クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【新型】N-BOX 新旧比較!

投稿日:

Pocket

ホンダ N-BOXがフルモデルチェンジを行い、本日2017年8月31日に発売開始となりました。軽自動車販売台数No.1のN-BOXがどのような変化を遂げるのか。その注目ポイントに絞ってお届けいたします。

デザイン

モデルチェンジに伴ってもちろんそのエクステリアデザインが変更となります。まずは見比べてみましょう。

ノーマルグレード

先代N-BOX

新型N-BOX                       出展:honda.co.jp

大きくは変わらないまでも、より洗練されたデザインに仕上がっています。

丸目のフルLEDヘッドライトは、より愛着のわくデザインとなっています。また、ルーフに注目すると、樹脂製のモールがなくなったことでよりスッキリとしたデザインになっています。

また、先進安全装備であるホンダセンシングも全車標準装備となり、ミリ波レーダーと単眼カメラによって安心・快適な運転をサポートしてくれます。

続いてリアデザインです。

先代N-BOX

新型N-BOX                   出展:honda.co.jp

大きく変わったのはテールライトです。見やすさとデザインを追求したフルLEDのリアコンビネーションランプとなっています。

ますます洗練された印象を受けます。

カスタムグレード

続いてカスタムグレードです。

先代N-BOXカスタム

新型N-BOXカスタム            出展:honda.co.jp

フロントマスクはより一体化した鋭いLEDライトへと変更されています。また、ウインカーの位置はヘッドライト下側からヘッドライト上側へと変更されています。これも意外と大きなポイントです。さらにウインカーは連鎖式点灯でいわゆる「流れるウインカー」を搭載しています。

出展:honda.co.jp

カスタムモデルのテールライトはノーマルと若干異なり、より鋭いデザインとなっています。また、大型のテールゲートスポイラーも従来同様設置されています。

シート

スーパースライドシート

シートにも大きな変化が加えられました。その名も「スーパースライドシート」です。フロントシートの助手席が最大57cm前後させることができ、その使い勝手が大きく広がりました。

このスーパースライドシートのおかげで可能になることとしては、

・運転席にいながら助手席のドアから乗降できる。
助手席を後ろへ大きく下げることで、楽々と助手席側から乗降することが可能となります。現行同様センターコンソールはありませんので、靴を履き換えたり、歩道側から降りたいときにも役立ちます。

・後部座席から運転席へ行ける。
荷物を後部座席にのせたり、チャイルドシートをセットした後助手席を前に大きく移動させることで、直接運転席へ座ることができます。雨の日などに重宝しそうです。

・後部座席とのコミュニケーションが取りやすい
このシートにより、フロントシートとバックシートの間の位置に助手席を移動させることができます。簡単に後部座席の人とコミュニケーションをとることができます。また、物を渡したりする際も大きく体をひねったりする必要がありません。

シートベルトの位置も変更

スーパースライドシートを搭載したことで、フロントシート助手席側のシートベルトがビルトインタイプに変更されています。シートと一体化して動いてくれるので、不快感を感じることなく使用できます。

出展:kakakumag.com

アームレストがついているのもポイントが高いですね。

はね上げ式シート

このN-BOXの特徴のひとつは、リアシートの座面が跳ね上がると言うことです。

出展:honda.co.jp

リアシートをたたんでトランクから入れる、というと面倒ですが、これならある程度の荷物であればスライドドアからパッと積み込むことができます。広い室内もあって、背の高い荷物も積み込むことができます。

先代のN-BOXでも採用されていた仕組みですが、その広さは改善されさらに広くなっています。これまでは全長81.5cm 全幅47.2cm 全高106.5cmのA型ベビーカーを積みこむことができましたが、新型では全長95.0cm 全幅48.7cm 全高107.0cmのA型ベビーカーをたたまずに積みこむことができ、全長13.5cmUP、幅1.5cmUP、全高1.5cmUPとなっています。

 

インパネ

インパネにも大きな変更が加えられています。ブラウンを基調とした内装で、質感がアップしたように感じます。

旧型N-BOX

新型N-BOX       出展:honda.co.jp

特筆すべきはメーター位置の変更です。現行ではハンドルの間から覗くタイプでしたが新型ではハンドルの上に位置しているため、視線移動を最小限にして見やすくなっています。メーターのデザインもより見やすいものへと変わっています。

さらに、エンジンをかけるスタートボタンの位置も運転席左側から右側へと変更されているのが見て取れます。このあたりの使い勝手も注目です。

ラインナップ&価格(税込)

ラインナップは以下のようになっています。すべてのグレードにおいてホンダの安全システムである「ホンダセンシング」がホンダの軽として初めて搭載されています。

また4WD仕様には、ホンダ独自の「リアルタイム4WD」を採用しており、普段は省エネのFF走行、発進時や滑りやすい路面などでは瞬時に4WDに切り替わり、高い走破性を発揮します。

N-BOX

○スーパースライドシート仕様(FF・4WD)
G・EX
FF:1,749,600円   4WD:1,880,280円
G・EXターボ
FF:1,596,240円   4WD:1,726,920円

○ベンチシート仕様(FF・4WD)
G・Lターボ
FF:1,695,600円   4WD:1,826,280円
G・L
FF:1,499,040円   4WD:1,629,720円
G
FF:1,385,640円   4WD:1,516,320円

N-BOXカスタム

○スーパースライドシート仕様(FF・4WD)
G・EXターボ
FF:1,949,400円   4WD:2,080,080円
G・EX
FF:1,752,840円   4WD:1,883,520円

○ベンチシート仕様(FF・4WD)
G・Lターボ
FF:1,895,400円   4WD:2,026,080円
G・L
FF:1,698,840円   4WD:1,829,520円

モデルチェンジにより先代のN-BOXよりも若干の値上げとなりました。

先代
N-BOX:119万円~ 、N-BOXカスタム:148万円~

新型
N-BOX:138万円~ 、N-BOXカスタム:169万円~
N-BOX:19万円UP、N-BOXカスタム:21万円UP

まとめ

車両価格は若干値上げされたものの、ホンダセンシングが標準装備となっていたりとそれ相応の装備が盛り込まれた満足のいく仕様となっています。モデルチェンジ前のN-BOXの販売台数は7月度では14503台と、全ての軽自動車で最も売れているモデルとなっています。

この勢いをどこまで維持できるかは、この新型N-BOXにかかっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2018】7月度軽自動車販売台数分析

2018年7月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:ジムニー、ミラトコット、N- …

【Uber】淡路島で本格進出第1弾!これはUberなのか?

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリであり、その展開は世界70カ国・地域の450都市に上ります。 そんなUber …

【環境】電線から給電!トロリートラックとは?

7月30日午後5時過ぎ、北海道のJR千歳線の踏切に高さ制限を超えたトラックが無理やり侵入し、架線に接触する事故が起きました。   接触の瞬間         出展:response.jp   …

【2018】8月度軽自動車販売台数分析

2018年8月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:ジムニー ※通称名については …

【個人的】あったら絶対売れる車!

こういう車を出してほしいと言う要望は、それぞれの自動車メーカーに対してあるかと思います。 しかし世の中のニーズにマッチしていなければ、その可能性は低いのも仕方ありません。そのようななか、私が個人的に今 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク