クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【世界初】中国コピー車との裁判に勝訴!

投稿日:

Pocket

コピー大国中国。世界中の人気者をコピーしては量産し、粗利益を得る悪徳企業がのさばるこの国で、これまで多くの自動車メーカーが訴訟を展開してきました。

ここへきて大きなニュースが飛び込んで来ました。

グローバル自動車メーカー初

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は3月22日、中国の江鈴汽車を相手取って起こしていた「コピー車」を巡る裁判において勝訴した、と発表しました。

江鈴汽車は独自ブランドの「ランドウィンド」(陸風)を展開しており、ランドローバーの「レンジローバー・イヴォーク」に非常に良く似た「ランドウィンドX7」を生産し、中国で販売しています。レンジローバー・イヴォークの特徴であるクーペスタイルをはじめ、前後マスクやボンネットの文字の配置に至るまで、多くの点で類似性が認められるSUVです。

このコピー車について北京の裁判所は、レンジローバー・イヴォークの5つのデザイン上の特徴がランドウィンドX7と重なるとして、このランドウィンドX7をレンジローバー イヴォークのコピー車と認めました。

同裁判所は、「2つの車の類似性が幅広く消費者の混乱を招いた」とし、「ランドウィンドX7の生産と販売を、直ちに中止しなければならない」と結論づけました。裁判所はまた、江鈴汽車に対して、ジャガー・ランドローバーに賠償金を支払うよう求めています。

ジャガー・ランドローバーは、この判決を受けて「北京裁判所のこの決定を歓迎する。グローバルな自動車メーカーが、中国のコピー車メーカーに勝訴した初めてのケース」との声明を発表しています。

出典:https://response.jp

この程度のコピーなら、「全く似ていない」として突っぱねているところですが、今回はそうはいかなかったようですね。コピーした相手が悪かったのか、車両の生産・販売自体が出来なくなったうえに、賠償金まで支払うという最高の結果になりました。

しかし「2つの車の類似性が幅広く消費者の混乱を招いた」とはどういうことを言っているのでしょうか。まさかランドウインドをランドローバーと間違えるような人がいるとは思えませんが、一連の問題を含めての表現でしょうね・・・。

具体的にどういった理由で認められたのかが気になるところですが、いずれにせよ自動車業界におけるいいニュースです。中国政府も著作権には厳しく対応するような兆しを見せていますから、こういった裁判の結果がしばらく続いていくような気がします。

<関連記事>

【中国】ジムニーのコピー車 見つかる

【日産】NV200バネット OEM&コピーの結末とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100年で車はどう進化した?映像で見る交通事情の変化

自動車の歴史は古く、ざっと100年を超えます。 時代に応じて常に進化を続ける自動車ですが、その形跡をたどった面白い動画をご紹介いたします。 目次1 どの時代がお好み?2 海外のコメント3 おまけ どの …

【安全】後部座席にもエアバッグ?新たな安全基準が必要か。

自動車の安全性は日々進化し、メーカーにとっても非常に高いレベルが要求される時代になっています。 自動車の衝突事故における人、車両、道路環境についての損傷の軽減に焦点を置いた調査研究を行っている「米国道 …

【2017】10月度軽自動車販売台数分析

10月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※通称名については同一車名のものを合算して集計してい …

メルセデスGクラス vs ジムニー3台 綱引きの結果は?

スズキジムニーはメルセデスGクラスに似ているとしばしば話題になります。 実際それに似せたようなカスタムも多く存在し、そうした遊び代があるのも新型ジムニーの大きな特徴と言えます。 しかし、実際にGクラス …

【2017】9月度軽自動車販売台数分析

9月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※通称名については同一車名のものを合算して集計していま …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク