クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV 情報 海外 自動車

【海外】オーストラリア EVの制限速度を引き上げる

投稿日:

Pocket

各国が環境対応車の販売を促す中、オーストラリア政府は、EVの制限速度を引き上げると発表しました。電気自動車の販売が伸び悩む中、打開策となるでしょうか。

時速20マイルの余裕

(和訳)

オーストラリア政府は電気自動車に対して、高速道路での制限速度を従来の車よりも時速20マイル引き上げると発表しました。

従来の自動車の場合、時速62マイル(約100km/h)の速度制限に従う必要がありますが、電気自動車は時速80マイル(約130km/h)に達することが許されます。

カメラで監視されるオーストリアの高速道路において、どのように電気自動車を見分けるかはまだ明らかにされていません。

もちろん現実は、込み入った高速道路でガソリン・ディーゼル車が時速62マイルで走っているため、時速80マイルを出すのは言うほど簡単ではないでしょう

この動きは、オーストラリアでの電気自動車の売り上げが、他のヨーロッパ諸国と違い落ちていることに起因しています。人によってはすでに電気自動車を購入していると推測できますが、大部分の人は電気自動車がより実用的な解決策になるまで待っているのです。

電気自動車はまた、高価格でもあります。エントリーレベルの日産リーフでさえイギリスでは27,000ポンド以上(約400万円)しており、最も安いヒュンダイアイオニックでもいくらか安いだけです。これが減額されるであろう政府援助金4,500ポンドの理由です。

出典:https://www.carthrottle.com

出典元へ➔

電気自動車の制限速度をあげるというのは斬新な政策だと思いますが、車種を見分ける必要があるのでそれに対応できるだけのインフラ設備が必要と言えます。EVの実用性はまだまだ世間的に認められていませんので、いずれにせよ時間がかかるものと思われます。

<関連記事>

インド「2030年までの全車EV化やめるわ。」政策柔軟化へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EV化で消える部品メーカーたち どう対処するつもり?

自動車における電動化(EV)はますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 そうなるとこれまでのエンジンといった内燃機関からモーターへと変わり、それに付随する多くの部品が不要 …

新型フィット どう変わる?デザイン比較

ホンダの人気コンパクトカーの「フィット」は2001年に初代が発売されました。低価格・低燃費のため大人気となり、今や3代目と10年以上歴史のあるホンダを代表する車となっています。 そんなフィットですが、 …

【三菱】時期ミラージュはルノークリオがベース?

新型ミラージュに関する情報が出てきました。 ミラージュの後継には、ルノークリオのプラットフォームとエンジンが使用されるという噂です。一体どういうものになるのでしょうか。現時点で分かっている情報をお伝え …

インド「2030年までの全車EV化やめるわ。」政策柔軟化へ

インド政府が発表していた、2030年までに国内の自動車を全てEVとする政策を撤回しました。一体何があったのでしょうか。 目次1 政策撤回2 タイはトゥクトゥクを全て電動化に3 EV化について 政策撤回 …

【ランドローバー】新型ディフェンダー レゴブロックが公開!

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 今年9月にも公開されるとのことですが、その新型 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク