クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 自動車

【2019】RJCカーオブザイヤーが決定!

投稿日:

Pocket

日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2019年次 RJC カーオブザイヤー」が決定しました!

受賞車は

11月13日、栃木県茂木町の「ツインリンクもてぎ」で2019年度RJCカーオブザイヤーの最終試乗と公開開票が行われ、その結果、三菱自動車工業のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」が受賞となりました。三菱自動車がRJC カーオブザイヤーを受賞するのは、2007年次の軽自動車「i」以来実に12年ぶりとなります。

受賞理由は?

「スタイリッシュなクーペスタイルのコンパクトSUVというだけではなく、三菱自動車独自の電子制御4輪駆動技術『S-AWC』により、高い走破性、操縦安定性を確保。新開発1.5リッター直噴ターボエンジン+8速スポーツモード付CVTは、中低速トルクを向上させることで、活発な走行性能を実現した」

選考は各会員が投じる6、5、4、3、2、1点の合計によって決まります。ベスト6に選出された6台の獲得点数は以下の通りです。(スバル フォレスターは一連の不正問題を受け選考を辞退)

順位 車名 得点
1 三菱 エクリプスクロス 253
2 日産 セレナe-Power 175
3 ホンダ クラリティPHEV 163
4 ホンダ CR-V 145
5 マツダ CX-8 144

出典:http://www.npo-rjc.jp/commendation/coty_2019.php

エクリプスクロスが圧倒的な差をつけ最高点を獲得しています。販売台数こそ今一つな印象を受けますが、とことん走行性能にこだわったSUVという点が評価されています。

ちなみに三菱 エクリプスクロスは「日本カーオブザイヤー」のベスト10にもノミネートされています。2冠となれば注目間違いなしですが、こちらの最終選考は12月7日を待ちましょう。

【2018-2019】日本カーオブザイヤー ベスト10が発表!

また、理事会が推薦した車等の賛否を問い、過半数の賛成によって決定される「2019年次 RJC カーオブザイヤー 特別賞」には、ホンダ「N-VAN(エヌバン)」が受賞しました。ホンダは2018年次 RJC テクノロジーオブザイヤーを獲得した「N-BOX(エヌボックス)」に続き、Nシリーズとしては2年連続の受賞となります。

スバルのSUV「フォレスター」も候補だったのですが、一連の品質不正を受け、選考対象となることを辞退しています。もう一つの「日本カーオブザイヤー」でもノミネートを辞退しており、スバルにとって非常に残念な状態が続いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【比較】ホンダ「N-BOX」と「バモス」 どう違う? 新型バモスはあるのか?

ホンダN-BOXはもっとも売れている軽自動車で、最近モデルチェンジが行われさらに販売が伸びてゆくことが予想されます。 今や軽自動車でスライドドアは当たり前の時代。背の高い箱型の軽自動車が主流となってい …

【法律】トヨタ社長「車の税金高すぎ」

日本自動車工業会 会長であり、トヨタ自動車社長の豊田章男氏は、日本の自動車にかかる税金について「高すぎるので国際基準にする必要がある」との認識を示しました。 国内トップの自動車メーカー社長のこの言葉は …

【新型カムリ】セダン離れは本当か?セダン販売台数分析

トヨタは2017年7月10日、今年1月のデトロイトモーターショーで世界初披露したミッドサイズセダンの新型「カムリ」を日本で発売しました。 出展:toyota.jp 月販目標台数は2400台とのことです …

【ランク】「最高」な高級車トップ10

高級車と一言にいってもその数は多く、近年は「プレミアム」という言葉まで出てきています。ですが本物の高級車はそれぞれに誇るべき伝統と功績を持ち合わせています。つまり「間違いなく高級車である高級車」たちで …

【ホンダ】シビックTypeRのレゴが完成!

ホンダ オーストラリアはレゴで作製した「シビック タイプR」を公開しました。 実車を忠実に再現した作品をご覧ください。 シビックタイプRのレゴが完成 (和訳) レゴで実物大の車を作ることは、ニュルブル …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク