クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 海外 自動車

【三菱】新型ミラージュが公開!ダイナミックシールドでよりシャープに

投稿日:

Pocket

三菱自動車のコンパクトカー「ミラージュ」の新型が公開されました。

まずは生産を行っているタイから発売されるようです。

新型のデザイン

三菱自動車工業は11月18日、グローバルコンパクトカーのハッチバック「ミラージュ」、セダン「アトラージュ」のデザインを一新し公開。タイでの販売を開始しました。

ミラージュ、アトラージュは一部地域ではそれぞれスペーススター、ミラージュG4とも名付けられていますが、2018年度にグローバルで計14万台を販売した三菱自動車の世界戦略車で、タイにおける生産・販売会社のミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場で生産が行なわれています。

今回のマイナーチェンジにより三菱自動車のデザイン言語であるダイナミックシールドが採用され、両車ともにシャープでダイナミックなエクステリアデザインとなりました。

ピックアップのトライトン、パジェロスポーツに続く大規模マイナーチェンジを実施することで、テコ入れを図ります。

ガラリとイメチェン?

マイナーチェンジ前と比較してみましょう。

左に新型(画像はスペーススター)、右に現行モデルを並べてみました。

現行モデルは”ずんぐりむっくり”といった感じですが、新型はダイナミックシールドによりワイドでシャープな印象に変わっています。ボンネットの造形がフラットになったことや、ヘッドライト間を直線で結ぶグリルなどがシンプルさを演出しています。

サイドを見てみると、全体的なプロポーションは変わっていません。ヘッドライトやフロントバンパーに合わせてフェンダーの造形が若干変わっています。

ホイールは15インチアルミホイール。ミラージュにはスポーティな2トーンカラーの切削加工タイプが採用されています。

しかしドアハンドルは一昔前の上に引き上げるタイプ。このマイナーチェンジを機に握って引くタイプのものに変わればよりよかったですね。

リアデザインもフロントほど変わってはいませんが、バンパーの造形が横基調から縦基調に変わっています。エアロパーツのようでスポーティーな印象を受けますね。

テールライトのLEDコンビネーションランプはコの字からL字になっているのもポイントです。

インテリアの最上級類別では特別なシートを設定。ミラージュにはファブリックと合成皮革を組み合わせたコンビネーションシートを採用し、スポーティさを演出しています。

さらにフロントドアトリムのデザインを見直すなど、各所に改善がなされています。

日本発売あるか?

現行モデルは世界戦略車のコンパクトカーとして2012年8月に発売を開始。

日本での発売当初、三菱自動車は2012年度内の目標販売台数を30,000台としていましたが、販売実績は半分の15,000台強にとどまりました。こうした目論見違いに関して東洋経済オンラインでは、「先進国における環境対応車」と「新興国におけるエントリーカー」の二足のわらじを履かせようとした点にあるという見方を示しています。

外観があまりにもチープ過ぎたことも足かせとなっていたため、2015年12月にマイナーチェンジを受け多少マシな現行のデザインになっています。

採算の取れない車種の整理を積極的に行っていることで結果的にラインナップの少ない三菱ですが、もしこの新型が日本で発売されないとなると、それはミラージュの国内販売終了を意味します。

他社ほど売れていないミラージュが整理の対象になってもおかしくはありませんが、今回のマイナーチェンジでせっかく「三菱らしく」なったわけですし、大ヒットとはいかなくても、導入する可能性はあります。

現行型はデビューして7年以上経ちますし、古いイメージが付きまとっていますが、意外と安全装備が充実しており、価格も低価格です。近年は安全装備の充実とともに車自体の価格が高騰していますから、安い車が売れる可能性はここ日本でも十分にあると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ホンダ】新型CR-Vが発売!新旧比較まとめ

ホンダのSUV「ホンダCR-V」がモデルチェンジし、日本へ戻ってきました。8月30日より発売を開始しています。国内では2年ぶりの復活となり、第5世代目となるこの新型はすでに北米や中国などで販売され好評 …

no image

生きる共産主義!ロシアの車たち

共産主義の遺産 ロシアの車たち ロシア発のドライブレコーダー映像を見るとロシア国内の自動車状況も垣間見ることができます。日本の中古車は人気があり、数多く見かけることができます。 しかしなんといっても事 …

EV化で消える部品メーカーたち どう対処するつもり?

自動車における電動化(EV)はますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 そうなるとこれまでのエンジンといった内燃機関からモーターへと変わり、それに付随する多くの部品が不要 …

【ランドローバー】新型ディフェンダー レゴブロックが公開!

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 今年9月にも公開されるとのことですが、その新型 …

【2018】10月度軽自動車販売台数分析

2018年10月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:ジムニー ※通称名について …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
スポンサーリンク