クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 自動車

【三菱】ピックアップオブザイヤー2018獲得!

投稿日:

Pocket

イギリスの有力カーメディア「Auto Express」が選ぶ、2018年度ピックアップトラックオブザイヤーに、三菱自動車のL200/トライトンが選ばれました。

これで4年連続の受賞となります。一体何が評価されているのでしょうか。

三菱L200 2018 AutoExpress ピックアップオブザイヤーに

三菱L200が、ピックアップカテゴリーにおけるメルセデスSクラスに変わろうとしています。なぜなら、この賞を受賞するのが4年連続だからです。L200のように堅牢な汎用性、キットと価値のバランスが取れたライバルは存在しません。

最も実用的なシングルとクラブキャブのバージョンを提供していますが、ダブルキャブは作業車を必要とするビジネスユーザーや、週末に家族を運ぶためのモデルです。 Warrior、Barbarian、または限定版のBarbarian SVP IIバージョンの現金で入手できるキットを見ると、トップスペックのSUVが仕掛けた罠に気がつくことでしょう。

エンジンには強力な2.4Lターボディーゼルが搭載され、積載能力はダブルキャブとしては印象的な1,050kg。さらに3.5トンのトレーラーをけん引する能力があります。三菱自動車のスーパーセレクト4WDシステムを採用することで、回転式のコントローラーで後輪駆動または低速ギアと合わせた四輪駆動車の切り替えが可能です。L200は、ほとんどの購入者が今まで必要と思われる以上の能力を持ちます。

もし積載能力にこだわらないのであれば、L200はリーズナブルで洗練されたピックアップと言えます。重い荷物を荷台に乗せても乗り心地は落ち着いていますが、かといって空荷の状態でもリアのバウンドが気になりません。これはピックアップトラックが、従来のSUVを超えて考慮される価値のある部分です。荷台カバーを搭載すれば広大な荷室が現れます。

L200のようなピックアップの本当の魅力は、適格な価格による有利な特典です。軽商用車として分類されているので、支払う税金は定額です。そのため購入者はSUVではなく、スーパーミニに似た税金を支払うだけでよいのです。

出展:www.autoexpress.co.uk

出展元へ➔

日本での発売は?

日本国内での販売が無いL200/トライトンですが、海外では主力車種の一つです。なかでもイギリスは販売の多い地域のひとつであり、こうした地域で4年連続受賞されることには重要な意味があります。

日本ではトヨタがハイラックスを2017年9月12日から発売していますが、売れ行きはやはりいま一つのようです。使い勝手が悪く、日本になじみのないピックアップトラックに300万円を出せるモノ好きがいないのも事実でしょう。

ピックアップブームが来ない以上、L200においても日本での発売はないと思われます。しかしこうしたところで名声を獲得し、国内販売の回復につながることを期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コンフォートか? JPNタクシーとは?

  目次1 タクシーといえば2 次世代タクシー3 パワートレーンも一新4 Toyota Safety Sense C を装備5 価格は?6 今後の日本のタクシーについて タクシーといえば 日 …

【ホンダ】アシモ開発終了 アシモよ永遠に。

ホンダが2足歩行ロボット「アシモ」の開発を取りやめていたことがわかりました。今後はアシモで培った技術を元に、より実用的なロボットの開発に注力していくようです。 目次1 ホンダ アシモの開発をとりやめ …

【アストンマーチン】シグネットが430馬力に魔改造!

トヨタiQをベースに作られ、2012年まで販売されていたアストンマーチン「シグネット」がここへきてなぜかチューンナップされました。 顧客の要求に応えて シグネットはアストンマーチンの歴史的に重要ではな …

【理想の車】セダン編

誰しも理想の「車像」があるかと思います。 サイズはこれくらい、デザインはこう、エンジンは・・・等と考えた結果、欲しい車は昔の車だけで、最近の車には魅力を感じないという人も多いのでは? 今回は私クースキ …

【豆知識】「R」にしたら音が鳴るのは日本だけ?

オートマチック車でバックするためにギアを「R」にすると、音が鳴りますよね。でも実はこの音、日本車特有のものなのです。 目次1 日本でも装着義務はない2 なぜ付いている?3 動画で紹介も 日本でも装着義 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク