クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【三菱】e-エボリューションとは?三菱の今後について!

投稿日:

Pocket

三菱自動車は、10月25日~11月5日に東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」でe-エボリューション コンセプト(e-EVOLUTION CONCEPT)を世界初披露すると発表しました。

本記事ではそれらを踏まえて今後の流れを予想してみます。あくまで個人の予想・思いですので、ご了承ください。

e-エボリューション コンセプト

出展:response.jp

e-エボリューションコンセプトは、三菱自動車の新たな成長と発展、そしてこれからのクルマづくりの方向性を示すクロスオーバーSUVタイプの高性能EVとなります。ネーミングの由来は、三菱自動車独自のEVの進化形(EVOLUTION)という意味が込められています。

このコンセプトモデルは、三菱が得意とするEV技術や四輪制御技術を基本としたSUVノウハウを一層進化させると同時に、新たにAI技術を搭載することで乗る人の行動意欲を駆り立てるモデルとなっています。

現在公開されているのはこの画像のみですが、更なる情報が期待されます。

クーペスタイルSUVか?

そのスタイリングからも、屋根の低いシャープなクーペスタイルが予想されます。トヨタのCH-Rのような種類のSUVと考えれば分かりやすいかと思います。

しかしこの類のSUVはスタイリングを重視するあまり、後部座席が窮屈であったり、天井が低く後方視界性にも問題がある場合があります。そういった使いやすさを犠牲にしても購買意欲をそそるようなものに出来上がるかが課題です。

三菱はコンセプトばっかり?

三菱自動車は一連の燃費偽装問題や日産とのアライアンスなどで新車発売どころではなく、2016年には一部車種のマイナーチェンジに留まり、2017年の今に至るまで新車の発売はありません。

コンセプトの話ばかりが聞こえてきますが、実際売るつもりはあるのでしょうか?

MITSUBISHI GT-PHEV Concept     出展:mitsubishi-motors.co.jp

そんな中、現時点で最も発売の可能性が高いのがエクリプスクロス」です。

三菱エクリプスクロス

2017年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーにおいて、三菱は新型クーペSUV「エクリプス クロス」を世界初公開しています。

出展:mitsubishi-motors.co.jp

名前の由来は、かつて三菱自動車が販売していたスポーツカー「エクリプス」とクロスーバーを意味する「クロス」を組み合わせたものです。

電子制御4WDのコンパクトSUVで、詳細な内容は明らかではありませんがメーカーホームページよりその先行公開情報を確認することができます。

出展:mitsubishi-motors.co.jp

日産自動車傘下入り初となる三菱ブランドの最新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」は2017年10月に開催される東京モーターショーに市販モデルを発表する予定で、日本発売は2017年12月といわれています。

その場合、このエクリプスクロスが久しぶりの三菱の新車となるでしょう。

とするとライバルはやはりトヨタのCH-Rとなります。2017年8月度の新車販売台数では、CH-Rは5,074台と2位のヴェゼルに500台以上の差をつけてSUVトップの売り上げを誇っています。

【2017】8月度新車販売台数分析 注目のカムリはどうなった?

このエクリプスクロスがCH-Rに勝つということは、街で見かけるCH-Rがエクリプスクロスに置き換わるようなイメージとなります。うーむ、難しいぞ。

三菱のEV技術とは?

電気自動車と聞くと日産やテスラのイメージが強いかと思います。ですが電気自動車を初めて量産したのは三菱だって知ってました?

i-MiEV(アイ・ミーブ)は、三菱自動車が2009年6月4日に量産製造を開始した電気自動車です。大きな蓄電量を持つリチウムイオン二次電池を用いた世界初の量産電気自動車で、プジョーやシトロエンにもOEM供給されています。

出展:wikipedia.org

ベース車の「i」は2013年9月に製造・販売を終了していますが、i-MiEVはEV専用車として販売に力を入れていくとしています。

価格は2,273,400円~とお高めで、航続距離は「M」グレードが120km、「X」グレードが172kmと、決して文句なしの電気自動車ではありません。しかし通勤用や近場で使うセカンドカーなど、賢く使えばその恩恵を大きく受けることができるのも確かです。

ですが今回公開された「e-エボリューション」がまさかこの程度ではないはずです。日産自動車はリーフで培った実用的な電気自動車製造技術と、様々な先進装備技術を所有しています。それらが三菱のテイストとともに盛り込まれるとすると、日本をリードする電気自動車になることもありえます。

【新型】日産リーフ ドアパネルは流用?フルモデルチェンジでどう変わる

今後の三菱自動車について

しかしやはりi-MiEVの販売数は低迷しており、普通であれば販売を中止してもおかしくありません。ですが三菱自動車としては未来の自動車である「電気自動車」の販売を終了することは、まさしく「自動車会社としておしまい」だと感じているのかもしれません。そういった意味でも販売を継続しており、電気自動車の開発に力を入れているのです。

このe-エボリューションコンセプトは、そういった三菱が進むべき未来への意思表示なのかもしれません。

そういえば、前回の東京モーターショーで三菱ブースに行った時、コンセプトカーのパフォーマンスで「SUVと電気の力で一歩先へ!」とパフォーマーが言っていたのを思い出しました。あの頃はまさか将来、再度燃費偽装が発覚することも、日産の傘下になることも誰も知りはしなかったんだなと思うと、なんだかな~って感じです。

電気自動車がどうこう言い始めてから三菱はおかしくなっていったと、個人的には感じていますので、世の中の流れとはいえ「三菱らしさ」を決して忘れてはならないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2019】RJCカーオブザイヤーが決定!

日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2019年次 RJC カーオブザイヤー」が決定しました! 目次1 受賞車は2 受賞理由は? 受賞車は 11月13日、栃木県茂木町の「ツインリンク …

【スバル】レガシィ国内生産終了!販売も終了か?!

スバルを代表するセダン「レガシィB4」が、国内での生産を終了するようです。しかも国内販売を継続するかは”検討中”とのこと。 レガシィ消滅の可能性がでてきています。 目次1 セダ …

【海外】オービスの撮影 ハトが邪魔をする。

高速道路ではおなじみ「オービス」ですが、海外でも同じように設置されています。高性能なカメラで撮影されるので、いくらスピードを出していようがはっきりと運転者の顔が分かってしまいます。 しかしその顔を”隠 …

【海外】いすゞD-MAX 間もなく登場

いすゞが製造、販売するピックアップトラック「D-MAX」がモデルチェンジするようです。 目次1 新型D-MAXがタイで公開予定 オーストラリアには1年以内に販売か1.1 マツダBT-50はどうなる? …

あのイセッタがEVで帰ってくる?発売は今年夏か。

知る人ぞ知る名車「イソ:イセッタ」がEVとして帰ってきます! 欧州で活躍する電動マイクロカーですが、その種類は様々です。しかしレトロさを残したおしゃれなデザインを持つものはそう多くありません。スイスの …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク