クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スバル 動画 情報 自動車

【新型】スバル フォレスター発表!さらば若き日のフォレスターよ

投稿日:

Pocket

スバルは、4月8日まで開催されているニューヨークオートショーにて、人気SUVであるフォレスターをワールドプレミアしました。5代目となるフォレスターは、一体どのような思いが込められているのでしょうか。

開発責任者へのインタビュー動画をご紹介。

目次

チーフエンジニアによる思い


▶日月専務に直撃! スバル新型フォレスターは一番ユーザーのことが分かっているSUV – WEB CARトップ

会話内容を簡単にまとめてみました。

今回だいぶ変わった印象を受けますが、その思いは?

シェアはアメリカだと4分の1、その他地域でも3分の1を占めている。フォレスターが一番重要なもので、ずっと乗ってるお客様を裏切らずに次のジェネレーションを作ることが一番重要。グローバルプラットフォームで衝突安全性とドライビングを強化した。乗り味・安全性全て大きく進化しています。

スバルグローバルプラットフォーム

現行インプレッサから採用が開始されたスバルグローバルプラットフォーム(SUBARU GLOBAL PLATFORM)。スバルはこれにより、クラストップレベルの快適性と安全性能を実現したと述べている。

変えなかったところは?

パッケージングが非常に合理的にできている。どちらかというとそんなに大きくないが中に入ると広くて視界がいい。そして乗ると安心できるところ。

オフロード性能は?

Xモードを搭載してる。ファミリー向けではあるがアウトドアアクティビティーは用具を含めて進化していて、より多くのところに行って楽しみたい、小さいお子様がいてもより充実な体験をさせてあげたいと思う人が多い。そういったことができるよう進化した。

激戦区での強みは?

機能の差別化だけでなく、長年培ってきた「フォレスターに乗ってれば大丈夫だ。」という信頼が一番の強み。AWD、SUV、衝突安全性能、自動ブレーキもずっとやってる。一番歴史があって一番お客様のことが分かっている車であること。これが強みだと思います。

日本へのユーザーに一言は?

今のフォレスター以上のフォレスターになるので、アウトドアやアクティビティーに活躍させてもらいたいと思っています。

フォレスター好きはがっかり?

日本への発売は2018年の8月頃と言われています。

しかしこの新型フォレスター、発表早々に酷評を受けています。その原因の一つが「ターボエンジンの廃止」です。フォレスターといえば、初代からハイパフォーマンスグレードだけでなく標準グレードにもターボエンジンを搭載するなど、加速感や走行性能の高さに定評がありました。そういったスピリットがこの新型には受け継がれていないのです。

廃止にした理由には、やはり国内でのターボモデルの販売比率低下・環境指向の高まりなどが挙げられるといいます。

さらにミッションは全車リニアトロニックCVT、6速MTは消滅と、パフォーマンス力に欠けることも大きな要因と言えます。

3代目フォレスター

2007年に発売されていた3代目のフォレスターは先代までのステーションワゴンとSUVのクロスオーバー的なスタイルから、純粋なクロスオーバーSUVへと大きくスタイルを変えました。発売当時、主マーケットである北米では高評価を受けたものの、これまでのスタイルを長所と受け止めていた日本の旧型オーナーにとっては、肥大化・重重量化と受け止められ、否定的な意見もあったようです。

スバルとしてみればこのSUVブームに乗るためにはフォレスターをもっとSUV化する必要があったのでしょう。しかし年代を追うごとに大型化しアメリカのご機嫌取りのようになってしまいました。

「俊敏で軽快な若者SUV」がフォレスターでしたが、この新型はまんまと時代の流れに乗ってしまった形です。それと同時に、まるで歳を取ったかのような代わり映えのないずんぐりのデザインも相まって、「こうはなりたくなかった・・・」というフォレスターの声が聞こえてきそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スバル, 動画, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【世界初】今では当たりまえの装備たち。その先駆けは?

自動車は常に進化し続けており、次々と新しい技術が搭載されてゆきます。パワートレインから安全装備など様々ですが、今では当たり前の装備も、もちろん初登場の時期があったわけです。 というわけで、今では当たり …

【国内】デリカはライズほど売れている?!ディーラー数でみる真の販売台数

街でよく見かける車は、単純に「売れている」と言えます。 月1万台売れたA社の車と、月1000台売れたB社の車とでは、街で見かける確率は単純に10倍の差があります。しかしB社のディーラー数がA社の10分 …

【国内】ミニバン 最低地上高ランキング 2023

ファミリーのお出かけに最適なミニバン。 家族みんなで様々な所へ行きたいものですが、パワーはもとより地面とのクリアランスが十分にないと物理的に走行できません。またゲリラ豪雨といった突発的な自然災害におい …

【トヨタ】新型ハイエースか? 搬送中の車両が発見される

トヨタを代表する商用バン「ハイエース」のモデルチェンジが迫っています。 何といっても特徴は、安全性を考慮しこれまでのキャブオーバー型から、ボンネットをもつセミキャブオーバーへと変更される点でしょう。 …

【海外】ラングラー?ジープ?いや”マヒンドラ タール”だ!

SUVの人気とともに、本格的なオフロード車も注目され始めています。日本のような舗装がちゃんとしている地域ではさほど必要性はないものの、その動力性能に魅了される人は数多くいます。 そこで、ちょっと変わっ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スポンサーリンク