クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【TOP10】最も有名な車のホイール10選 -Top 10 the most iconic car wheels

投稿日:

Pocket

オシャレは足元からというように、車においてホイールというのは全体のスタイルに大きく影響します。そんなホイールが似合っている車は必ずと言っていいほど名車となっています。

ここでは、個人的に選ぶ「最も有名なホイールデザイン」ということでトップ10形式でご紹介いたします。どれも見たことのある有名なホイールたちですので、是非ご自分の意見と比べてみてください。

評価点としては、①オリジナリティ、②世界的であるかどうか、③車両とマッチしているかの以上3点を基準に独断で選定しております。

10. ランチア デルタインテグラーレ HF エボルツィオーネ

1993年発売。言わずと知れたラリーの名車です。前後フェンダーを一層ブリスター化したワイドボディ、トレッドを拡大、幅広タイヤを装着し、エンジンは直列4気筒DOHC16バルブICターボ210馬力を誇ります。エアインテークが大きく開けられたバンパー、リアの大型スポイラーなど、よりWRCを意識したものとなり、アーケードゲーム「セガラリー」にもトヨタセリカと共に登場していました。

ホイールはラリー競技を意識したデザインが目を引きます。WRCで名だたる功績を残しただけに、多くの方の記憶にあることでしょう。

出展:carligious.com

9.フォルクスワーゲン ニュービートル 初代

1998年発売。ビートルの復活として、そのスタイルは世界的に注目されました。初代ビートルの不変のスタイリングであった「円弧」のモチーフを現代化したデザインが特徴であり、現代のフィアット500やミニのような、過去のデザインを大きく踏襲するリメイクの先駆けもであります。

一見地味なホイールですが、可もなく不可もないデザインがどこか印象的です。シンプルイズベストといったところでしょうか。

出展:newbeetle.org

8.日産 R32型スカイラインGT-R

1989年発売。この代で16年ぶりにGT-Rグレードが復活し、日本国内のみならず海外の自動車レースを席巻しました。内に秘めたポテンシャルでは、当時のフェラーリ・348等を上回ると絶賛されたまさに日本を代表する名車です。「スカイラインと言えばこれ」という方も多いのでは?

ホイールはシンプルでありながら立体的。唯一無二の存在感を醸し出しています。これさえ履けばどの車も一気にスポーティな車へと変身してしまいます。まさに日本を代表するホイールだと言えるでしょう。

出展:gtr.co.uk

7.シトロエン 2CV

そのきわめて独創的かつ合理的なデザインは、今でも多くのファンによって愛され続けています。非力ながらも優れた走行性能・居住性・経済性を成立し、フランスの「国民車」として普及。ヨーロッパ各国で広く用いられました。1990年まで発売されていたと言うから驚きです。

そのホイールは年代を感じさせる超絶シンプル設計。まるで鉄のお椀をゆがませただけのようなホイールと、3点のボルトがキャラクターを際立たせます。

出展:generationhighoutpu.com

6.フォルクスワーゲン タイプⅡ T1型

1950年発売。当時のフォルクスワーゲンビートルをベースとして製造され、リアエンジン・リアドライブの商用自動車として登場しました。製造からかなりの年月が経っているにも関わらず、今でもカスタムベース車として人気の一台です。

ホイールはセンターキャップがまぶしいシンプルなデザイン。現代でもこのホイールをモチーフとしたものが数多く発売されていることからも、その影響力の大きさを感じることができます。

出展:flat4-fukuok.com

5.ジャガー Eタイプ

1961年発売。空力を意識した流麗なデザインと卓越した性能、それでいてライバル車よりも安価なこともあり大きな人気を博し、特にアメリカでは大ヒットとなったモデルです。ボディーは全モデルを通じてモノコックとチューブラーフレームが併用されていました。

シリーズを通して昔ながらの(もともと古い車ですが)スポークホイールを採用し、クラシックかつ美しいスポーティな印象を受けます。まさにジャガーEタイプのためのホイールといえます。

出展:vwgolf.net.au

4.DMC DMC-12

1981年発売。デロリアン・モーター・カンパニーが唯一発売した自動車で、ご存じタイムマシンのベース車両です。ステンレス製のボディやガルウイングといった未来的なデザインが特徴的で、映画に登場したことで一躍有名となりました。ですがその品質の悪さが露呈し、販売面では苦戦した実は残念な車です。

ホイールは映画でもそのまま使用していたこともあり、車全体として頭に刷り込まれているのではないでしょうか?中央の「DMC」ロゴがアクセントとなり、どこか未来的なデザインですよね。そう思うのも映画の影響でしょうか?

