クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【ランドローバー】新型ディフェンダー?公式スクープ画像!

投稿日:

Pocket

ランドローバーのアイコン的モデルである「ディフェンダー」。2015年に生産を終了してしばらく経ちますが、その後継とも思われるモデルがチラチラと見えてきました。

正式な後継なのか、はたまた別モデルなのか。気になるところです。

新型ディフェンダー 2019年登場か?

(和訳)

最後のランドローバー ディフェンダーが生産を終了してからおよそ3年がたちます。しかし未だにその後継車が姿を見せていません。

メルセデスベンツやジープが、新しくともレトロなアイコン的存在の新型モデルを相次いで世界にお披露目している一方で、ランドローバーは実のところ、ディフェンダーの後継を決め兼ねているように思えます。

最終的にディフェンダーの次期モデルがどのようなモノか明らかになるのは、2019年になることでしょう。ランドローバーUSAが公開したこのティザーイメージには、ひそかにこう書かれています。「2019年まで開けないように」。

この酷い画質のイメージを見る限り、カモフラージュされた車両がトレーラーからおろされているように見えます。これが新しいディフェンダー以外と考えるのは難しいです。

明らかにボクシーなスタイルですが、ディフェンダーの古いモデルには似ても似つきません。ランドローバーにベンツGクラスやジープラングラーのようなプロジェクトを期待するのはやめましょう。

オフロードでの性能はもちろんですが、古いモデルよりもオンロードでの性能を向上させていることが望ましいです。ティザーイメージの下に書かれた「12月27日」から判断するに、我々は今年のうちにもう少し情報を得られるはずです。

出典:https://www.carthrottle.com

出典元へ➔

近年、自動車メーカーでは古くから続くモデルに対し、そのデザインを大きく変えずにキープコンセプトで新型化するのが流行っているようにも思えます。記事にもでたベンツGクラスやジープラングラーに加え、日本ではセンチュリーやジムニーがいい例かと思います。

ゴテゴテしてうねりのあるデザインも現代ならではのものですが、意味もなく着飾るのには皆飽き飽きしてきたと言うところでしょうか。それを証明するように、トヨタは新型プリウスのデザインを大人しくさせました。

流行りは巡り巡ってくるといいますが、その時期が来ていると感じます。自動車メーカーはそれぞれのモデルが一体どんなキャラクターなのかを見つめ直し、原点を忘れないようにしてほしいと思います。

<関連記事>

【新型】ランドローバー ディフェンダー テスト車両が現る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【豆知識】世界初のミニバンは1930年代に存在!?

日本国内における最近の売れ筋と言えば、何と言ってもSUVとミニバンでしょう。特にミニバンは荷物も人もたくさん積める、人気の車種です。 そんなミニバンのご先祖様といえる車をご紹介します。 目次1 ミニバ …

【光岡】ロックスター現る!ベース車、モチーフは?

光岡自動車から、注目の新型車が発表されました。これまでヨーロピアンなデザインが多かった光岡ですが、今回はなんと「アメ車」をモチーフにしたようです。 その名も何と「ロックスター」。まずは50台限定で先行 …

【比較】ホンダ「N-BOX」と「バモス」 どう違う? 新型バモスはあるのか?

ホンダN-BOXはもっとも売れている軽自動車で、最近モデルチェンジが行われさらに販売が伸びてゆくことが予想されます。 今や軽自動車でスライドドアは当たり前の時代。背の高い箱型の軽自動車が主流となってい …

【日産】歴史的快挙!リーフが販売40万台達成

ゴーンショックがまだまだ尾を引く日産ですが、新型軽自動車がお披露目されるなど、新体制でのイメージ向上に力を入れていくことでしょう。 そんな日産自動車が販売する電気自動車「リーフ」が累計販売台数40万台 …

【映像】セリカが消えた日

2006年8月16日にテレビ朝日 スーパーモーニングで放送された「日本から消えたニッポン」として、トヨタ セリカが生産終了になったことをまとめたコーナーをご紹介します。 時代とともにその役目を終えたセ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク