クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 日産 自動車

【国内】日産マーチVS三菱ミラージュ どちらが”マシ”?

投稿日:

Pocket

最近は新興国向けに開発された車をテコ入れし、日本に持ち込むケースが多くあります。新興国の海外工場での組み立てに抵抗があるのか、たいていの場合国内では失敗しています。その代表とも入れるのが日産自動車の「マーチ」、三菱自動車の「ミラージュ」でしょう。

先代までしっかりとしたポリシーがあったものの、今ではすっかり変わり果ててしまった現行2車種を比べてみます。

バックグラウンド

この2車種はどちらもAセグメントに該当するコンパクトカーです。

日産マーチ

初代は1982年、現行モデルは2010年7月の発売。生産はタイ・中国・インドメキシコ・ブラジル・台湾の各工場での生産となる。2013年6月マイナーチェンジにより現在のデザインに至る。

三菱ミラージュ

初代は1978年、現行モデルは2012年8月の発売。世界戦略車のコンパクトカーとして10年ぶりに復活。タイの現地法人「Mitsubishi Motors Thailand」にて、日本を含む全世界向けの全量が生産されています。2015年12月マイナーチェンジにより現在のデザインに至る。

外観

まずは外観から比較してみます。

マーチ

【カラーバリエーション:11色】

ミラージュ

【カラーバリエーション:8色】

マーチが「カワイイ系」とすれば、ミラージュは「カッコイイ系」といったところ。デザインはマイナーチェンジにより高級感が増したミラージュに軍配が上がります。

しかしカラーバリエーションが豊富なマーチも個性を出すうえではポイントとなります。

内装

マーチ

【シート柄バリエーション:4種】

ミラージュ

【シート柄バリエーション:2種】

マーチは全体的に丸みを帯びたような印象を受けます。一方でミラージュはシャープな印象。それぞれ外観デザインと共通のキャラクターを感じさせます。

スペック

サイズ

マーチ ミラージュ
FF 4WD FF
全長(mm) 3,825 3,825 3,795
全幅(mm) 1,665 1,665 1,665
全高(mm) 1,515 1,525 1,505

サイズはほぼ同等。最小回転半径はマーチ「4.5m」、ミラージュ「4.6m」となっています。

エンジン

  マーチ ミラージュ
弁機構・気筒数 DOHC水冷直列3気筒 DOHC 12バルブ 3気筒
総排気量(L) 1.198 1.192
最高出力[ネット](kW[PS]/rpm) 58[79]/6000 57[78]/6000
最高トルク[ネット](N・m[kgf・m]/rpm) 106[10.8]/4400 100[10.2]/4000
燃料タンク容量(L) 41 35

燃費

燃費 マーチ ミラージュ
JC08モード 燃料消費率

[国土交通省審査値]

23.0km/L

(最高値グレード)

28.3km/L

どちらも1.2リットルのエンジンを搭載していますが、燃費には大きな差があります。燃料タンクを一杯にした場合の航続距離は、単純計算でマーチ「943km」、ミラージュ「991km」となります。

安全装備

最近の自動車には当たり前の先進安全装備を比べてみましょう。

マーチ

なし!

いわゆる自動ブレーキや誤発進抑制機構は非装備となります。

 

ミラージュ

ミラージュはセーフティ・サポートカーS ベーシック(サポカーS ベーシック)に該当しており、以下が標準装備となっています。

・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム [ FCM – City ]

低速走行時、前方車両との衝突の危険がある時は、警報で注意喚起するとともに、ブレーキ制御を自動的に作動させて衝突回避、または衝突被害を軽減します。

・誤発進抑制機能(前進時)

前方に障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによりアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合は、警報とともにエンジン出力を抑制。発進をゆるやかにし、衝突被害を軽減します。

価格

マーチ(ボレロ、NISMO除く)

グレード 駆動方式 メーカー希望小売価格(消費税込)
FF \1,151,280
S プラムインテリア FF \1,287,360
X Vセレクション FF \1,375,920
X Vセレクション パーソナライゼーション FF \1,408,320
X FOUR Vセレクション 4WD \1,550,880
X FOUR Vセレクション パーソナライゼーション 4WD \1,583,280
G FF \1,557,360
G パーソナライゼーション FF \1,589,760
G FOUR 4WD \1,721,520
G FOUR パーソナライゼーション 4WD \1,753,920

ミラージュ

グレード 駆動方式 メーカー希望小売価格(消費税込)
G FF \1,487,160
M FF \1,382,400

最低価格はマーチの1,151,280円ですが、どちらも軽自動車以下の水準で手に入ります。マーチには4WD(モーターアシスト方式)が用意されており、ラインナップには大きな差があります。これだけ用意できるのは、やはり企業規模の差といったところでしょうか。

結論

ミラージュの方がマシ。

安全装備もなく燃費も悪いマーチがカラーバリエーション、グレード豊富でも何一つ魅力的ではありません。プロパイロットなどで自動運転をアピールする日産であるにも関わらず、マーチにおいては完全に時代遅れとなっています。

一方で必要最低限を十分に満たしたミラージュは、ある種ミニマリスト的な車と言えます。企業体力的にポンポンとグレードを追加できないのも事実でしょうが、ちゃんとした車を作っている印象を受けます。

もちろん個人の意見ですが、皆さんはこの2台ではどちらを選びますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コンフォートか? JPNタクシーとは?

  目次1 タクシーといえば2 次世代タクシー3 パワートレーンも一新4 Toyota Safety Sense C を装備5 価格は?6 今後の日本のタクシーについて タクシーといえば 日 …

【ランドローバー】新型ディフェンダーは中国仕様あり?

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 ケニアで本格的なミッションにチャレンジしている …

新型アクア デザインはどう変わった?デザイン比較

トヨタの人気コンパクトカーの「アクア」は2011年に発売されました。低価格・低燃費のため大人気となり、今や街中で見かけない日は無いと言っても過言ではありません。 そんなアクアですが、2017年6月にマ …

ガソリン車がなくなる?!世界中で車は電化の流れ

目次1 フランスは2040年までに2 ボルボの目標3 フランスの動向について4 ドイツの動向5 トヨタも6 電気自動車の問題点7 個人的まとめ フランスは2040年までに 化石燃料で走る自動車を根絶し …

【トヨタ】オーストラリアでハイブリッドの販売台数10万台突破

自動車メーカーの不祥事が相次ぐ国内において、抜群の信頼性をもつトヨタですが、販売が好調なオーストラリアにおいて、ハイブリッドカーの累計販売台数が10万台を突破しました。 足掛け20年 (和訳) トヨタ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク