クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV 情報 海外 自動車

【EV】中国製EVピックアップ これはキュートな1台

投稿日:

Pocket

電気自動車の波はヘビーデューティーが当たり前のピックアップトラック市場にも進出してきています。

そんな中、とある中国メーカーの1台に注目が集まっています。

都市配送や農地にぴったり

(和約)

EVのピックアップトラックは近年注目を集めてきていますが、この中国製EVピックアップ「Pickman」の可愛さに敵うものはありません。しかも価格は5,700ドル(約57万円)だというのですから。

このキュートな2シーターユーティリティトラックはKaiyun自動車によるものです。諸元表によるとこのPickmanの最大積載量は1,000 kgですが、定格積載量は最大600 kgにすぎないようです。しかしシングルキャブの荷台は横と後ろがゲートになっており、どの方向からでも簡単に積み込むことができます。加えて完全な電気自動車なのでボンネットは容量64リットルの収納スペースとなっています。

車体中央に搭載された100Ahのバッテリーにより、AC同期モーターが後輪を駆動させます。諸元表によると、満充電には8~10時間かかり、その航続距離は110キロに達します。

しかしながらモーターの出力はたったの3kW(4馬力)となり、最高速度は時速40km。トルクは不明ですが、カタログによると「大きなトルクのモーターと後輪駆動により十分な力を発揮します。」とのこと。

こういったことを考慮すると、このPickmanはゴルフカートや農場での馬のように、ご近所限定の使い方をするのが正しいようです。

フォードはEVのF-150ピックアップを生産しており、リビアンやテスラもパワフルなEVピックアップの発売を間近に控えていますが、Pickmanはこれらとは違ったアプローチをしています。6,000ドル以下という価格ですから、このキュートで小さなピックアップトラックはガレージに1台欲しいといったところでしょうか。

出典:https://www.motor1.com

・・・所管・・・・・・・・・・・・・・・

ピックアップというより我々から見れば「軽トラック」といったほうが近いですね。国内ではEVの軽トラックというと三菱MiEVトラックがありますが、軽トラックという質感の割に高価格であることが災いし、2016年3月をもって製造中止となっています。

このことからも仕事用の車といえど、いやだからこそなのか、高価なEVを購入するよりも低価格なガソリン車を購入するのがまだまだ一般的と言えます。

ですがこのPickmanのような遊び心をくすぐるデザインであれば、少しは注目が集まるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2018】7月度新車販売台数分析

2018年7月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 目次1 乗用車ブランド通称名別順位1.1 メーカー …

【映像】ディーゼルが復活した日

2012年にテレビ東京 ワールドビジネスサテライトで放送された「エコカーウォーズ」として、当時拡大し始めたクリーンディーゼルを取り上げています。 現在ではそのクリーンディーゼルも欧州をはじめ低迷してい …

【ホンダ】小型EV “Honda e” 生産間近のモデルが公開!

本田技研工業は2月27日、2019年3月7日(木) から 2019年3月17日(日)まで開催予定の「ジュネーブモーターショー2019」で新型EVのプロトタイプ「Honda e(ホンダ イー)」を世界初 …

新型フィット どう変わる?デザイン比較

ホンダの人気コンパクトカーの「フィット」は2001年に初代が発売されました。低価格・低燃費のため大人気となり、今や3代目と10年以上歴史のあるホンダを代表する車となっています。 そんなフィットですが、 …

【2019】RJCカーオブザイヤーが決定!

日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2019年次 RJC カーオブザイヤー」が決定しました! 目次1 受賞車は2 受賞理由は? 受賞車は 11月13日、栃木県茂木町の「ツインリンク …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク