイエースワゴンが最も最低地上高の高いミニバンとなります。

2WDと4WDがある場合、機構の関係から4WDの方が最低地上高が劣る場合が多いです。その例にもれず、FRのハイエースがトップとなりました。アウトドアシーンでも見かけることの多いハイエースですが、しっかりとクリアランスが確保されていると分かります。

日産

トップ:160mm
ワースト:140mm

セレナにおいてはe-powerと4WDではいまひとつですが、ハイブリッドのFFではある程度クリアランスが確保されています。同セグメントであるトヨタ・ノア/ヴォクシーが125mmなのに比べて十分なポテンシャルを秘めているといえます。

ホンダ

トップ:150mm
ワースト:135mm

ステップワゴンの最低地上高設定は非常に特殊で、基本的に4WDの方が高くなっていますが、PREMIUM LINEのグレードではFFでも4WD同様のクリアランスとなっています。この辺りは購入検討時には注意したいですね。

三菱

トップ:185mm

三菱はミニバンがデリカのみとなります。ミニバンとSUVを融合した唯一無二のコンセプトに恥じない十分なクリアランスが確保されています。あわせてトルクフルなディーゼルエンジンに4WDを組み合わせており、アウトドアシーンにうってつけのパッケージだといえます。一定の人気を維持できる理由が分かります。

スズキ

トップ:140mm
ワースト:125mm

2022年7月より販売を開始した4代目では、これまでの日産・セレナのOEMからトヨタ・ノアに変更となりました。よって基本的にはノア/ヴォクシーと同じ数値となっています。最低地上高としてはセレナの方が優れていますから、これはマイナスポイントといえます。

まとめ

ランキング形式にまとめると以下のようになりました。

国内のミニバンで最も最低地上高が高いのは三菱・デリカ(4WD)トヨタ・ハイエースワゴン(FR)の185mmという結果になりました。なかでもデリカはディーゼルエンジンの4WDということもあり、最もオフロードに適したミニバンであるといえます。

最も最低地上高が低いのはトヨタ・ヴォクシー/ノア、そのOEMであるスズキ・ランディの4WD仕様で125mmとなりました。これは拳2つと入らないほどに低いもので、4WDではありますが悪路での使用は想定されていないと分かります。

割合としては140mm~150mmが全体の53%を占めています。

車内の広さや使い勝手も重要ですが、どういった使い方をするかによっては最低地上高も重要なポイントになります。是非考慮に入れてみてください。

<関連記事>

【国内】ミニバン 最小回転半径ランキング 2022

【国内】ミニバン スライドレール隠し度ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, トヨタ, ホンダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【個人的】自動車保険CMに登場の車を分析!Part2

自動車保険会社のCMを見ていると、現実には存在しない車がたびたび登場します。 CMにメーカーのロゴ等を入れるわけにはいかないためCGによる合成加工が行われていますが、現物とどこがどう違っているのでしょ …

【ニュース】曙ブレーキが経営不振

大手自動車部品メーカーの曙ブレーキが事業再生ADR手続きを申請しました。 北米での業績不振が経営に影響を与えたようですが、今後の活動への影響が注目されます。 目次 曙ブレーキ、事業再生ADR手続を申請 …

【個人的】あったら絶対売れる車!

こういう車を出してほしいと言う要望は、それぞれの自動車メーカーに対してあるかと思います。 しかし世の中のニーズにマッチしていなければ、その可能性は低いのも仕方ありません。そのようななか、私が個人的に今 …

【日産】クラッシュテストで最低評価の0星

日産が南アフリカ市場に展開している「NP300 Hardbody」と言われるピックアップトラックが、クラッシュテストにおいて最低評価の0星となったようです。 “ハードボディ”の …

【スズキ】新型ジムニー 発表は7月5日!

新型ジムニー(JB64)の発表は7/5と言われています。そんな中数多くの画像が流出し、既にそのスタイルに注目が集まっています。 そうした画像を取り上げた動画をまとめてご紹介します。 画像が多数リーク …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スポンサーリンク