クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 自動車

【三菱】新型デリカ テストの写真が明らかに!マイナーチェンジか

投稿日:

Pocket

三菱の話題が続きますが、新型デリカに関する情報が出てきました。

スパイショットが公開されており、カモフラージュされてはいますがその姿が見て取れます。オフロードミニバンとして唯一の存在感を持つデリカですが、その新型は一体どういったものになるのでしょうか。

スパイショット

motor1というカーメディアがそのスパイショットに成功しています。以下記事の内容を翻訳したものになります。

 

文字通り、私たちは毎日のように様々なメーカーの新モデルのスパイショットを数多く発行しています。寒冷地でのテストの様子を抑えるのは簡単ではありません。なのでこのプロトタイプの写真を最初にお届けできることを非常にうれしく思います。

これらの写真がメルセデスベンツの新型スプリンターや他のヨーロッパ製小型商用車と思っているならそれは違います。これは三菱デリカ、大ブームのSUVやクロスオーバーセクターへの日本メーカーの代替品です。

どのバンも到達できないような場所に8人の人を乗せて届けることができる唯一の方法だと考えてください。4輪駆動で頑丈な外観をしており、ただのMPVやバス以上のものなのです。

これらのスパイショットは、市場によっては以前はL300やL400として知られていた次世代デリカが、去年夏に公開されたデリカコンセプトとエクスパンダーに大きくインスパイアされていることを明らかにしています。それによると、2つまたは3つの連続したライトを持つフロントエンドデザインになると予想できます。

デリカコンセプト

エクスパンダー

 

私たちは既に新型デリカが後輪駆動としては提供されず、三菱が独占的に装備しているS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)システムが搭載されることを聞き出しました。パワートレインは170馬力(127kW)、290ポンドフィート(392N・m)を誇る2.2Lディーゼルエンジンとなりますが、エクスパンダーが搭載する105馬力(77kW)1.5Lガソリンエンジンも可能性としてはあります。トランスミッションに関する情報はまだ公開されていません。

現行デリカは2007年に登場し、日本の三菱自動車岡崎製作所(名古屋)で組み立てられています。

https://www.motor1.com/
出展:www.motor1.com

感想

現時点では見た目に関してどうこう言えませんが、近年の三菱が採用する、力強いパフォーマンスとプロテクションの安心感を表現したダイナミックシールドになることは確実と言えそうです。ただ現行型の直線基調なデザインの中にこのダイナミックシールドが馴染むかどうかが気になります。

デリカと言えばオフロードも対応できる唯一のミニバンとして人気を博していますが、このコンセプトはやはり継承となります。たとえ他社のミニバンに比べ販売台数が振るわないとしても、この路線はゆるぎないものにしてほしいですね。

どうせなら装備を簡素化したバン仕様も復活してほしいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型日産リーフ「eペダル」とは一体何?

日産自動車は7月20日、9月に初公開予定の新型『リーフ』に、「eペダル」を採用すると発表しました。 出展:nissan.jp 目次1 eペダルとは?1.1 具体的には?2 プロパイロットパーキング2. …

【2017】10月度軽自動車販売台数分析

10月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※通称名については同一車名のものを合算して集計してい …

【海外】フォルクスワーゲンのロゴ、変わる。

2019年9月に開催予定のフランクフルトモーターショーは、フォルクスワーゲンにとって特別なものとなります。 あの有名な「VW」ロゴがアップデートされるというのです。 世界中の7万個以上のロゴを変更 ( …

【ランク】「最高」な高級車トップ10

高級車と一言にいってもその数は多く、近年は「プレミアム」という言葉まで出てきています。ですが本物の高級車はそれぞれに誇るべき伝統と功績を持ち合わせています。つまり「間違いなく高級車である高級車」たちで …

【海外】オーストラリア EVの制限速度を引き上げる

各国が環境対応車の販売を促す中、オーストラリア政府は、EVの制限速度を引き上げると発表しました。電気自動車の販売が伸び悩む中、打開策となるでしょうか。 時速20マイルの余裕 (和訳) オーストラリア政 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク