クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【ロシア】ラーダ ニーヴァの後継か?謎のコンセプトカー

投稿日:

Pocket

ロシアの自動車メーカー アフトヴァースが製造・販売を行っている自動車ブランドのラーダが公開したコンセプトカーが話題となっています。

1976年にデビューし、現在も生産される伝説的オフローダー「ニーヴァ」の後継ではないかと噂されているのです。

ラーダ 4×4ビジョンコンセプト

【和訳】

ラーダは4輪駆動車のコンセプトカーをモスクワオートショーにて公開しました。デザイナーによると、1976年にデビューしたラーダ ニーヴァ4×4にインスパイアされているということで、確かにフロントエンドにはボンネットに取り付けられたライトがクラシックなニーヴァの雰囲気を感じさせます。しかしこの4×4ビジョンコンセプトSUVは全く新しい「動物」といえます。

圧倒的な存在感を醸し出す「X」シンボルのデザイン要素。それはグリル、LEDヘッドライト、全体のプロファイルにも見ることができます。このコンセプトは観音開きのドアを備え、キャビンには4席のシート(前2席、後ろ2席)が設けられています。さらに21インチのタイヤが特徴的です。

ラーダ曰く、このコンセプトは他のメーカーと共有されず内製されたユニークなプラットフォームを持っています。しかし新型のラーダ製4×4はダチア ダスターとそのプラットフォームを共有するのではという噂です。

ダチア ダスター

ラーダはパワートレインに関する詳細を明らかにしていませんが、このファンシーなコンセプトインテリアはハンドルのクルーズコントロールやインフォメーションシステムのコントロールボタンからも、とても現代的に見えます。

このコンセプトがラーダの4×4として生産モデルになるとしたら、「ニーヴァ」の名が付けられるのでしょうか?我々はそれを望みますが、それはおそらく実現しないでしょう。それでは、いつこのラーダの新型4×4は販売されるのでしょうか?ロシアのディーラーに届くまでには、まだ多くの年月がかかることでしょう。そのためロシア以外の国における販売の詳細な情報は全くありません。

それまでの間、古いラーダ ニーヴァの動画などをユーチューブで見る時間があります。そしてアメリカにも状態のよい中古を輸入できないかと夢見ているのです。

出展:https://www.tflcar.com

出展元へ➔

日本でも買える唯一のロシア車

ロシアの自動車は、環境や安全の規制から日本国内で運転することが基本的にできません。しかしこのニーヴァは規制の厳しいヨーロッパ諸国に輸出されており、日本ではドイツ向けに規制をクリアしたドイツ仕様が輸入可能となっています。

走行性能は本格そのものですが、快適性とは無縁の存在ですので本当にコアなファンしか手を出すべきではない代物となっています。しかしその個性的な見た目からも分かる通り、発売から40年以上たった現在でも愛される続ける唯一無二の車です。

そんな車がモデルチェンジとなれば大ニュースですが、お伝えしたコンセプトを見る限りでは実現にはまだまだ時間がかかると思われます。現行ニーヴァがロシア国内でどれほどの存在なのか定かではありませんが、日本におけるジムニーのようなものとした場合、そのモデルチェンジはキープコンセプトであるべきでしょう。

ロシアは日本の隣国ですので、将来的にロシア車が輸入される日が来てもおもしろいと思います。今後も注目していきたいですね。

<関連記事>

ロシア車に乗りたい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【トヨタ】ハイラックス日本復活!あの問題は解決したのか?

トヨタのハイラックスが2017年9月12日より販売開始となりました。 1997年から2004年まで発売された6代目 (140/150/160/170系)を最後に日本での後継車は販売されておらず、13年 …

【新型】カムリCM 登場車種分析

新型カムリの2017年7月放送開始のCM、「BEAUTIFUL MONSTER 登場」篇ではQueenの「Flash」にのせて、トヨタを代表する名車の映像が流れています。 ▶【カムリ】TVCM BEA …

【三菱】ランエボ復活の前にはランサーが不可欠?

三菱自動車を代表するスポーツカー「ランサーエボリューション」の復活が噂されています。しかしエボが復活するならランサーがないとダメでしょう。 ・・・というわけで作成されたレンダリング画像をご紹介します。 …

【海外】オーストラリア EVの制限速度を引き上げる

各国が環境対応車の販売を促す中、オーストラリア政府は、EVの制限速度を引き上げると発表しました。電気自動車の販売が伸び悩む中、打開策となるでしょうか。 時速20マイルの余裕 (和訳) オーストラリア政 …

【海外】ラングラー?ジープ?いや”マヒンドラ タール”だ!

SUVの人気とともに、本格的なオフロード車も注目され始めています。日本のような舗装がちゃんとしている地域ではさほど必要性はないものの、その動力性能に魅了される人は数多くいます。 そこで、ちょっと変わっ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
スポンサーリンク