クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 日産 海外 自動車

【日産】ダットサンブランドを廃止検討か

投稿日:

Pocket

新興国向けのブランドとして2013年に復活したダットサン。

しかし日産の経営状態が著しく悪い中で、早くも廃止が検討されているようです。

ダットサンブランド 2回目の廃止

(和約)

日産は、40年の歴史の中で2度目となるダットサンブランドの廃止を再建計画の一つとして掲げているようだと、Bloombergは報じました。

日産はコロナウイルスの感染拡大の前から財政的な強い向かい風を受けており、ルノー・日産前会長カルロス・ゴーン氏の逃走劇に続いて、ますます状況は悪化しています。3年計画のひとつであるコストカットの効果は、2020年5月28日の決算報告に続いて発表が予定されています。

その計画はマーケティング費と研究費の削減を含んでおり、ダットサンブランドの廃止も計画されているとBloombergは報じています。このブランドは2013年に再設立され、インドやロシアといったいくつかの新興国市場向けに安価な車をラインナップしています。

その代わり、ヨーロッパからの撤退や新型車の不足によりここ数年低迷しているインフィニティブランドに注力すると考えられています。

ダットサンブランドのデビュー時は状況は違っていました。日産が急速な拡大と多くの新セグメントや新市場を開拓しようとしていたタイミングです。そのような中、日産のより手ごろなモデルとして小型ハッチバックとセダンをランナップし、日産の存在感が比較的薄い地域で、特にダチア、ラーダ、シュコダといった他のモデルと競争すべく1986年からダットサンは戻ってきました。

インド、ロシア、インドネシアに工場を持つことでブランドは素早く展開され、1980年代のダットサンを覚えていない若い世代にも人気となりました。

2013年に再登場したダットサンブランドは、ゴーン氏が生産数と新市場を追いかけ、他の優先事項を犠牲にした拡大路線の産物と言えます。それでも景気回復の動きが鈍く、安価な車に非常に需要があったいくらかの間は軌道に乗っていました。ダットサンは再起動後の最初の2年間で堅調な成長を遂げましたが、もちろん北米では見られなかったため、ここから感覚をつかむことは困難でした。2017年頃に需要が尽きるまで、生産戦略は実際に上手くいっていました。

しかし2019年夏、日産の財政が大打撃を被り、全世界で12,500人の従業員の解雇を促し、ラインナップの10%を削減する計画が発表されました。これによりダットサンの差し迫った終焉についての報告が過去半年間流通しました。それに新型コロナウイルスが追い打ちとなり、ブランドを段階的に廃止する計画を早めたようです。

では誰がこの安価ブランドを受け継ぐのでしょうか。おそらくそれは三菱でしょう。

出典:https://www.autoweek.com

・・・所管・・・・・・・・・・・・・・・

日産自動車は、2020年3月期決算の最終的な儲けを示す純損益が、1千億円近くの赤字に転落しそうだと発表しています。

記事にもあるように、日産はこれまでの拡大路線で新興国での生産を強化してきました。その一方で新型車の開発にかける投資を減らしたため、世界のほぼ全ての主要地域で販売が減ってしまう悪循環に陥っています。そのような状況の中、新型コロナウイルスの感染拡大による新車販売の急減が追い打ちとなりました。

赤字はリーマン・ショックがあった09年3月期以来11年ぶりとなります。

拡大路線からのシフト、さらには新型コロナウイルスによる自動車業界全体の不況がのしかかった今、果たして日産幹部は、追い出したゴーン氏以上の経営手腕をみせることはできるのでしょうか。

非常に厳しいと言わざるを得ませんね。

<関連記事>

【海外】インフィニティがやばい?アメリカで販売台数が全車種減少!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 日産, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ダイハツ】コペンクーペが誕生!限定200台!

コペンに何かが起こる!としてカウントダウンを行っていたダイハツですが、12月19日ついにその真相が明らかになりました。 予想していた通り、コペンに新たなモデルが追加されました! 目次1 その名も「コペ …

【事故】相次ぐ危険運転によるトラブル 海外でも?

ここのところ、危険運転のニュースが絶えませんね。 記憶に新しいのは、今年6月に発生したとある事故の判決です。このニュース以降、よく報じられるようになりました。 目次1 東名高速の事故2 後ろから煽って …

【三菱】新型ランエボはこんな感じ?

ラリーアートを復活させるなどパフォーマンスモデルの動向が注目される三菱自動車。 この波に乗ってもしランエボが復活するとしたら?きっとこんな感じだろうという希望を基に作成されたレンダリング画像をご紹介し …

【豆知識】マツダとテスラの意外な共通点「フランツ・ホルツハウゼン」

自動車におけるエクステリアデザインは、第一印象を決めるうえで最も重要な要素と言えます。 よって各社いかに先進的で魅力的なデザインを世に送り出せるか試行錯誤し、アイデンティティを表現したデザイン言語を用 …

【マツダ】CX-5など4車種23万台をリコール

マツダはCX-5など4車種について合計23万台のリコールを届け出ました。 最悪の場合、エンジンが停止してしまうようです。 目次1 最悪の場合停止2 その瞬間 最悪の場合停止 マツダは8日、エンジンのバ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
スポンサーリンク