クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【海外】オフロードバスという選択肢「Torsus Praetorian」

投稿日:

Pocket

人と荷物をたくさん載せて出掛けるなら、ミニバンがその選択肢となります。さらにより自然界に重きを置くならば、力強いエンジンと4WDの性能を持つデリカD:5などが候補になるでしょう。

しかしもっと大勢で行く場合、どうしたらいいのでしょう。その答えがこの車かもしれません。

オフロードバス

Praetorian(プラエトリアン)はチェコに拠点を置くTorsus社が製造するオフロードバスです。MAN社のシャシーにMAN社の6.9リットルディーゼルエンジンを搭載し、286馬力、925N-mの強力なトルクがフルタイム4WDの威力を発揮します。車名は護衛隊や親衛隊を意味するPraetorianiが由来です。

この豊富なパワーによりあらゆる地形を進むことはもちろんのこと、それを克服するために設けられたグランドクリアランスは389mmと最強です。川や湖のような水辺では、最高700mmまで水に浸かっても問題ありません。

タフな見た目とは裏腹に、この車には現代的なリビングルームが備わり、シンク、コンロ、冷蔵庫を含むキッチンエリアが設けられています。リビングとベッドルームの間に設けられたシャワールームには独立したシンクとトイレが備わっています。運転席と居住エリアは壁で仕切られており、ドアで行き来することができます。

定員は35人。

2016年に発売が開始されていますが、Torsusはまだ若い会社であり、販売網の構築を行っている最中です。そのためプラエトリアンは完全なオーダーメイドとなっています。

この車が生まれたきっかけとして、公式ホームページに以下のような説明があります。

2016年中期、潜在的なプロジェクトがTorsus社のCEO Vakhtang Dzukashvili氏によって発動させられました。これまでの彼の主要なビジネスは、政府や国際機関への国際的な技術支援でした。Torsus社の親会社であるPulsar Expo s.r.oは特殊車両の改造と販売を多くの発展途上国へ向けて行っていました。

しかしプロジェクトには輸送の問題を解決する必要があり、バスがアイデアのフォーマットとなりました。しかし普通のバスでは、過酷な環境に使用できないのは明白でした。そこで大きなグランドクリアランスを持つ特別な4WDのバスを開発するというアイデアが生まれ、Praetorianの誕生につながったのです。

MAN社のシャシーを使用することで、Praetorianはユニークな解決策を示し、クライアントからも良い評価を頂きました。市場調査を拡大する中でVakhtang氏は、こうした車両の大きなニーズが世界中に存在することに気がつきました。Praetorianは多目的4WD車両として開発され、その後様々な役割に対応するために多くの形で実現されています。

第1号の試作車のデザインスケッチから生産モデルの製造まで、全ての工程は12カ月以内で完了しました。このスピードは顧客の要求と、それを実現するスキル、経験、そして献身的なTorsusのチーム力だけがなせる業です。

販売台数は上昇し、我々の世界販売網は拡大しています。Torsus社は組織を拡大し生産のレベルも上げており、ヨーロッパの施設のみならず北米でも拡大を計画しています。

加えて、我々はTorsus社のビジネスが継続的に向上し、現在開発中の新モデルが加わっていくことを楽しみにしています。

出典:https://www.torsus.eu/

特殊車両の製造に関わる有志が集って、誕生したのだと分かります。

日本のようにどこもかしこも舗装された国は少数派で、まだまだ発展途上の国は数多くあります。そういった国へ技術的な支援を行おうとしても、辿り着くのがやっとです。辿り着いたとしても電気やガスがあるとも限りません。

そういった場合にこの車は重宝しそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【事故】自動ブレーキ作動せず 2017年では72件

自動ブレーキの装備は当たり前になりつつまりますが、あくまでドライバーのアシストをするものであって、完璧ではありません。 そうした自動ブレーキが十分に作動せず、事故に至ったケースが多くあるようです。 目 …

【日産】バッテリー再生工場オープン 成功なるか?

航続距離が伸びたといえども、バッテリーの劣化に課題の残る電気自動車ですが、そのバッテリーを再生する工場が日産自動車主導のもとオープンしました。 EV化が進む自動車業界における新たなビジネスモデルとなる …

そこが光るんかい!変な位置のブレーキライトは何故?

唐突ですが、ブレーキライトの位置が変な車を見たことはありませんか? ブレーキを踏むと光るはずのところが光らないのには、実はもっともな理由があるのです。本記事でその謎が少しでも解消できればと思います。 …

【TOP10】最も有名な車のホイール10選 -Top 10 the most iconic car wheels

オシャレは足元からというように、車においてホイールというのは全体のスタイルに大きく影響します。そんなホイールが似合っている車は必ずと言っていいほど名車となっています。 ここでは、個人的に選ぶ「最も有名 …

なぜクラシックタイプの車は減ったのか?

クラシックタイプとは ひと昔前の車には、よくクラシックタイプのグレードが存在していました。光岡自動車やパイクカーを除いて、既存の車種を改造しクラシックにみせるものですが、現在販売されている車にはそうい …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク