クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ ダイハツ トヨタ ホンダ 三菱 情報 日産 自動車

【2018】11月度軽自動車販売台数分析

投稿日:

Pocket

2018年11月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

今月のポイント:ジムニー

※通称名については同一車名のものを合算して集計しています

軽自動車販売台数ランキング

11月度

順位 車種名 メーカー 販売台数
1 N-BOX ホンダ 19,485
2 スペーシア スズキ 11,812
3 ムーブ ダイハツ 11,442
4 デイズ 日産 11,420
5 タント ダイハツ 11,102
6 ミラ ダイハツ 9,154
7 ワゴンR スズキ 7,283
8 アルト スズキ 5,883
9 ハスラー スズキ 4,718
10 N-WGN ホンダ 4,116
11 eK 三菱 3,546
12 キャスト ダイハツ 3,343
13 ウェイク ダイハツ 2,131
14 ピクシス トヨタ 2,076
15 ジムニー スズキ 1,861

各社トップセールス

1 ホンダ N-BOX 1位/15位
2 スズキ スペーシア 2位/15位
3 ダイハツ ムーブ 3位/15位
4 日産 デイズ 4位/15位
5 三菱 eK 11位/15位
6 トヨタ ピクシス 14位/15位

今月も先月に引き続きホンダのN-BOXがトップとなりました。

スズキは12月20日、スペーシアをSUVライクにカスタムした派生車「スペーシアギア」を発売しました。N-BOXにはないギア感を付与し、さらなる人気獲得を図ります。

日産デイズ、三菱eKの格差

日産自動車と三菱自動車の合弁企業「NMKV」が製造する車ですが、販売数に大きな差があります。

車種 デイズ eK 大小の比率
1月 14,843 3,466 4.3
2月 14,294 4,544 3.1
3月 16,233 7,128 2.3
4月 7,605 1,942 3.9
5月 8,543 2,613 3.3
6月 10,260 4,248 2.4
7月 11,703  3,970   2.9
8月 9,996 2,744 3.6
9月 15,070 5,023 3.0
10月 11,332 2,871 3.9
11月 11,420 3,546 3.2

eKは燃費偽装のイメージが、デイズは不正検査のイメージがつくことになった不遇な車ですが、基本的に同じ車であってもブランドイメージにより販売台数には差があります。

新型のeK、デイズは2019年度と言われています。次期型の開発を主導するのは日産、生産は三菱が担当となるようです。

三菱としては、eKワゴンをベースにしたクロスオーバーモデルの発売が噂されています。FFベースのオフロードとして、スズキ ハスラーのライバルとなるような車が予想されます。パジェロミニ復活とまではいかないでしょうが、期待したいところです。

【新型】パジェロミニ勝手に予想!発売は2018年秋か?

ジムニー

7月5日に発売を開始した新型「ジムニー」ですが、様々なボディキットが登場しています。

発売より「メルセデスベンツ Gクラス」に似ていると話題で、実際にGクラスのような見た目になれるボディキットが発売されています。ですが今度はランドローバー ディフェンダーになりきれるボディキットが発売されるようです。

【スズキ】ジムニーがランドローバーに!ボディキットが発売予定

ジムニーはスズキが発売する本格的オフロード4WD車。4代目となる新型は20年ぶりのフルモデルチェンジになります。

その注目ぶりも手伝って、今月も1,861台でランクインしています。しばらくジムニーフィーバーが続くものと思われます。

コペン クーペが登場!

東京オートサロン2016でコンセプトカーとして出展した「コペン クーペ」が、3年と言う月日を超えてついに現実となりました。

「コペン セロ」をベースに、リトラクタブルハードトップに代えて固定式ハードトップを装着した2ドアクーペとなります。

特設ウェブサイトにて2019年1月11日から2月11日までの期間限定で応募が可能です。1ヶ月間の猶予がありますが、応募者が200人を超える場合は抽選を実施するようです。

【ダイハツ】コペンクーペが誕生!限定200台!

まとめ

スズキはジムニーのモデルチェンジを皮切りに、SUVに力を入れてきています。発売を開始したスペーシアギアは、オフロード性能は皆無なものの、遊び心を刺激し、アクティブにさせるよう力を入れているのが分かります。

パーツを所々オレンジ色にしただけの三菱アクティブギアシリーズとは大違いです。

また、販売台数を計上している全軽自連は、2018年10月15日~12月31日の期間中、200名にクオカード500円分が当たるキャンペーンを実施しています。是非チェックしてみてください。

【軽自動車】全軽自協のCM クオカードが当たるキャンペーン中!

今後もますます進化する軽自動車から目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【衝撃】高速の看板が直撃!

オーストラリアのとある高速道路で看板が落下する事故がありました。あろうことか運悪く下を走っていたSUVに直撃したのです。 その瞬間の映像が話題になっています。 怖すぎる・・・ ▶Shocking mo …

【いすゞ】2年後に電動トラック発売へ

大手商用車メーカーのいすゞ自動車は、2年後の2020年に電動トラックを発売する計画を明らかにしました。 三菱ふそうトラック・バスが国内メーカーでは初めて市場投入しているなか、商用車にもさらなる電動化が …

【三菱】技能実習で不正発覚 技能実習生制度の問題とは?

三菱自動車が岡崎製作所で受け入れた外国人技能実習生に対し、実習内容とは異なる仕事をさせていたことが明らかになったと、朝日新聞が報じました。 技能実習制度とその問題点について考えてみました。 目次1 本 …

【スズキ】BMW Z4がスズキになったら?意外とアリ?

BMWの新型Z4はそのダイナミックなデザインに目がいきます。 そのダイナミックなフェイスを、スズキのスイフトスポーツにしてしまったら一体どうなるのでしょうか?X-Tomi Designによるレンダリン …

【トヨタ】ハイラックス日本復活!あの問題は解決したのか?

トヨタのハイラックスが2017年9月12日より販売開始となりました。 1997年から2004年まで発売された6代目 (140/150/160/170系)を最後に日本での後継車は販売されておらず、13年 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク