クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 自動車

【三菱】4車種リコール ECUとは?

投稿日:

Pocket

スバル レガシィのリコールが大題的なので陰に隠れていますが、三菱自動車でもリコールが発生しています。詳しく見てみましょう。

4車種2万台

三菱自動車は9月13日、『アウトランダーPHEV』『アウトランダー』『エクリプスクロス』『RVR』のブレーキシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)および改善対策を届け出た。

リコール対象となったのは、ブレーキハイドロリックユニット。ECUの制御プログラムが不適切なため、ハイドロリックユニットのポンプモーターの制御切り替え時に電気的ノイズが発生し、ECUの制御が中断されることがある。

そのため、横滑り防止システム(ASC)やABSの機能が一時中断し、その間の車両安定性が損なわれるおそれがある。また、オートクルーズコントロール「ACC」、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」、停車後ブレーキペダルを離してもブレーキ力を保持して車両停止状態を保つ「BAH」、坂道発進の際に車両のずり下がりを抑制する「HSA」、車両運動統合制御システム「S-AWC」の機能が付いた車は、作動中に機能が停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、ブレーキハイドロリックユニットのECUの制御プログラムを対策仕様に書き替える。不具合は15件発生、事故は起きていない。対象車両は2017年2月7日~2018年4月11日に製造された1万8309台。

また改善対策の対象となったのは、衝突被害軽減ブレーキシステム。コントロールユニットの制御プログラムが不適切なため、前方に衝突可能性がある歩行者を検知した際のブレーキ作動時間が必要以上に長くなることがある。そのため、運転者の不要な制動操作による急制動を誘発するおそれがある。

改善措置として、全車両、衝突被害軽減ブレーキシステムコントロールユニットの制御プログラムを対策仕様に書き替える。不具合は83件発生、軽傷事故が1件起きている。対象車両は2017年2月7日~2018年6月21日に製造された2万1146台。

いずれも市場からの情報により届け出た。

出典:https://response.jp

出典元へ➔

2018年8月発売の新型アウトランダーPHEVは対象外とのことですが、3月に発売したばかりのエクリプスクロスも対象となっています。

ECUとは

エンジンコントロールユニット(engine control unit、ECU)の略で、エンジンの運転制御を電気的な補助装置を用いて行う際に、それらを総合的に制御するマイクロコントローラ(マイコン)のことをいいます。

エンジンの運転制御といっても、電気的要素を持つ物は、ほとんどがこのコントロールユニットによって制御されています。エンジンをはじめとする様々な機能・装置において、電子制御によるクルマの性能向上が図られるようになっています。エアバッグ、ATやCVTなどのトランスミッション、車線維持システム、車間距離制御システムなど、実に様々な分野に及びます。

主に下記のようなECUが自動車には搭載されています。
(出典:デンソー

・ハイブリッド制御ECU

エンジンとモーターというハイブリッド車が搭載する2つの動力源について、いかに交通整理を適切に行って高効率な運転を実現するかを担います。

・ゲートウェイECU

複数の車載通信ネットワークを繋いで通信ネットワーク間でのECU信号のやりとりを中継する通信基地局の役割を担います。

・ガス燃料用エンジン制御ECU

ガソリンエンジン用をベースに、LPG(プロパンガス)やCNG(天然ガス)を燃料として使用し、燃料噴射量や点火時期を最適に制御します。

・ストップ&スタート制御ECU

ドライバーの車両発進/停止操作を検出し、エンジン停止/再始動を自動で制御します。

・トランスミッション制御ECU

複数のギア比を必要に応じて切り替え、エンジンの回転と出力(トルク)を駆動輪に伝えるメカ機構。そのギア選択を車両の状況に応じて最適に切り替える制御をします。

・エアバッグ制御ECU

クルマの衝突時に衝撃レベルを判断し、エアバッグの展開及びシートベルトの動きを制御します。

・パワーステアリング制御ECU

ドライバーのハンドル操舵を補助し、少ない力でハンドルが動かせるよう制御します。

・充電制御ECU

電動車両のバッテリー充電に必要なシステム。多種多様な充電方式をサポートし、充電機器から電動車両への充電を制御します。

・エンジン制御ECU

エンジンが必要とする燃料噴射量や点火時期を最適に制御します。

 

今回のリコールはブレーキハイドロリックユニットのECUのが対象のため、ブレーキに関わるシステムである横滑り防止システム(ASC)、ABS、オートクルーズコントロール「ACC」、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」、停車後ブレーキペダルを離してもブレーキ力を保持して車両停止状態を保つ「BAH」や、坂道発進の際に車両のずり下がりを抑制する「HSA」、車両運動統合制御システム「S-AWC」の機能などに影響が出てしまいます。

電子制御が当たり前の時代ですから、こういったリコールはある種仕方ないのかもしれません。しかし一歩間違えばドライバーの意志と違った動きをしてしまい、かえって危険にさらされる可能性もあります。完全自動運転などが実用化される時、センサーの不具合で道を逸れ、崖下に転落したなどというのはシャレになりません。先進装備が充実する一方で、ドライバーの責任が薄れていくようで怖いのも事実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ホンダ】N-VANの新画像を検証 N-BOXの商用版なかれ?

ホンダN-VANについて新たな可能性が浮上しています。それによると単なるN-BOXの商用モデルではなく、ボディにも大きな変化が加えられるようです。 さらにはバモスの存続について、個人的予想をしてみたい …

【2018】9月度新車販売台数分析

2018年9月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 目次1 乗用車ブランド通称名別順位1.1 メーカー …

【ロシア車】安全装備はあるのか?最新ロシア車を調査

日本で発売されている自動車には多くの安全装備が搭載されています。 エアーバッグはもちろんのこと、自動ブレーキや操舵補助など、カメラとセンサーを使った先進技術がほとんどのモデルに採用されています。 では …

【比較】新型ジムニー VS ロシア製4×4

新型ジムニー/ジムニーシエラは、新型にもかかわらずその機能美を重視したデザインによるキープコンセプトが受け大人気となっています。 そんな小型オフローダーとしての地位を独占しているジムニーですが、隣国ロ …

新型アクアクロスオーバー 違いは何?

トヨタアクアは2017年6月にマイナーチェンジされました。その際新たに「アクアクロスオーバー」というオフロードタイプのアクアが加わりました。本記事ではアクアクロスオーバーが普通のアクアとどう違うのか、 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク