クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 生活

【冬到来】車のガラス凍結を除去する方法!

投稿日:

Pocket

そろそろ冬支度をしたいところですが、スタッドレスタイヤには履き換えましたか?本格的な冬が来る前に備えておきたいことは山ほどありますが、早朝いざ車に乗ろうとすると直面するのがフロントガラスの氷結です。

本記事ではその対処方法といくつかのヒントをお伝えしたく思います。

なぜ除氷が必要?

ウインターシーズンがそろそろ本格的に始まります。それに伴って厄介になってくるのが車の除氷です。残念ながら冬の朝には必ずと言っていいほど付きまわるものです。車庫があればこの悩みは解消されますが、青空駐車場の方はどうしようもないのが苦しいところです。

しかし除氷を怠れば、視界性が確保できないのはもちろんのこと、これは法律違反にもなるのです。そうならないためにも確実にフロントガラスの氷を除去する必要があります。

最も簡単な方法は?

大抵の場合、一般的なスクレーパーがあれば問題ありません。間違っても財布やクレジットカードのようなもので氷を削らないようにしましょう。ガラスを傷つけて、最悪の場合ヒビが入ってしまいます。市販されているスクレーパーであれば安価ですし、必要な仕事はこなしてくれます。一本積んでおくだけで安心です。

解氷スプレーももちろん有効です。再凍結防止効果や撥水効果を持つものなど種類は多く、その効果は大きいです。しかし金額的に高価であることと、気をつけて塗布しなければ車の塗装にダメージを与える可能性があります。

http://amzn.to/

そもそも凍結の予防をしたいという方は、化学的な方法を使用することもできます。塩水をタオルに染み込ませ、フロントガラス一面を拭きましょう。気温が極端に下がらない限りはガラスが凍ることはなく翌朝の視界は確保されるでしょう。塩が水の凝固点温度を下げる働きを利用した方法です。

もちろん車庫があるならば、使いましょう。

除氷をするときに気をつけることは?

上記の内容に加え、車を安全で無傷の状態を保つ必要があります。運転のリスクよりも数分の時間を優先しましょう。なのでお湯をガラスにかけるようなことは絶対にしないでください。熱いお湯を凍ったガラスにかけると割れてしまいます。もし水をかけるなら、最大でもなまぬるい程度にしておきましょう。

ヒーテッドウインドスクリーンのついた車を持っている人は幸運です。数分のうちに氷を溶かし、ふき取るだけでよいでしょう。

もしわざわざ氷を削り取るのが嫌なら、次はヒーテッドウインドスクリーンのついた車を選びましょう。え?ヒーテッドウインドスクリーンが何かだって?

ヒーテッドウインドスクリーンとは?

フロントガラスに細い熱線が入っており、冬季のガラスの曇りを防ぎ、凍結した氷も溶かしてくれる装置です。ワイパーが凍って動かなくなっても氷を溶かしてくれるので、寒さの厳しい地方には有難い装備です。

リアガラスの電熱線は一般的ですが、それのフロントガラス版というと分かりやすいかと思います。しかしフロントガラスですから、その電熱線はとても細かいもので、視界の妨げにはなりません。

出展:flicker.com

フォードやミニ、ボルボの一部のモデルにオプションとして装備されています。残念ながら国産車での採用例は見つけられませんでした。


▶Introducing the Ford Quickclear Heated Windscreen – Jennings Motor Group

ワイパーデアイサー

ヒーテッドウインドスクリーンより一般的な装備として、ワイパーデアイサーがあります。降雪や氷結でガラス面に固着したワイパーのブレードを作動させるため、ブレード停止位置近傍のガラスに熱線式ヒーターなどを配置し、凍結を防止したり解氷する装置です。

出展:car.watch.impress.co.jp

寒冷地仕様などのモデルにはこうした装備が設けられています。雪国に住んでいない方でもいざという時に便利な機能ですので、車を購入する際にはこうしたポイントにも気を付けてみてください。(購入後は装着不可なので)

しかしあくまでワイパーを温めるための装備なので、ガラスの氷が解けるというものではありません。

まとめ

ウインタースポーツに行かれる方や雪国にお住まいの方はこれから大変な季節になりますね。

自分もスノボに行った帰り、スクレーパーも忘れていたため車内からフロントガラスに手を当てて、その熱で溶かそうと30分以上格闘したことがあります。手が真っ赤になりましたが・・・。

そうした事態にならないよう、備えておくことが大切と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ランドローバー】新型ディフェンダーは中国仕様あり?

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 ケニアで本格的なミッションにチャレンジしている …

100年で車はどう進化した?映像で見る交通事情の変化

自動車の歴史は古く、ざっと100年を超えます。 時代に応じて常に進化を続ける自動車ですが、その形跡をたどった面白い動画をご紹介いたします。 目次1 どの時代がお好み?2 海外のコメント3 おまけ どの …

【海外】マヒンドラ・タールがフルモデルチェンジ!

マヒンドラ タールはインドの自動車メーカー「マヒンドラ&マヒンドラ社」が2010年10月から製造するコンパクトオフロード車です。 この度フルモデルチェンジが実施されるようです。 目次1 マヒン …

【BMW】発火の恐れ 7万台リコール

BMWジャパンは5月10日、25車種7万台について、エンジンのブローバイヒーターに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出ました。 目次1 BMW7万台リコール=発火の恐れ、事故2件2 国内対 …

【三菱】4車種リコール ECUとは?

スバル レガシィのリコールが大題的なので陰に隠れていますが、三菱自動車でもリコールが発生しています。詳しく見てみましょう。 目次1 4車種2万台2 ECUとは 4車種2万台 三菱自動車は9月13日、『 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク