クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV ホンダ 情報 海外 自動車

【ホンダ】小型EV 2019年発表か。発売はヨーロッパから

投稿日:

Pocket

ホンダは、2019年3月7日(木) から 2019年3月17日(日)まで開催予定の「ジュネーブモーターショー2019」に向けて、都市型EVのプロトタイプを公開しました。

このレトロなデザインのEVは、今年後半にも生産が予想されます。しかし販売地域は限られてくるようです。

ホンダの電気自動車 まもなく

(和訳)

2019年3月に開催予定のジュネーブモーターショーに向けて、ホンダはとある電気自動車のコンセプトカーのスケッチを公開しました。これは2017年のフランクフルトモーターショーで公開された「アーバンEVコンセプト」とスタイルが似ています。

ティーザーイメージ

初代シビックのようなデザインのこの車、2017年のコンセプトは現代のフィットを少し短くしたようなサイズでしたが、当時はバッテリー含むドライブトレーンと合わせて生産に向けて動き出すと言われていました。

2017年のフランクフルトモーターショーにて、本田技研工業株式会社代表取締役社長の八郷隆弘氏は「これは遠い未来のビジョンではありません。この車の生産モデルは2019年のここヨーロッパにあるでしょう。」と発言しています。

何であれ、この公開されたスケッチからはホンダがレトロなシビックを目指していると分かります。しかしこのデザインは2017年のそれと比べ若干進化しています。プロトタイプは既にスクープされている通り、コンセプトで見られた2ドアではなく4ドアとなり、多数のスポークを持つホイールの代わりに至って普通のホイールが取り付けられてあります。

アーバンEVコンセプト(2017年)


プロトタイプと思われる車両

出典:https://www.carmagazine.co.uk

今年後半での生産モデルの販売を計画しており、少なくとも複数の市場へ向けて投入されるでしょう。

「高い評判を得ているこのコンセプトの生産モデルは、2019年後半にもヨーロッパで発表されるでしょう。そこでポジティブな意見が聞かれれば、2019年初めにもこのアーバンEVのオーダーを開始する予定です。」とホンダヨーロッパ副社長のフィリップ・ロス氏は2018年に語っています。

興味深いことに、アメリカでの販売については全く聞かれません。2017年、ホンダは生産モデルの販売はヨーロッパで行い、プレミアム価格になると言及しています。しかし北米での販売については何も示唆していません。この2017年・2019年のコンセプトカーは共に生産間近のプロトタイプであり、ヨーロッパでの自動車ショーに間もなくお目見えされると思われます。生産モデルのアメリカ投入計画があるのなら、そろそろ何かあってもいいはずですが・・・。

ホンダは2017年、フランクフルトでのコンセプトカーについて「ホンダの”電動ビジョン”戦略には、電動車両のパワートレイン技術とプラットフォーム開発が含まれる。」とし、「パワートレイン開発のキーパーツは、車両における熱管理とエネルギー伝達機能を一貫させた高密度の軽量バッテリーパックである。」としています。

航続距離についても言及されていますが、ホンダからのただ一つの情報によると満充電で150マイルから200マイル(240km~320km)と、比較的短距離であると思われます。まあ小さい車なのでね。

出典:https://autoweek.com

出典元へ➔

日本発売は2020年

企業イメージからいうと、本田にEVのイメージがあまりないことが少し気になります。インサイトやクラリティなどの環境対応車は数多く開発していますが、どれもイマイチぱっとせずライバルの中で埋没した印象があります。

国内の電気自動車といえば日産リーフがありますが、選択肢がほぼリーフしかない今こそ、チャンスと言えます。ホンダらしいデザインのEVとなれば大きくお客を奪えそうですね。

しかし国内発売が予想される2020年には、日産デイズ、三菱eKにおいて電気自動車モデルが噂されています。手ごろな軽自動車のEVという選択肢が増えると、このホンダ アーバンEVはかえって中途半端なサイズ感になることも考えられます。そういった意味でも、ヨーロッパを重視するのは自然なことだと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, ホンダ, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【英語】楽しくラクに学ぶための4つのポイント

目次1 英語はますます必要とされている2 ①目標を設定する2.1 ・実用英語技能検定2.2 ・TOEIC2.3 ・工業英語能力検定3 ②単語帳は買わない4 ③Youtubeを活用する5 ④テレビを活用 …

【ロシア】ラーダ ニーヴァの後継か?謎のコンセプトカー

ロシアの自動車メーカー アフトヴァースが製造・販売を行っている自動車ブランドのラーダが公開したコンセプトカーが話題となっています。 1976年にデビューし、現在も生産される伝説的オフローダー「ニーヴァ …

【安全】後部座席にもエアバッグ?新たな安全基準が必要か。

自動車の安全性は日々進化し、メーカーにとっても非常に高いレベルが要求される時代になっています。 自動車の衝突事故における人、車両、道路環境についての損傷の軽減に焦点を置いた調査研究を行っている「米国道 …

【スズキ】新型ジムニー 発表は7月5日!

新型ジムニー(JB64)の発表は7/5と言われています。そんな中数多くの画像が流出し、既にそのスタイルに注目が集まっています。 そうした画像を取り上げた動画をまとめてご紹介します。 画像が多数リーク …

【日産】完成車検査で問題発覚!その検査内容とは?

2017年9月29日、日産自動車は会見を行い、新車出荷前に行う完成車検査工程の一部の項目で資格のない者が検査をしていたと発表しました。国土交通省による同社工場への立ち入り検査により判明しました。 本記 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク