クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【2018-2019】日本カーオブザイヤー ベスト10が発表!

投稿日:2018年11月7日 更新日:

Pocket

2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車を対象として選別される今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のベスト10車種が発表されました。

ついでに、もし受賞したらメーカーとして何年ぶりになるのかも合わせてご覧ください。

ベスト10

・スバル フォレスター・・・2017年ぶり(インプレッサ)

・トヨタ カローラ スポーツ・・・2010年ぶり(プリウス)

・トヨタ クラウン・・・2010年ぶり(プリウス)

・ホンダ クラリティ PHEV・・・2011年ぶり(CR-Z)

・マツダ CX-8・・・2016年ぶり(ロードスター)

・ミツビシ エクリプス クロス・・・1997年ぶり(ギャラン/レグナム)

・アルファロメオ ステルヴィオ・・・初

・BMW X2・・・初

・ボルボ XC40・・・2018年ぶり(CX90)

・フォルクスワーゲン ポロ・・・2014年ぶり(ゴルフ)

気になるあの車は?

発売前から大人気の「スズキ ジムニー」ですが、なぜか辞退したとのこと。まあこのカーオブザイヤーが獲れても獲れなくてもジムニーには関係ないかと思います。

ノミネートにはスバルのフォレスターも含まれますが、最近のリコール問題が終息する気配もないので受賞はまずないでしょう。また、去年はボルボCX-90が受賞していますので、今年もボルボということはおそらくないかと。トヨタは意外と3代目プリウス以降受賞がありません

残りはパッとしませんので、カローラスポーツCX-8が受賞する可能性が高いと思います。それかまさかのエクリプスクロスでしょうか?

最終選考は12月7日です。

 

<追加記事2018.11.9>

11月9日、日本カーオブザイヤー実行委員会は、株式会社SUBARUが「スバル フォレスター」の10ベストカーの受賞を辞退することを発表しました。

辞退の理由としては「当社群馬製作所における完成検査に関わる不適切事案」のためであり、その結果今年の日本カーオブザイヤーはフォレスターを除いた9台によって争われることになります。

最初から辞退しときなさいよ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【三菱】新型デリカのCMが開始!オトナの冒険

その現実離れしたデザインが賛否両論を巻き起こしている新型デリカですが、テレビCMが公開されました。 オフロードミニバンという唯一無二の個性は、はたしてアピールされているのでしょうか。 オトナの冒険が、 …

【2018】9月度新車販売台数分析

2018年9月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 目次1 乗用車ブランド通称名別順位1.1 メーカー …

【2018-2019】日本カーオブザイヤーが決定!

12月7日、第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が東京ビッグサイトにて実施され、「ボルボ XC40」が日本カーオブザイヤーに選ばれました。 目次1 受賞理由2 2年連続 …

【ホンダ】CR-V 先行情報が公開!

ホンダは、2018年夏に発売を予定している新型SUV「CR-V」に関する情報を、特設ホームページで先行公開しました。現時点での情報をお伝えします。 目次1  ラインアップ1.1 3列・7人乗りも設定1 …

【イベント】東京オートサロン2019へ行ってきた!ジムニーの存在感と感想

2019年1月11日から13日にかけて開催されている「東京オートサロン2019」に行ってきました。 私クースキー、東京モーターショーはよく行くのですが、このオートサロンには今まで行ったことがありません …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク