クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV スズキ 海外 自動車

【中国】ジムニーのコピー車 見つかる

投稿日:

Pocket

スズキを代表する小型オフローダーで多くのファンを持つ「ジムニー」ですが、コピー大国中国において、ジムニーのコピー車を発見しました。なんと電気自動車です。

電気自動車SUV?

スズキは中国でもジムニー(現地名:吉姆尼)を公式に販売していますが、フルモデルチェンジした新型ではなく、先代のものになります。海外で言う「ジムニー」は、規格の関係で国内でいう登録車「ジムニーシエラ」にあたります。

生産は日本で行われており、中国に輸入しています。主な客層は女性のようです。

そしてこちらが問題の一台。

Dayang Motorcycle「Chok G1」

「Dayangモーターサイクル」は、中国を代表するバイクメーカーの一つです。この会社は様々な小型電気自動車も手掛けており、「Chok」ブランドで販売を行っています。そのうちのG1シリーズがこの車です。もう完全にジムニーですね。

サイズは一回り小さいものの、全体的なプロポーションやグリルからは間違いなくジムニーの雰囲気を感じます。

小型電気自動車には一般的な8馬力のモーターを搭載しており、最高速度は46km/h。航続距離はおよそ200kmとなっています。

インテリアはオリジナルのデザインとなっていますが、エアコン吹き出し口の真ん中にレバーがあるという謎デザインです。カップホルダーは助手席側のダッシュボードに適当に付けられています。

リアドアもジムニー同様に右ヒンジのもの。しかしスペアタイヤは搭載されていません。

せめてもうちょっとデザインを変えれないものでしょうか・・・。ジムニーが中国で売っていないならまだ分かりますが、売られているのにここまで似せるのは「さすがにマズイのでは」・・・とならないのが中国らしいと言うかなんというか。

中国の自動車メーカーはこういった電気自動車を含めると非常に多く存在します。どういった車が存在しているのか、全体を把握できていないのが実情ではないでしょうか。

しかし莫大なマネーで優秀な外国人エンジニアやデザイナーを入れ、日に日に存在感を増しているのが中国自動車メーカーです。やがて世界を征服する日が来てもおかしくはありません。既に中国の自動車メーカー、ジーリーの新ブランドであるLynk & Co(リンクアンドコ)は、中国市場で自社モデルの販売を開始し、2020年に欧州での販売を予定しています。

「コピーばっかりしてんな~」と油断している場合ではないのです。

<関連記事>

【世界】中国製の自動車 買う?買わない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, スズキ, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【マツダ】CX-5など4車種23万台をリコール

マツダはCX-5など4車種について合計23万台のリコールを届け出ました。 最悪の場合、エンジンが停止してしまうようです。 目次1 最悪の場合停止2 その瞬間 最悪の場合停止 マツダは8日、エンジンのバ …

【スズキ】ジムニーがランドローバーに!ボディキットが発売予定

発売より「メルセデスベンツ Gクラス」に似ていると世界中で話題の「スズキ ジムニー」ですが、今度はランドローバー ディフェンダーになりきれるボディキットが発売されるようです。 目次1 その名も「lit …

【新型】日産リーフ ドアパネルは流用?フルモデルチェンジでどう変わる

2010年12月に日産自動車より発売を開始した電気自動車のリーフですが、フルモデルチェンジされ2017年9月6日に公開されました。本記事では、デザインを主に何が変わったのかについてお伝えいたします。 …

【2013vs2017】4年前の自動運転技術とは?現在との比較

今から約4年前の2013年10月に開催された「ITS国際会議東京2013」。ホンダとトヨタが自動運転技術を公開しました。 ITSとは高度道路交通システム(Intelligent Transport S …

【三菱】ランエボ復活!?新デザインのスポーツセダン現る

三菱自動車を代表するスポーツセダンで、惜しまれつつ生産終了となったランサーエボリューションの「新型」が製作されました。 一体どういうことなのでしょうか。 目次1 現実。2 今後の動きに期待 現実。 ( …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク