クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV ホンダ 情報 海外 自動車

【ホンダ】小型EV インテリアの一部が公開!

投稿日:

Pocket

ホンダは、2019年3月7日(木) から 2019年3月17日(日)まで開催予定の「ジュネーブモーターショー2019」に向けて、都市型EVのプロトタイプを公開しました。

このたびインテリアの画像が公開されています。ホンダが考える電気自動車の形とはどういったものなのでしょうか。

ホンダ アーバンEV インテリアが公開

(和訳)

ホンダの電気自動車コンセプトである「アーバンEV」は2017年にフランクリンモータショーで初公開されました。生産間近と言われる試作車のスケッチが公開されてから、3月開催のジュネーブモーターショーに先駆けて初めてインテリアのレイアウトが明らかになりました。

陰鬱なキャビンのイメージ画像は画像処理により明るく編集され、アーバンEVのダッシュボードレイアウトが鮮明に映し出されています。最近のモデルとは違い、ダッシュボード上には5つのスクリーンが連なって配置されており、3つのセンターディスプレーにはドライビング、インフォテイメントや充電情報を表示させ、左右2つのディスプレーは従来のドアミラーに取って代わるような、リアビューカメラからの情報を表示させるようです。

棚をイメージさせるようなウッドパネルがスクリーン下に配置され、全体的にミニマリストをテーマにしたように感じます。特徴的な2スポークのハンドルには、ディスプレー中心のレイアウトとは対照的に、エアコン操作用等の物理的なスイッチが設置されています。

試作車のティザーイメージはフロントから見たものだけでしたが、ディスプレー上には車両を横から見たデジタルイメージが表示されています。そこから確認する限り、オリジナルのコンセプトとは違い、この車は5ドアと言うことが分かります。しかしながらこのコンセプトのコントラストによる「浮いているような」ルーフの処理は同じであると言えます。そして充電口はボンネット中央の黒いパネル内であると分かります。

いずれにせよ、ティザースケッチはオリジナルのコンセプトに比べてトーンダウンしたような印象を受けました。丸みを帯びたヘッドライト、左右確認用のカメラ、ボンネットのふくらみはいいとして、コンセプトにあったような角ばったノーズや薄いピラーは、衝突安全性を考慮してか全て厚みのあるものに変わっています。

アーバンEVコンセプト(2017年)

試作車のボディはオリジナルのコンセプトに比べより狭くなっています。乗降口の高さもいくらか上がっています。しかしホンダの公式イメージは、生産モデルがコンセプトでも特徴的であったLEDヘッドライトを備えていると示唆します。

ホンダはバッテリーについて情報を明らかにしていませんが、最新の急速充電技術を備えており、航続距離は控えめに200マイル程度と予想します。

オリジナルの小さくて可愛げのあるコンセプトカーは70年代のシビックを思わせますが、巨大なセンタースクリーンを持つインテリアは、これまでのホンダでは見たことがありません。

2017年のアーバンEVコンセプトはこれからのホンダを現したようなものでした。後ろを青く照らしたようなロゴは、これからEVの世界が進むにつれどのメーカーでも現れてきますが、例えばヘッドライトの間に充電状況や挨拶などのメッセージを表示するディスプレーが挙げられます。

出展:https://www.autoexpress.co.uk

<関連記事>

【ホンダ】小型EV 2019年発表か。発売はヨーロッパから

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, ホンダ, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型トヨタセンチュリー デザインはどうなる?【予想】

目次1 トヨタの最高級車センチュリー2 新型のデザインは?3 新世代プラットフォーム「TNGA」を採用4 Toyota Safety Sense P を装備5 価格は? トヨタの最高級車センチュリー …

【危険】意外と多い 信号機の故障

交差点での交通整理に欠かせない信号機。 守らないのは論外ですが、もし正常に機能していないとしたら、はたして安全に運転することができるでしょうか。 そうした信号機のトラブルを集めてみました。 目次1 光 …

【ホンダ】N-VANが画像が多数公開!N-BOXと比較してみた!

ホンダのN-VAN(エヌバン)のページが更新され、多数の画像が公開となりました。 本記事では2017年8月31日にフルモデルチェンジし、軽自動車販売台数No.1の販売誇る同社N-BOXと比較し、現時点 …

【海外】78歳の男、スーパーカーを買う。

高齢ドライバーの事故が後を絶たない日本ですが、海外にはスーパーカーを買ってしまうような高齢者もいるようです。 一つの場合を見てみましょう。 78歳の男、マクラーレ 720S スパイダーを買う (和約) …

【新型】日産リーフ ドアパネルは流用?フルモデルチェンジでどう変わる

2010年12月に日産自動車より発売を開始した電気自動車のリーフですが、フルモデルチェンジされ2017年9月6日に公開されました。本記事では、デザインを主に何が変わったのかについてお伝えいたします。 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク