クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【ランドローバー】新型ディフェンダーは中国仕様あり?

投稿日:

Pocket

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。

ケニアで本格的なミッションにチャレンジしているようですが、中国向けの仕様が存在するようです。

それが意味するものとは

(和約)

ディフェンダーの顧客層を最大化する試みの中で、ランドローバーはこのアイコン的オフローダをおよそ20年ぶりにアメリカで再び紹介することになるでしょう。加えてタタモータースが所有するジャガーランドローバーは、新型モデルをとあるメーカーがイヴォークのデザインを”インスパイア”したことでも知られる中国で立ち上げるようです。

これは中国向けにディフェンダーを発売するだけでなく、ランドローバーは中国向けのSUVの開発を実際に行っています。Automotive Newsはジャガーランドローバーが最近の投資家向けプレゼンテーションにおいて、2020年ディフェンダーには「中国仕様」が存在しているようで、それがどういう意味なのかはわからないものの、後席のレッグルームを大きく確保したロングホイールベースはおそらく視野に入っているだろうと報じました。

これらの特徴がグローバルモデルとして登場するのか、もしくはランドローバーが中国仕様として別のモデルを用意するのか、いずれにしても見てみたいものです。そのほかの失われたパズルの一片としては、この中国仕様がどこで生産されるかということです。グローバルモデルはスロバキアにある新工場で生産されるでしょう。ジャガーランドローバーはイヴォークやディスカバリースポーツ、その他ジャガーのモデルを生産するため、2012年に中国のCheryと出資比率50%の合弁会社を設立しています。しかし現時点ではそこに新型ディフェンダーが加わるかどうかは明らかではありません。

2016年1月の生産終了以来、ディフェンダーは装いを新たに今年9月のフランクフルトモーターショーにて公開となります。来年初めには標準モデルに加えてマイルドハイブリッドエンジンを搭載したモデルが発売される予定で、プラグインハイブリッドの派生車は今後さらに完成する予定です。

ランドローバーは新生ディフェンダーの広大なラインナップを約束しており、仕事用としてのタフなものから、メルセデスGクラスのような高級感のあるものまで用意します。少なくともピックアップモデルが予想されていますが、パフォーマンスバージョンまでもが噂されています。

出典:https://www.motor1.com

<関連記事>

【ランドローバー】新型ディフェンダー ケニアで活躍!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【レクサス】RX350LはフラグシップSUV!

レクサスはロサンゼルス・オートショーにおいて、ミッドサイズSUV「RX」の3列シート仕様となる「RX350L」を発表しました。 何がどう変わったのでしょうか。本記事ではその違いとともにレクサスについて …

【ランドローバー】最新テスト動画が公開

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 ケニアで本格的なミッションにチャレンジしたり、 …

【三菱】一番カッコいい?トライトン アブソルートコンセプトが公開

三菱自動車が生産・販売するピックアップトラック「トライトン(/L200)」。 新型が公開されたことでも大きな話題となりましたが、よりタフに設計されたコンセプトカーが公開されました。こいつはかっこいいぞ …

【ニュース】曙ブレーキが経営不振

大手自動車部品メーカーの曙ブレーキが事業再生ADR手続きを申請しました。 北米での業績不振が経営に影響を与えたようですが、今後の活動への影響が注目されます。 目次1 曙ブレーキ、事業再生ADR手続を申 …

【トヨタ】ハイラックス日本復活!あの問題は解決したのか?

トヨタのハイラックスが2017年9月12日より販売開始となりました。 1997年から2004年まで発売された6代目 (140/150/160/170系)を最後に日本での後継車は販売されておらず、13年 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク