クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

ダイハツ 情報 自動車

【ダイハツ】ハイゼットデッキバンは正真正銘のピックアップ!

投稿日:

Pocket

軽自動車の人気はとどまるところを知らず、各社力を入れて開発に取り組んでいます。特にジムニーやN-VANといった特定の層に向けた「ちょっと特殊」な車が存在感を増しています。

そんな中、特殊性こそ最強なものの、存在感のない軽自動車があります。その名もダイハツ「ハイゼット・デッキバン」です。

ハイゼット デッキバンとは

初代は1988年の登場。7代目ハイゼットバンの荷室部分を切り取り、バックドアを下開きのゲートに変更し、荷室を荷台とした4人乗りの軽トラックです。

初代ハイゼット デッキバン

その後2代目(1994年)、3代目(1999年)とハイゼットのモデルチェンジごとに代を重ね、現行は10代目ハイゼットバンをベースにした4代目(2004年)となります。ちなみに2012年からはスバル サンバー「オープンデッキ」のOEMとして供給されています。

排気量2000cc未満の車種カテゴリーにおいては数少ない新車で購入可能な正真正銘のダブルキャブ・ピックアップなのです。

デザイン

G

L

街中で見かけることはあまりないかと思いますが、相当インパクトがあります。カラーバリエーションは基本ホワイトとブライトシルバーメタリックの2色ですが、オプションである「カラーパック」を注文すればライトローズマイカメタリック(ピンク)、ファインミントメタリック(青緑)、オフビートカーキメタリック(茶色)、パールホワイトⅢ(白)、ブラックマイカメタリック(黒)が選べます。

特徴

何といっても軽バンの荷台が切り落とされたピックアップスタイルです。冷蔵庫のような背の高い荷物はもちろんのこと、濡れモノや汚れモノが気兼ねなく搭載できることが強みです。

ピックアップとはいっても、後部座席があるのでちゃんと4人乗れることも大きなメリットです。後部座席は床下に収納可能なので、室内と室外で積み分けることもできますね。

レジャーでも活躍

価格

グレードは「G」「L」の2種類ですが、それぞれでスマートアシスト3が選択できます。5MTが選択できるのはいいですね。

北海道地区が別価格なのは、寒冷地仕様が含まれるためです。

駆動方式 トランスミッション メーカー希望小売価格 北海道地区メーカー希望小売価格
G “SA Ⅲ” 2WD 4AT 1,468,800円(消費税抜き1,360,000円) 1,482,840円(消費税抜き1,373,000円)
4WD 1,617,840円(消費税抜き1,498,000円) 1,617,840円(消費税抜き1,498,000円)
G 2WD 5MT 1,339,200円(消費税抜き1,240,000円) 1,353,240円(消費税抜き1,253,000円)
4WD 1,488,240円(消費税抜き1,378,000円)★最高額 1,488,240円(消費税抜き1,378,000円)
L “SA Ⅲ” 2WD 4AT 1,468,800円(消費税抜き1,360,000円) 1,482,840円(消費税抜き1,373,000円)
4WD 1,617,840円(消費税抜き1,498,000円) 1,617,840円(消費税抜き1,498,000円)
L 2WD 5MT 1,209,600円(消費税抜き1,120,000円)★最低額 1,223,640円(消費税抜き1,133,000円)
4AT 1,274,400円(消費税抜き1,180,000円) 1,288,440円(消費税抜き1,193,000円)
4WD 5MT 1,344,600円(消費税抜き1,245,000円) 1,358,640円(消費税抜き1,258,000円)
4AT 1,409,400円(消費税抜き1,305,000円) 1,423,440円(消費税抜き1,318,000円)

個人的なオススメはLグレードの4WD、5MTです。

なぜ今も存在する?

魅力満載にもかかわらず、あまり売れているようではないデッキバンですが、なぜ打ち切りにならないのでしょうか?

その理由はおそらく製造方法にあります。実はこのハイゼット デッキバンですが、実際にバンのホワイトボディーを切断し、手作りで生産されています。つまり出来上がったハイゼットバンを「改造」するという感覚ですので、デッキバン専用の投資が最小限で済み、やりくりできているのだと思います。

先述したように、ちょっと特殊な軽自動車がこれからブームになりつつあります。その中で大きく注目される日が来るかもしれませんね。

こちらの写真は2018年オートサロンのダイハツブースに出展された「デッキバン アクティブバーション」です。悪くないですよね?

出典:carview.yahoo.co.jp

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ダイハツ, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ホンダ】小型EV 2019年発表か。発売はヨーロッパから

ホンダは、2019年3月7日(木) から 2019年3月17日(日)まで開催予定の「ジュネーブモーターショー2019」に向けて、都市型EVのプロトタイプを公開しました。 このレトロなデザインのEVは、 …

【ダイハツ】PVが公開 今ダイハツを見つめなおす。

ダイハツ工業は3月30日、同社Webサイトの会社概要ページで7分36秒の会社プロモーションビデオを公開しました。 新たに公開されたこのビデオでは、ダイハツが目指すクルマ造りの基本理念、1907年3月に …

【三菱】技能実習で不正発覚 技能実習生制度の問題とは?

三菱自動車が岡崎製作所で受け入れた外国人技能実習生に対し、実習内容とは異なる仕事をさせていたことが明らかになったと、朝日新聞が報じました。 技能実習制度とその問題点について考えてみました。 目次1 本 …

【国内】OEM車の売り文句は?安全性能を比較したら分かったこと

OEMとは(original equipment manufacturer)の略称で、他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業を意味します。 自動車業界においては、他社製の車を自社のブランドと …

【EV】中国製EVピックアップ これはキュートな1台

電気自動車の波はヘビーデューティーが当たり前のピックアップトラック市場にも進出してきています。 そんな中、とある中国メーカーの1台に注目が集まっています。 都市配送や農地にぴったり (和約) EVのピ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
スポンサーリンク