出展:automobilemag.com

3.メルセデスベンツ W201 190Eクラス

1982年発売。メルセデス・ベンツ初のDセグメントとして発表され、後継のCクラスが登場する1993年まで12年に渡って生産されました。メルセデスの中ではコンパクトですが、上位モデル同様の質実剛健な設計のおかげで安全性能も見劣りしません。ドイツツーリングカー選手権(DTM)参戦のためのホモロゲーションモデルの市販により、従来のメルセデス・ベンツにはないスポーティーな印象も与えたモデルです。

メルセデスのホイールというと、いくつか思いつきますがやはりこれでしょう。ゴージャスでなければスポーティでもないホイールですが、主張しすぎないところがベンツらしいホイールです。

出展:pinterest.jp

2.フェラーリ F40

1987年発売。フェラーリが創業40周年を記念して製作したリアミッドシップ・後輪駆動の2シータースポーツカーです。公称最高速度は324km/hであり、発売当時は世界最速の市販車でした。フェラーリと言えばF40という方も多いのではないでしょうか?

ホイールはフェラーリにふさわしいスター型です。このスポークが5本のデザインは、今なお多くのフェラーリのモデルで採用され続けています。まさにフェラーリを代表するホイールと言えるでしょう。

出展:liveandletdiecast.kinja.com

1.ランボルギーニ ディアブロ 初代

1990年発売。ディアブロは世界中で大ヒットを博した「カウンタック」の後継車種でもあり、空気抵抗を意識した低い車高やシザードアといったカウンタックの特徴を踏襲しています。最高速は325km/h。

ホイールはカウンタックのデザインを踏襲しつつもより平面的となり、何といっても大きな5つ穴が特徴的です。「ディアブロ」の由来が「悪魔」という伝説の闘牛の名前であるように、このホイールからも、吸い込まれて行くような何とも言えない恐ろしいオーラを感じます。

出展:anything-auto.net

まとめ

1:ランボルギーニ ディアブロ
2:フェラーリ F40
3:メルセデスベンツ 190E
4:DMC DMC-12
5:ジャガー Eタイプ
6:フォルクスワーゲン タイプⅡ T1型
7:シトロエン 2CV
8:日産 スカイラインGT-R R32型
9:フォルクスワーゲン ニュービートル
10:ランチア デルタインテグラーレ HF エボルツィオーネ

いかがでしたでしょうか?

もちろんこれらのほかにも、捨てがたいホイールデザインは数多くあります。今回ランキングに挙げた車はどれも有名で人々の記憶に残っています。ひょっとするとホイールさえ違っていれば、今よりもっと有名になった車もあるかもしれません。

最初に言ったように、ホイールは車全体のスタイリングを左右する大切なポイントなのです。車を購入される際は、ホイールのデザインにもしっかり注目しながら車全体のスタイルを見極めてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日産】70年前と現代のEVが並んで走る!

電気自動車といえば「日産リーフ」といっても過言ではありませんが、日産のEVへの挑戦は70年前から始まっていました。 1966年に日産自動車と合併した「プリンス自動車」の前身「立川飛行機」によって開発さ …

【スバル】完成検査調査 公表は今期中か。書換不正の影響は限定的

スバルが、一部の完成検査員が燃費試験の計測値に変更行為があったと回答した自動車の生産での燃費データ書き換えの可能性を調査している問題について進展があったようです。詳しく見てみましょう。 目次1 そんな …

【スズキ】スペーシアがモデルチェンジ!打倒N-BOXなるか。

スズキ スペーシアがフルモデルチェンジを行い、2017年12月14日に発売開始となりました。8月31日に一足早くモデルチェンジした軽自動車販売台数No.1のN-BOXを倒すべく、一体どのような変化を遂 …

【2017】7月度新車販売台数分析 カムリはどんな感じ?

7月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※輸入車、軽自動車は含まれません。 順位 車種名 メーカー …

新型トヨタセンチュリー デザインはどうなる?【予想】

目次1 トヨタの最高級車センチュリー2 新型のデザインは?3 新世代プラットフォーム「TNGA」を採用4 Toyota Safety Sense P を装備5 価格は? トヨタの最高級車センチュリー …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク