クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【新車】リトラクタブルライトが復活!? 謎のスーパーカー現る

投稿日:

Pocket

ランボルギーニ ウラカンをベースに製作された「プロジェクト パンサー コンセプト」のテスト画像が公開されました。

かつての名車デトマソ パンテーラを現代風にしたような見た目に加え、何といってもリトラクタブルヘッドライトが新車として市場にでるのは、衝撃的なことです。

リトラクタブルヘッドライト – 641馬力のV10

ここ数十年で初めてとなる、リトラクタブルヘッドライトを搭載したスーパーカーについてのより詳細な情報が明らかになっています。

Ares Pantherは、ランボルギーニウラカンをベースに製作されているものの、見た目はデトマソパンテーラにインスピレーションをうけています。それゆえのリトラクタブルヘッドライト。この車はAresによる「Legends Reborn(伝説の再誕)計画」にて再設計されたスーパーカーのシリーズ第1弾となり、 21台の限定生産となります。

ミッドシップのV10エンジンは5.2Lから5.6Lに強化され、少なくとも641馬力に達します。「最終テストが終われば、もっといくこともできる」と会社は語っています。

AresがPantherにどれほど積極的に参加しているかのサインとして、スロットルレスポンスは標準のウラカンより速く、7スピードのツインクラッチギアボックスはよりシャープなシフトを実現します。

Aresのデザインテクニカルディレクター マッテオ 氏は

「この車はAresデザインの能力を示すショーケースとなります。最初の意図の表明から挫折に至るまで、人々はこのプロジェクトに魅了されました。私は完全にその理由を理解しています。ARES Pantherの最も重要な特徴の1つは、その声です。」

「自然吸気のV10エンジンから生成された音は、まさに轟音以外の何物でもありません。 スーパースポーティーで人を振り向かせるような、チームはすばらしい音と、美しい車を作る素晴らしい仕事をしました。」

これらのニュースはこの車が生産段階に入っていることを意味します。価格は€515,000(約6,500万円)から始まりますが、オプションや特注の変更によりすぐに上昇します。ちなみにウラカンはその約1/4の価格から購入できます。

顧客が要求するカスタムの度合い次第ですが、製作にはおよそ24週間かかります。設計から製作まで全てが1600平方メートルを誇る最新施設内で実施されます。

出展:www.carthrottle.com

出展元へ➔

特注とはいえ、リトラクタブルヘッドライトが採用されるのはとても魅力的ですね。現在では対人衝突安全性などを考慮して採用されない傾向にありますが、車を一つの作品と見たとき、リトラクタブルヘッドライトが一番しっくりくる場合は、是非採用していって欲しいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100年で車はどう進化した?映像で見る交通事情の変化

自動車の歴史は古く、ざっと100年を超えます。 時代に応じて常に進化を続ける自動車ですが、その形跡をたどった面白い動画をご紹介いたします。 目次1 どの時代がお好み?2 海外のコメント3 おまけ どの …

【日産】GTR-50が50台限定生産へ!1億円超えか

日産のGT-Rバッジ生誕50周年を記念して、日産とイタルデザインのコラボにより実現した新たなGT-R「GT-R50」が、何と50台の限定生産になる模様です。間違いなくお高いでしょう。 GT-R50が限 …

no image

ロシア車に乗りたい!

ロシア車に乗ることは可能? ロシアにももちろん自動車会社が数多く存在し、多数の自動車を製造販売しています。ではそれらを日本で購入、運転することは可能なのでしょうか。

【2017東京モーターショー】行ってきた!

第45回東京モーターショーが10月27日より開催されております。 私クースキーももちろん行きましたよ。今年はやはり電気自動車の出展が多く感じましたね。「e-power」、「GTE」、「e-tron」、 …

【2017】12月度新車販売台数分析 SUV市場に新たな動き!

12月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※輸入車、軽自動車は含まれません。 順位 車種名 メーカー …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク