クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車 豆知識

【豆知識】あなたは”ライサー”になってませんか?

投稿日:

Pocket

自動車関係で人物を意味する用語としては、”レーサー”が一般的かと思います。

競技用車両の操縦をコンマ何秒の世界で繰り広げるレーサーには、決して誰でもなれるものではありません。しかし気付かぬうちに誰しも”ライサー”になっている可能性はあります。

ライサーとは

ライサー(ricer)とは、自動車をより速くて高性能な車に“見せるため”に行う改造のことで、そうした改造を行う人のことを指す隠語です。米国ではおもに軽蔑的な意味で使われています。

もともと1960年代の日本製のバイクに対して使われていましたが、現在では一般的に米を主食とする東アジア製の手軽な輸入車に対して使われるようになりました。エクステリアを過剰にドレスアップするなどの改造を施すことをライスアウト(rice out)ともいいます。

逆にエンジンに手を加えてパワーを上げ車体を強化するなど、基本となる車両に対して性能を向上させること、それを行う人のことをチューナー(tuner)と言い、多くの場合ライサーの対義語として用いられます。

“RICE”は“Race Inspired Cosmetic Enhancement”(レースに触発された表面上の強化)の頭文字を取ったバクロニム(意味を後付けした造語)としても認識されています。

何をしたらライサーになる?

とはいっても、ライサーに明確な定義はありませんが、一般的には以下の項目のうち一つ以上を満たしている車や人のことを指します。(参照:Wikipedia

①必要以上に大径のホイールを装着している

②動力性能の向上にはほとんど繋がらない大径のマフラーを装着している

③車体後部に大きなスポイラー(GTウィング)を装着している

④クリアタイプのテールレンズを装着している

⑤多数のネオン管やLEDによる照明を車内外に装着している

これらに限らず、自分の車を「パフォーマンスのことは考えず、より早く高性能な車に見せる」ようなことをすれば、あたなも立派なライサーです。

純正ライサー

「最初からそういう車だったら?」そう思った方もいるはず。

メーカーのオプションでも一般的な、いわゆる「エアロ」は動力性能に全く関係なく、ただただスポーティに見せているわけですから、完全なライスです。

とりわけ、動力性能を追求したわけでもない車が多く当てはまります。

トヨタ 86GT エアロパッケージ

トヨタ TRDアルファード

日産ノートNISMO

スバル インプレッサWRX StI S201

多少意味のあるエアロパーツでも、必要以上にけばけばしさがあればライサーとみなされても文句は言えないのです。

ライサーにならないためには?

では、どうすればライサーにならずにすむのでしょう。その答えはそのパーツや機能に「意味がある」かどうかで決まります。

エアロパーツも車の性能に大きく貢献するならばいいですが、ただの飾りではない方がましです。その中でも特にスポーツモデルに多いのが、メッシュ状のエアインテークと見せかけて実はただのプラスチックだったりただの飾りだというものです。

しかしメーカーが最初から行っているものは仕方ないとして、それ以上余計なことはしないこと、もしくは「エアロ仕様」自体を避けることが望ましいでしょう。

もちろんどのような車に乗ろうが個人の勝手ですが、ライサーという言葉だけでも覚えておけば、周りから見てもよりよいカーライフがおくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車, 豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スバル】レガシィ国内生産終了!販売も終了か?!

スバルを代表するセダン「レガシィB4」が、国内での生産を終了するようです。しかも国内販売を継続するかは”検討中”とのこと。 レガシィ消滅の可能性がでてきています。 目次1 セダ …

【豆知識】「R」にしたら音が鳴るのは日本だけ?

オートマチック車でバックするためにギアを「R」にすると、音が鳴りますよね。でも実はこの音、日本車特有のものなのです。 目次1 日本でも装着義務はない2 なぜ付いている?3 動画で紹介も 日本でも装着義 …

【ルノー】ゴーン会長解任か?ルノー労働組合が要求

日産・三菱での会長職が解任された後もなお、ルノー会長の職にとどまり続けているカルロス・ゴーン氏ですが、ルノーの労働組合からは会長を辞すべきとの声が上がっているようです。 ルノー労組 ゴーン被告の会長職 …

【2019】個人的に嫌いな車のデザインポイント10選

車のデザインを見たとき、「ココがいい!」というデザインのポイントがあるかと思いますが、逆に「ココがいや!」というポイントもあるのではないでしょうか。 以前、個人的に選ぶ自動車の嫌いなデザイン要素をトッ …

【国内】初代プリウスが登場した1997年。その他メーカーのイチオシは?

今では当たり前となったハイブリッドカーのパイオニア的存在かつ代名詞とも言える「トヨタ プリウス」。 そんなプリウスが初めて登場したのは1997年。当時の東京モーターショーにも出展され、当時としては驚異 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク