クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

トヨタ 情報 自動車

【日本車】市販されたコンセプトカーたち  トヨタ編

投稿日:

Pocket

第45回東京モーターショーは終了しました。

気になるコンセプトカーが目白押しでしたが、実際に販売されるであろう車種には限りがあります。

そんな中、過去に発表されたコンセプトカーのうち、市販されたまたは市販車のモデルとなった車種をいくつかご紹介致します。

トヨタ

Priusコンセプト -1995

1993年、トヨタ社内では「21世紀のクルマ」に関する議論の高まりを契機に、プリウスにつながる開発が動き始めました。同年、技術開発の推進体として「G21プロジェクト」が発足し、内山田竹志主査を中心に、21世紀をリードする画期的な燃費向上への取り組みがスタートました。

技術担当の和田明広副社長からは、「燃費2倍」という高い目標値がトップダウンによって示され、1994年夏、G21のコンセプトが承認されたものの、この時点ではハイブリッドは考慮されていませんでした。1995年秋のモーターショーにコンセプトカーを出すことになり、このモデルには燃費2倍達成の見通しが立つハイブリッドの採用を決定したのです。

しかし、モーターショー用の車両を開発し始めた1994年の秋から冬にかけて市販車もハイブリッドでいくという方針が決定され、同プロジェクトはエンジン改良主体ではなく、ハイブリッドシステムの採用へと転換していきました。その成果として、1995年秋には蓄電装置にキャパシタを採用した試作モデルが完成し、東京モーターショーに出品されました。

➔初代プリウス:1997年発売開始

MRSコンセプト -1997

1995年に MR-Sの原型となるMR-Jという4人乗りのコンセプトカーがモーターショーで発表されました。その2年後の1997年に発表されたのがこのMR-Sコンセプトです。1800ccミドシップ 2シーターのオープンカーであり、ほぼこのままの姿でMR-2の後継車としてデビューしました。

➔初代MR-S:1999年発売開始

Funtimeコンセプト -1997

1997年の東京モーターショーで参考出品されたコンセプトモデルの「ファンタイム」は、後にヴィッツ(ヤリス)としての1999年に発売されています。日本ではトヨタのボトムレンジを担うスターレットと、ターセル/コルサ/カローラ2三兄弟の後継車種としてデビューしました。

本格的に欧州市場を主戦場とするモデルとして開発されたヴィッツは、欧州車のような合理性と使い勝手の良さからたちまち人気となり、日本のコンパクトカーのレベルを底上げした一台となりました。

➔初代ヴィッツ:1999年発売開始

Funcargoコンセプト -1997

「ファンタイム」同様、1997年の東京モーターショーで参考出品されたコンセプトモデルの「ファンカーゴ」は、後にファンカーゴとしての1999年に発売されています。

➔ファンカーゴ:1999年発売開始

DMTコンセプト -2001

Dual Mode Traveler(デュアル・モード・トラベラー)、略してDMT。クルマという限られた空間のなかで考え得るライフスタイルを大胆に提案するコンセプトカーです。

「移動」は、より快適にドライブできる高いアイポイント、そして空を近く感じれる大開放のサンルーフ(ラメラルーフ)がゆったりとしたドライビングプレジャーを提供します。また、ミニバンスタイルならではの広々とした空間で「滞在」するということでは、趣味に没頭するもよし、誰にも邪魔されずにインターネットで世界中を行き来するもよし。自分だけのよりパーソナルなスペースを自由にコーディネイトできるよう、フラットで箱形に効率良く設計されています。

このデザインコンセプトは後のハイエース200系に活かされています。

➔5代目H200系ハイエース:2004年発売開始

トヨタNSLVコンセプト -2003

助手席側大開口ワイヤレス電動スライドドア、超低床フラット&ワイドフロアを特長とし、シンプルかつ機能的な新しいクルマのユーティリティを提案する新コンセプト2BOXです。

助手席側の大開口ワイヤレス電動スライドドアは、ユニバーサルデザインを念頭に、フロア地上高300mmの低床とするとともにロッカー段差をなくし、人はもとより、傘をさしたまま、あるいは手荷物を携えての乗り降りにも優れた乗降性を実現しています。フラットでワイドなフロアと多彩なシートアレンジにより、様々な使い方を可能とする居住性を確保し、エクステリアはソリッドで塊感のある低重心ボディとガラス面積の広いアーチ型キャビンにより、日常性を重視しつつ、近未来感を表現しています。インテリアは、ミニバンを凌ぐ1,400mmの室内高を確保し、2色のファブリックで室内全体を覆い、リビング感覚のモダンな室内を演出しています。

後のポルテとなるコンセプトカーです。

➔初代ポルテ:2004年発売開始

トヨタFCクルーザーコンセプト -2003

トヨタデザイン本部主幹 小川洋のデザイン。デザインを行うに当たって、アメリカでも人気のあったランクル40のイメージを踏襲したと語っています。

しかし、その単なる焼き直しでノスタルジックなレトロ調を意識して作ったわけではなく、現在の価値観でSUVを見直すというスタンスでした。

➔FJクルーザー:2006年(北米)、2010年(日本)発売開始

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-トヨタ, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【国内】日産マーチVS三菱ミラージュ どちらが”マシ”?

最近は新興国向けに開発された車をテコ入れし、日本に持ち込むケースが多くあります。新興国の海外工場での組み立てに抵抗があるのか、たいていの場合国内では失敗しています。その代表とも入れるのが日産自動車の「 …

【ランドローバー】新型ディフェンダー 間もなくデビュー

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 情報によると、初公開はフランクフルトモーターシ …

【新車】ハスラー1000cc!スズキのSUV戦略とは?

スズキに関しては新型ジムニーの話題で持ち切りですが、軽自動車「ハスラー」の第2弾として新たな小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する計画であると判明しました。 本記事ではその内容について出来る限り …

【海外】78歳の男、スーパーカーを買う。

高齢ドライバーの事故が後を絶たない日本ですが、海外にはスーパーカーを買ってしまうような高齢者もいるようです。 一つの場合を見てみましょう。 78歳の男、マクラーレ 720S スパイダーを買う (和約) …

【スバル】完成検査調査 公表は今期中か。書換不正の影響は限定的

スバルが、一部の完成検査員が燃費試験の計測値に変更行為があったと回答した自動車の生産での燃費データ書き換えの可能性を調査している問題について進展があったようです。詳しく見てみましょう。 目次1 そんな …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
スポンサーリンク