クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

トヨタ 動画 情報 自動車

【映像】セリカが消えた日

投稿日:

Pocket

2006年8月16日にテレビ朝日 スーパーモーニングで放送された「日本から消えたニッポン」として、トヨタ セリカが生産終了になったことをまとめたコーナーをご紹介します。

時代とともにその役目を終えたセリカの軌跡をご覧ください。

映像


▶【celica】トヨタセリカ生産終了@テレビ朝日(徳大寺有恒氏) – precious

1970年に誕生し、一躍若者の的となった車です。しかし36年7代の歴史に終止符を打ち生産中止になりました。

初代キャッチフレーズは「恋はセリカでー」。

それまでの国産車にはなかった流線型のデザインは、当時の若者を大きく揺さぶりました。

市場の縮小による販売台数の激減やドライバーの意識の変化によるニーズの違いにより、スペシャリティーカーとしての役目を終えたのです。

しかし・・・

セリカ復活か?

ここへきてかつてトヨタが販売していた、2ドアスポーツクーペ「セリカ」と「MR-2」の復活が現実味を帯びています。

トヨタのチーフエンジニア・甲斐氏が米「Road & Track」誌のインタビューで「スープラを復活させたので、次はセリカとMR-2だ」と語ったようなのです。トヨタは2017年に「セリカ」の商標登録を完了しているほか、以前にはこの3台を「ザ・スリー・ブラザース」と呼んでおり、かなり実現の可能性が高いと思われます。

出典:https://clicccar.com/2018/10/23/642780/

また新型「セリカ」は、1986年の「GT-Four」のように4WDを想定しているとも語っています。さらに「86」がスバルとのパートナーシップから誕生したように、販売価格を抑える専用のパフォーマンスカーを生産するために、プラットフォームをはじめ多くのコンポーネントを共有するモデルが必要といいます。

一部メディアでは、日本販売の可能性のあるトヨタ86の海外版「GT86」の後継モデルが「セリカ(Celica)」となるとの見方もあるようです。

考えてみればトヨタ86は、2ドアスポーツクーペという実用性の低い車でありながら、若者から大人まで幅広い層に支持されています。トヨタの豊田章男社長も若者向けのスポーツカー販売に力を入れることを公言しており、復活は至極現実的といえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-トヨタ, 動画, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【BMW】排ガス不正発覚か ディーゼルの限界?

驚きのニュースが飛び込んできました。 BMWが排ガスのデータをよく見せるため不正なソフトウェアを使用していたというのです! 目次1 不正なソフトウェアを搭載2 フォルクスワーゲンの動向2.1 結局どう …

【海外】インフィニティ 新型SUV「QX55」生産の遅れ

日産の高級ブランド「インフィニティ」。 このところ大きく販売台数が減少しているようですが、頼みの新型SUVの生産が大幅に遅れているようです。 インフィニティQX55 生産に遅れ (和約) インフィニテ …

テールゲーター、ブレーキチェッカーとは?

皆さんは車を運転中、煽られたことはありますか? 後ろにぴったりとくっついて、「早く行け」と言わんばかりに嫌がらせをしてくるやつらのことです。よく幹線道路を走っていると猛スピードで迫ってくる車をよく見ま …

【ランドローバー】新型ディフェンダー ニュルブルクリンクでテスト中!

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 カモフラージュされたテスト車両も公開されていま …

【珍】「The・中途半端」 さっぱり売れなかった”日産ルネッサ”とは

日産自動車といえば、昨今はゴーンショックのニュースが絶え間ないものの、昔から数々の名車を世に送り出してきた日本の大手自動車メーカーです。 しかしその歴史において、名車はおろか迷車にすらなりきれずに人々 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク