クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 日産 海外

【海外】インフィニティがやばい?アメリカで販売台数が全車種減少!

投稿日:

Pocket

日産の高級ブランド「インフィニティ」。

日本ではさほど馴染みはありませんが、このところ大きく販売台数が減少しているようです。

販売台数2018年比21.1%減

(和約)

2019年度のインフィニティUSAの販売台数はあまりよくありません。日産のプレミアムブランドにとって厳しい年となりました。需要が149,280台から117,708台へと21.1%減少したのです。それだけでなく、2019年は全てのモデルにおいてその台数を減らし、最もひどかったのがメルセデスGLAがベースとなっているQX30です。

Infiniti QX30

インフィニティQX30は、メルセデス・ベンツとの協業によりAクラスのプラットフォームを使って開発された、コンパクトSUV。

この高級コンパクトクロスオーバーはアメリカでたった3,229人に納車されたことになり、販売台数は60.1%の減少です。インフィニティ自体が2019年の初めに認めたように、QX30が成功した製品ではなく、メルセデス・ベンツとGLAとの関係なしに後継車を開発することを約束していることを見れば、それはそれほど驚くことではありません。

Q60は昨年と比較して2番目に大きな落ち込みを見せており44.4%減の5,043台。Q70も43%減の2,552台と大幅な減少となっています。インフィニティは2019年の末に大型セダンを打ち切りとしているため、アメリカでは大型セダンは2020年を生き残れないと指摘しておきます。

Infiniti Q60

Infitini Q70

インフィニティは昨年30周年を迎え、2019年末にかけて「Edition30」モデルをいくつか展開していましたが、テーブルをひっくり返すには不十分でした。QX50は26.7%、Q50は25.5%の減少となり、減少率が2ケタではないモデルはQX60とQX80の2つだけで、これら大型SUVの減少率はそれぞれ”たった”8.9%と0.5%でした。

Infiniti Q50

Infiniti QX50

Infiniti QX60

Infiniti QX80

アメリカでインフィニティの販売台数を復活させる可能性はあるのでしょうか?新型QX55クロスオーバークーペは2020年夏ごろにディーラーへ到着し、BMW X4やメルセデスGLCクーペなどを引き受けるために、QX50とQX60の間に配置されるでしょう。

Infiniti QX55

出典:https://www.motor1.com

・・・所管・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカに限った話なので、世界で見た場合にどうなのかは不明です。

日産と言えば国内ではなかなか新型車が発売されず、さらにはゴーン元会長の一件など絶賛イメージダウン中なのですが、まったくもって経営がうまくいっていません。2014年に新興国向けとして復活させたダットサンブランドも、赤字車種の生産終了、全世界的な組立ラインの停止を検討しています。

やめるのは簡単と言いますが、諦めが肝心です。そういう意味では選択と集中を行うために、キューブやジュークを生産終了にするのも筋が通っているのかもしれません。しかしニーズを無視すると後で痛い目にあうでしょうね・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 日産, 海外

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日産】キックスe-powerを世界展開!

日産が「電気自動車の新しい形」と謳うe-power。 そのシステムを搭載した新型SUV「キックスe-power」が発売されるようですが、これまでe-powerの販売がなかったアメリカでは、給油して発電 …

【ホンダ】シビックtypeRがパトカーに!意外な使い道とは

オーストラリアのとある警察署にホンダから「シビック タイプR」が寄贈されました。 これで犯罪者もバッチリ追跡できる・・・と思いきや、そうした使われ方はしないもよう。その意外な理由とは。 PR用? オー …

【国内】マイナーコンパクト対決「バレーノ vs ミラージュ」

近年のSUV人気の陰で、若干押され気味なのがコンパクトカー市場。 しかし各社ラインナップに必ず存在し、グローバル展開を前提として力を入れて開発を続けています。しかしいまいちパッとせず存在感の薄いモデル …

EV化で消える部品メーカーたち どう対処するつもり?

自動車における電動化(EV)はますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 そうなるとこれまでのエンジンといった内燃機関からモーターへと変わり、それに付随する多くの部品が不要 …

【国内】日産マーチVS三菱ミラージュ どちらが”マシ”?

最近は新興国向けに開発された車をテコ入れし、日本に持ち込むケースが多くあります。新興国の海外工場での組み立てに抵抗があるのか、たいていの場合国内では失敗しています。その代表とも入れるのが日産自動車の「 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
スポンサーリンク