クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 日産 海外 自動車

【日産】イタルデザインがGTRをデザイン!その名もGTR50

投稿日:2018年6月30日 更新日:

Pocket

日産の「GTR」バッジ誕生50周年を記念して、イタルデザインがGTRのプロトタイプを公開しています。その名も「GTR50」です。今回公開されたのはCGですが、実車も公開される予定です。

GT-R50

今年は日産の有名なGT-Rバッジの50周年を迎える年であり、日本のメーカーはこの機会を逃したくないと考えています。 運が良ければ、デザインスタジオ「イタルデザイン」も2018年に50歳の誕生日を迎えます。そのため一石二鳥のこの素晴らしいコラボレーションに至りました。

GTR50と呼ばれるこのプロトタイプは、GTRニスモをベースに作られました。ボディは根本から改造され、最も顕著な変化としては中央を低く、そして両端を高くし54mm低くなったルーフラインです。日産は「屋根のプロファイルに筋肉質な外観を与えることができた」と述べています。

後部は華麗に、そして過剰なホイールアーチのフレアが形成され、象徴的なGTRテールライトは、まるで「浮いている」ように完全に再設計されました。 仕上げのタッチは巨大な調整可能なウイングです。 ウイングの裏側は、車の残りの部分と同じように、金色で仕上げられています。

改良された外装に見合うように、GTRニスモの内面にも手が加わりました。3.8リッターV6には、GT3マシンから失敬した大型ターボチャージャー、より大きなインタークーラー、より強力なピストン、コンロッド、ベアリング、クランクシャフト、さらには羽根付きの燃料噴射システムが含まれています。これらがもたらすパワーは710馬力に達します。

ダブルクラッチトランスミッション、デフとドライブシャフトはより強化されています。改造されたサスペンション設定として、ビルシュタインのダンプトロニックの適応ダンパーが装備され、フロント6点/リア4点のブレンボのキャリパーを装備しています。それらはもちろん赤色です。

キャビンはカーボンファイバー、アルカンターラ、レザーといったリベラルな材料を使用し、カーボンを注入したハンドルや、随所に金のタッチを見ることができます。

問題は、日産やイタルデザインがこれを限定生産するのか、それともこの一台のプロトタイプで終わるのかどうかです。

出展:www.carthrottle.com

出展元へ➔

<関連記事>追加2018.7.16

【日産】GTR-50が50台限定生産へ!1億円超えか

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 日産, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そこが光るんかい!変な位置のブレーキライトは何故?

唐突ですが、ブレーキライトの位置が変な車を見たことはありませんか? ブレーキを踏むと光るはずのところが光らないのには、実はもっともな理由があるのです。本記事でその謎が少しでも解消できればと思います。 …

【トレンド】今より鋭い?元祖ツリ目の車たち

自動車のデザインは日々進化しています。 近年はその流れによってヘッドライトがボディラインに沿って細長くなり、族に言う「ツリ目」のような造形が一般的になっています。 しかしヘッドライトをつり上げるデザイ …

【スバル】アメリカで車両交換のリコール ガラスの溶接不良

スバルはアメリカでリコールを発表しました。 フロントガラスの溶接不良が理由ですが、対象台数、販売期間等を考慮し、改修ではなく車両の交換を実施しています。 2,107台フロントガラスの溶接不良 (和約) …

【比較】ホンダ「N-BOX」と「バモス」 どう違う? 新型バモスはあるのか?

ホンダN-BOXはもっとも売れている軽自動車で、最近モデルチェンジが行われさらに販売が伸びてゆくことが予想されます。 今や軽自動車でスライドドアは当たり前の時代。背の高い箱型の軽自動車が主流となってい …

【事故動画+情報】Weekly Crash Time 3 with最新ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの普及によって数多くの事故動画がインターネット上にアップされています。 それらは証拠映像になるのはもちろんのこと、私たちに多くの教訓を与えてくれます。 日曜日に送る厳選された事故動画 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク