クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【法律】トヨタ社長「車の税金高すぎ」

投稿日:

Pocket

日本自動車工業会 会長であり、トヨタ自動車社長の豊田章男氏は、日本の自動車にかかる税金について「高すぎるので国際基準にする必要がある」との認識を示しました。

国内トップの自動車メーカー社長のこの言葉は、今後政府にも響いてくるのでしょうか。

車保有のコストを国際基準に

業界団体の「日本自動車工業会」の豊田章男会長が、車にかかる税金について「日本は高すぎるので国際基準にする必要がある」との認識を示しました。

「消費税増税に伴い、重量税がどうなるのか、我々自動車ユーザー側から見ると、ニ重に取られていると思う」(日本自動車工業会 豊田章男 会長)

豊田会長は18日に行われた会見で、車の所有者数が低迷していることについて、「世界と比べると日本は保有コストが高すぎる」と指摘。その上で、「国際基準にする必要がある」と述べ、所有しやすい環境作りを進める考えを示しました。

また、2年ごとに開催している東京モーターショーについては「何でもやっていこうという機運が高まっている」として、活性化に向けて取り組みを強化していく考えを示しました。

出展:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3373046.html

掲載元へ➔

アメリカの24.4倍、ドイツの2.2倍

日本の自動車税は世界的に突出して高いと言われており、アメリカは極端に自動車税が低く、ある試算によれば、日本の自動車税はアメリカの約24.4倍、ドイツと比べても2.2倍とも言われます。

さらに新車新規登録から13年(ディーゼル車は11年)を経過したクルマに対しては、自動車重量税と自動車税・軽自動車税が10%から15%への重課割合が変更されるなど、とにかく古い車に厳しいのです。

ドイツやイギリスでは、古いモデルや文化遺産的なクルマには優遇税制が存在し、ドイツでは、30年以上前のモデルで、オリジナルの状態を保っていることが認められると工業製品文化遺産に認定され、自動車税は約1万8000円。イギリスでは、1974年1月以前に製造された自動車は課税対象外となっています。

車は高くなるのに

若者の自動車離れといいますが、そもそも自動車自体の価格が上昇しているのも、その大きな一因だと思います。安全先進装備を満載にすれば、軽自動車でも200万円を超える時代です。

それら価格をつり上げる要素もいずれは全て搭載が義務化されることでしょう。やっと買えたとしてもこの税金では、若者には厳しいのが現状です。

カーメーカーも「今なら税金3年保証!」というようなキャンペーンをする時代が来るのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世界初】今では当たりまえの装備たち。その先駆けは?

自動車は常に進化し続けており、次々と新しい技術が搭載されてゆきます。パワートレインから安全装備など様々ですが、今では当たり前の装備も、もちろん初登場の時期があったわけです。 というわけで、今では当たり …

【スバル】完成検査調査 公表は今期中か。書換不正の影響は限定的

スバルが、一部の完成検査員が燃費試験の計測値に変更行為があったと回答した自動車の生産での燃費データ書き換えの可能性を調査している問題について進展があったようです。詳しく見てみましょう。 目次1 そんな …

バーンアウトパラダイスがリマスターで帰ってくる!発売は3月16日

バーンアウトといえばレースゲームでありながら、意図的に事故を起こしライバルを破壊しながらゴールを目指すという元祖破壊系レースゲームとも言える異色のシリーズです。 そのバーンアウトがリマスターされてPS …

【新車】リトラクタブルライトが復活!? 謎のスーパーカー現る

ランボルギーニ ウラカンをベースに製作された「プロジェクト パンサー コンセプト」のテスト画像が公開されました。 かつての名車デトマソ パンテーラを現代風にしたような見た目に加え、何といってもリトラク …

【事故】自動ブレーキ作動せず 2017年では72件

自動ブレーキの装備は当たり前になりつつまりますが、あくまでドライバーのアシストをするものであって、完璧ではありません。 そうした自動ブレーキが十分に作動せず、事故に至ったケースが多くあるようです。 目 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク