クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

ゲーム 動画 情報

クラッシュバンディクー最新作!8/3日本発売!

投稿日:

Pocket

あのクラッシュ君が帰ってくる!

2017年8月3日、PS4で『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の発売が発売が決定しております。(海外名Crash Bandicoot N. Sane Trilogy

日本でクラッシュバンディクーの新作が発売されるのは、2006年7月20日に発売された『クラッシュ・バンディクー フェスティバル』以来11年ぶりとなります。

出展:jp.playstation.com

リマスタータイトル

『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』では、その名の通り、初代PlayStationで発売されたナンバリングタイトル3作品(クラッシュバンディクー1、2、3)をリマスターして1本に収録したものとなります。

クラッシュバンディクー -1996年12月6日発売
クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲! ー1997年12月18日発売
クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周 -1998年12月17日発売

以上の3作品がリマスターされて帰ってきます!
リマスターされるのは海外版をベースにしているため、一部の音源や内容は違っているようです。

ゲーム説明

プレイしたことがある方もそうでない方も、今回リメイクされるクラッシュバンディクータイトルを確認しておきましょう。

クラッシュ・バンディクー
1996年に登場し、ミリオンセラーを記録した「クラッシュ・バンディクー」シリーズ第1弾。宇宙初の奥スクロールアクションゲームで、飛び出すアクションを存分に体験できます。30を越えるステージを駆け回り、Dr.コルテックスの野望を阻止しよう!

クラッシュ・バンディクー2 〜コルテックスの逆襲!〜
グレイトになって帰ってきた、シリーズ第2弾。バラエティに富んだ30以上のステージに加えて、前作から10数倍にも及ぶ新アクションや、新しくなった乗り物の登場で、クラッシュも大満足! 「宇宙一のモテモテくん」を目指し、新たな大冒険が始まります。

クラッシュ・バンディクー3 〜ブッとび!世界一周〜
シリーズ第3弾は通常のアクションだけでなく、多彩な乗り物で世界中を駆け巡る! 虎や恐竜の子ども、バイク、プロペラにジェットスキーなどを乗りこなし、さまざまなステージで大活躍。新たな乗り物の追加や全ステージタイムアタックシステムの導入で爽快感がアップし、ますます”ブッとび”状態に! これをやらなきゃ「クラッシュ・バンディクー」は語れません!

出展:jp.playstation.com

購入予約

2017年6月6日(火)~8月2日(水)23:59[日本時間]まで、全国のPlayStation®取扱店、およびPlayStation™Storeにて予約受付をしています。
8月17日(木)23:59までに購入すると、
「海外版『CRASH BANDICOOT N’SANE TRILOGY』PS4®用テーマ」が特典として付属されるようです!

出展:jp.playstation.com

PV

トレーラー映像は6月5日に公開されています。

▶「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」 デビュートレーラー:PlayStation japan

PVを見た感じでは、そうとう忠実に再現されていますね!
リマスターなのでそうでないと困るんですが、こんなの「クラッシュくんじゃない!」とはならないかと思います!

また、リマスター版ではゲームを進めると「クラッシュ」の妹「ココ」でも遊べるようになったり、ステージクリア後にセーブできる機能や、タイムアタック機能が搭載されているようです!

確かにクラッシュバンディクー3では、ステージによってココを操作することがありましたし、セーブはいつでも可能でした。またタイムアタックでトロフィーを獲得することも100%クリアに欠かせない条件でした。3つのタイトルが収録されたこの「ブッとび3段もり!」では、どういう扱いとなっているのか気になるところです。

 

私クースキーも、クラッシュくんはモロ世代なので子供時代のすべての思い出が詰まっています。リマスターが発表される前、ちょうど中古でPS1と1,2,3のソフトをそろえて、再度懐かしみながらプレイしたばかりですよ!記憶を蘇らせた今、まさにうってつけではありませんか!これは神の導きでしょうかw

海外では既に発売となっていますので、動画を探せば色々出てきてしまいます。
ここはグッとこらえて日本発売を待ちましょう!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ゲーム, 動画, 情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【国内】最新自動車メーカー格付けランキング2017

金融商品または企業・政府などの信用状態に関する評価を簡単な記号または数字で表示した等級を「信用格付(しんようかくづけ)」といいます。 日本では金融庁に登録を受けた格付会社が格付けを行っており、信用格付 …

【2018】1月度新車販売台数分析 CX-8/クロスビーやいかに?

2018年1月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 【今月の注目ポイント】 マツダCX-8、スズキクロ …

【Uber】淡路島で本格進出第1弾!これはUberなのか?

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリであり、その展開は世界70カ国・地域の450都市に上ります。 そんなUber …

【事故】自動ブレーキ作動せず 2017年では72件

自動ブレーキの装備は当たり前になりつつまりますが、あくまでドライバーのアシストをするものであって、完璧ではありません。 そうした自動ブレーキが十分に作動せず、事故に至ったケースが多くあるようです。 目 …

世界のリーダーにふさわしい車5選

世界のリーダーになるためにはとてつもなく巨大な力が必要ですが、あなたにもチャンスはあるはずです。 そのため、全ての可能性から身を守るための車が必要となります。そんな世界のリーダーが乗るにふさわしい武装 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク