クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【2018-2019】日本カーオブザイヤーが決定!

投稿日:

Pocket

12月7日、第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が東京ビッグサイトにて実施され、「ボルボ XC40」が日本カーオブザイヤーに選ばれました。

受賞理由

日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高い。そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめる。さらに高度な安全装備を全社標準しているところも高く評価した。

(carview!)

2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車を対象として選別される「日本カー・オブ・ザ・イヤー」ですが、ベスト10車種は以下の通りでした。

・トヨタ カローラ スポーツ

・トヨタ クラウン

・ホンダ クラリティ PHEV

・マツダ CX-8

・ミツビシ エクリプス クロス

・アルファロメオ ステルヴィオ

・BMW X2

・ボルボ XC40

・フォルクスワーゲン ポロ

※スバル フォレスターは辞退

2年連続ボルボ

発売前から大人気の「スズキ ジムニー」は選考を辞退しており、スバルのフォレスターもリコール問題の煽りを受けて辞退しています。

そのようなパッとした車種がいない今年のカーオブザイヤーですが、去年と同じくボルボが受賞となりました。(去年はCX-90)今年もボルボということはおそらくないかと予想していたのですが、う~ん。謎ですね。

ボルボCX-40より魅力的な国産車はなかったと結論づいたわけですが、ボルボが完璧と言う意味でなくてもそれ自体には納得できます。しかし街で見かけることの少ない外車が受賞と言うのも世間の感覚としてはやはりずれていると言わざるを得ません。

RJCカーオブザイヤー結果

こういった選考に不満を持った人が行っているのが、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催するもう一つのカーオブザイヤー「RJCカーオブザイヤー」です。

こちらは11月13日に最終試乗と公開開票が行われ、その結果三菱自動車工業のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」が受賞となりました。どちらのカーオブザイヤーを支持するかは好みが分かれるところです。

【2019】RJCカーオブザイヤーが決定!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【珍】「The・中途半端」 さっぱり売れなかった”日産ルネッサ”とは

日産自動車といえば、昨今はゴーンショックのニュースが絶え間ないものの、昔から数々の名車を世に送り出してきた日本の大手自動車メーカーです。 しかしその歴史において、名車はおろか迷車にすらなりきれずに人々 …

【比較】ホンダ「N-BOX」と「バモス」 どう違う? 新型バモスはあるのか?

ホンダN-BOXはもっとも売れている軽自動車で、最近モデルチェンジが行われさらに販売が伸びてゆくことが予想されます。 今や軽自動車でスライドドアは当たり前の時代。背の高い箱型の軽自動車が主流となってい …

【三菱】ランエボ復活!?新デザインのスポーツセダン現る

三菱自動車を代表するスポーツセダンで、惜しまれつつ生産終了となったランサーエボリューションの「新型」が製作されました。 一体どういうことなのでしょうか。 目次1 現実。2 今後の動きに期待 現実。 ( …

【国内】マイナーSUV対決「RVR vs SX-4」

近年のSUV人気はとどまるところを知りません。 各社力を入れて開発に取り組んでいますが、いまいちパッとせず存在感の薄いモデルがいるのも事実です。 そこで、個人的に選ぶマイナーSUVである「三菱RVR」 …

【冬到来】車のガラス凍結を除去する方法!

そろそろ冬支度をしたいところですが、スタッドレスタイヤには履き換えましたか?本格的な冬が来る前に備えておきたいことは山ほどありますが、早朝いざ車に乗ろうとすると直面するのがフロントガラスの氷結です。 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク