クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV 情報 海外 自動車

【海外】オーストラリア EVの制限速度を引き上げる

投稿日:

Pocket

各国が環境対応車の販売を促す中、オーストラリア政府は、EVの制限速度を引き上げると発表しました。電気自動車の販売が伸び悩む中、打開策となるでしょうか。

時速20マイルの余裕

(和訳)

オーストラリア政府は電気自動車に対して、高速道路での制限速度を従来の車よりも時速20マイル引き上げると発表しました。

従来の自動車の場合、時速62マイル(約100km/h)の速度制限に従う必要がありますが、電気自動車は時速80マイル(約130km/h)に達することが許されます。

カメラで監視されるオーストリアの高速道路において、どのように電気自動車を見分けるかはまだ明らかにされていません。

もちろん現実は、込み入った高速道路でガソリン・ディーゼル車が時速62マイルで走っているため、時速80マイルを出すのは言うほど簡単ではないでしょう

この動きは、オーストラリアでの電気自動車の売り上げが、他のヨーロッパ諸国と違い落ちていることに起因しています。人によってはすでに電気自動車を購入していると推測できますが、大部分の人は電気自動車がより実用的な解決策になるまで待っているのです。

電気自動車はまた、高価格でもあります。エントリーレベルの日産リーフでさえイギリスでは27,000ポンド以上(約400万円)しており、最も安いヒュンダイアイオニックでもいくらか安いだけです。これが減額されるであろう政府援助金4,500ポンドの理由です。

出典:https://www.carthrottle.com

出典元へ➔

電気自動車の制限速度をあげるというのは斬新な政策だと思いますが、車種を見分ける必要があるのでそれに対応できるだけのインフラ設備が必要と言えます。EVの実用性はまだまだ世間的に認められていませんので、いずれにせよ時間がかかるものと思われます。

<関連記事>

インド「2030年までの全車EV化やめるわ。」政策柔軟化へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日産】70年前と現代のEVが並んで走る!

電気自動車といえば「日産リーフ」といっても過言ではありませんが、日産のEVへの挑戦は70年前から始まっていました。 1966年に日産自動車と合併した「プリンス自動車」の前身「立川飛行機」によって開発さ …

【2018-2019】日本カーオブザイヤーが決定!

12月7日、第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が東京ビッグサイトにて実施され、「ボルボ XC40」が日本カーオブザイヤーに選ばれました。 目次1 受賞理由2 2年連続 …

新型アクア デザインはどう変わった?デザイン比較

トヨタの人気コンパクトカーの「アクア」は2011年に発売されました。低価格・低燃費のため大人気となり、今や街中で見かけない日は無いと言っても過言ではありません。 そんなアクアですが、2017年6月にマ …

【トヨタ】ランドクルーザー商用車を発売

UKトヨタでは、ランドクルーザーを商用車に仕立てたモデルを今年6月にもイギリスで発売する予定です。 ランドクルーザーを商用車に UKトヨタはLCV(小型商用車)市場での競争力を高めるため、ランドクルー …

【ホンダ】N-VANが画像が多数公開!N-BOXと比較してみた!

ホンダのN-VAN(エヌバン)のページが更新され、多数の画像が公開となりました。 本記事では2017年8月31日にフルモデルチェンジし、軽自動車販売台数No.1の販売誇る同社N-BOXと比較し、現時点 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク