クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

トヨタ 情報 海外 自動車

【トヨタ】オーストラリアでハイブリッドの販売台数10万台突破

投稿日:

Pocket

自動車メーカーの不祥事が相次ぐ国内において、抜群の信頼性をもつトヨタですが、販売が好調なオーストラリアにおいて、ハイブリッドカーの累計販売台数が10万台を突破しました。

足掛け20年

(和訳)

トヨタオーストラリアは、オーストラリアでのハイブリッドカー販売が10万台を突破したと発表しました。初代プリウスの発売からおよそ20年となります。

オーストラリアでも最も売れているメーカーでもある日本ブランドによると、今月の新型RAV4ハイブリッドの発売に先立って、このマイルストーンは「4月末ごろに」達成されました。

RAV4ハイブリッドは、カローラ、カムリ、プリウス、プリウスC、プリウスVといったトヨタの人気ハイブリッドラインナップに加わります。今年末にはさらに2モデルが追加予定です。その1台は新型カローラセダンでしょう。トヨタもそれを認めていますが、もう1台は謎のままです。

もう1台は先月ニューヨークモーターショーにて公開された新型クルーガーとも思われていましたが、それとはまた別のモデルのようです。

2019年のハイブリッド追加モデルとしては、海外で既に展開しており、今年末にかけてのアップデートを考慮するとC-HRであると考えられます。

さらに2020年末までに登場するであろうハイブリッド車としては、今年末か来年初頭にデビュー予定の新型ヤリスも計画されています。

トヨタオーストラリアによると、今年現在までにおけるカムリの販売台数の内45.4%がハイブリッドであり、カローラでも31.4%はハイブリッドであったとのこと。

割合は小さいにもかかわらず、カローラは今やオーストラリアで最も人気のハイブリッドカーとなっています。登録台数は2019年4月末の時点で2,957台と、カムリハイブリッドの2,298台を上回っています。

「EVが未来の車としてここ最近ブームになっています。しかし現実としてテクノロージーは既にここにあり、トヨタはハイブリッドパワートレインで20年に渡りオーストラリアでリードし続けてきました。」とセールスアンドマーケティング部代表ショーン・ヘンリー氏は言います。

「ハイブリッド技術はピュアEVよりも使いやすいというだけではありません。充電の必要がなく、従来の内燃機関を持つ車に比べて排出するCO2は少なく、より燃費も良いのです。」

出典:https://www.caradvice.com.au

<関連記事>

【スバル】アメリカで累計生産台数400万台達成!足掛け30年。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-トヨタ, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スバル】次期WRX STIはこんな感じ?予想CG

スバルを代表するパフォーマンスカーであるWRX STIですが、そろそろ新型の噂が持ちあがっています。 それを感じさせるコンセプトカーも既に登場していますが、気になる全体像を予想CGレンダリングから想像 …

【ホンダ】N-VANの新画像を検証 N-BOXの商用版なかれ?

ホンダN-VANについて新たな可能性が浮上しています。それによると単なるN-BOXの商用モデルではなく、ボディにも大きな変化が加えられるようです。 さらにはバモスの存続について、個人的予想をしてみたい …

【マツダ】ボンゴ生産終了は秒読み。後継車はまさかの・・・

ビジネスユーザーならまだしも、商用車にまで気を使っている人はそう多くありませんが、マツダの商用車「ボンゴバン/ボンゴトラック」がそろそろモデルチェンジされます。しかし、単なる新型車というわけではなさそ …

【豆知識】「R」にしたら音が鳴るのは日本だけ?

オートマチック車でバックするためにギアを「R」にすると、音が鳴りますよね。でも実はこの音、日本車特有のものなのです。 目次1 日本でも装着義務はない2 なぜ付いている?3 動画で紹介も 日本でも装着義 …

タカタ倒産 今後はどうなる?

自動車部品大手のタカタが経営破綻しました。タカタ株式会社は、シートベルト・チャイルドシート・エアバッグなどを製造している大手企業であり、エアバッグで世界2位のシェアを誇っていました。自動車に欠かせない …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク