クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【2019】個人的に嫌いな車のデザインポイント10選

投稿日:

Pocket

車のデザインを見たとき、「ココがいい!」というデザインのポイントがあるかと思いますが、逆に「ココがいや!」というポイントもあるのではないでしょうか。

以前、個人的に選ぶ自動車の嫌いなデザイン要素をトップ10ランキング形式にしてまとめましたが、あれから大分時が経ちましたので改めて更新したく思います。

もちろんこれは個人の意見ですので、是非ご自分の意見と比べながらご覧ください。

⑩尻上がり

これはセダンやコンパクトカーに多く見られますが、流線的なデザインの結果、お尻にかけて徐々に上がったラインになっているものです。そうなるとお尻がボテっとして間延びしたデザインとなり見栄えが悪いです。

2019 シボレー ソニック


2019 タタ TIGOR

⑨リアドアハンドルのピラー設置

最近のクロスオーバーSUVに多いのがこのタイプのリアドアハンドルです。フロントは通常のハンドルですが、リアの2つをリアウインドウ横のCピラーに設置しています。デザインによるものが大半ですが、高さが中途半端なため開けづらく、荷物を持っている場合など腕を大きく挙げる必要が出てきます。ボディの曲面と相まって傷をつけてしまう可能性もあります。

使い勝手が悪くなっては意味がありません。スタイリッシュに見せるためかもしれませんが、逆に素直にリアドアがあると認めたがらないあざとさを感じてしまいます。

2016 Suzuki SWIFT


2016 Toyota C-HR

⑧フェイクエアインテーク

デザインは全て意味のあるものでなければなりません。エアロパーツも車の性能に大きく貢献するならばいいですが、ただの飾りではない方がましです。その中でも特にスポーツモデルに多いですが、メッシュ状のエアインテークと見せかけで実はただのプラスチックだったりすることがあります。

300万円以上するスポーツカーですら、フェイクのプラスチックパーツが取り付けられていることもしばしば。スポーティな見た目だかなんだか知りませんが、機能しないなら必要ないでしょう。

2020 トヨタ スープラ

2019 ホンダ シビック TYPE R

⑦フェイクエギゾースト

フェイクエアインテーク同様、偽物の排気口が取り付いているものです。本当のマフラーは細いものですが、バンパーと一体化させたエギゾーストホールを、あたかも排気口として見せているような車です。最近特に増えてきた印象。

全体的なデザインとしてはありかもしれませんが、やはり本物ではない以上チープさが文字通り見え隠れします。

2014 レクサス IS-F

2019 メルセデスベンツ Cクラス

⑥ボンネットライン

車のデザインは日々複雑化しており、特にフロント周りの造形はその極みと言えます。バンパー、ヘッドライト、グリルが一体化したような作りをした結果、ボンネットフードとの境目が目立っているものです。樹脂パーツの割合の多さに安っぽさすら感じます。

2019 メルセデスベンツ Aクラスセダン

2015 BMW F30

⑤Cピラーパネル

リアドア後方のピラーをCピラーと言いますが、そこからリアにかけての範囲をプラスチックのパネルで覆ったようなデザインです。一見すると流行りの「フローティングルーフ」のような「デザインを優先した感」を醸し出していますが、ガラスにしないことによる「コストカット感」は否めません。

2019 日産 デイズ ハイウェイスター


2019 アウディ Q2

④不自然サイドライン

流線的なデザインは流体力学に基づいたとされていますが、はたして全てが本当でしょうか。そうとは思えないようなラインがボディサイドにプレスされているのはいくら工学的な理由があったとしても、全体的なデザインを損ないかねません。

新車の時からボコボコぶつけたような見た目も考えものです。

2019 ホンダ フィット

2019 ラーダ X-Ray

③巨大グリル

車の巨大化に伴ってグリルもその存在感を増しています。大きなエンジンを搭載した高級車は、かねてより大きなグリルを構えることが多いですが、はたして本当にそこまで巨大なものが必要なのでしょうか?

2020 BMW 7シリーズ
2019 レクサス LS

②縦LED

LEDのデイライトが一般化してきたことで、各メーカー趣向を凝らした配置をしています。しかし縦に一筋というのはいかがなものでしょうか。全体的な流れには沿っていますが存在感がなんだか中途半端。なにより涙を流しているように見えますが、グレードによってはこの「涙」が樹脂パーツで覆われて文字通り「黒い涙」になってしまうのだとか。

2019 キャデラック CT6

2019 プジョー 508

①ライト切れ込み

ボディが流線形ですから、自然とヘッドライトもその流れに沿ってしまいます。結果的に指で目をつり上げたようなヘッドライトが出来上がります。それは百歩譲ったとして、そのライトをわざわざイビツに変形させるのは意味がわかりません。

テールライトもしかり、ボディラインに沿っていないような複雑な形をしたライトは見ていて不安になります。

2019 スバル フォレスター

2016 トヨタ プリウス

まとめ

以上、個人的な車の嫌いな要素を見て頂きました。

・尻上がり
・リアドアハンドルのピラー設置
・フェイクエギゾースト
・フェイクインテーク
・ボンネットライン
・Cピラーパネル
・不自然サイドライン
・巨大グリル
・縦LED
・ライト切れ込み

ちなみに前回は、釣り目ヘッドライト、巨大なフォグランプ周り、Bピラーの傾き、屋根ツートンがノミネートしていました。

どれもこれも最近の車の流行りと言われる要素だと思います。流行りを取り込んだ結果、似たような見た目の車が出来上がるわけです。かといって流行りを無視すると時代遅れとなりかねません。どこで折り合いをつけるかが難しいところだと思います。

最後に、ランキングで挙げた10個を全て盛り込んだ車をできる限りカッコよくイラスト化してみました。こんな車、あなたは買いたいですか?

<関連記事>

【TOP10】個人的に嫌いな車のデザインポイント10選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スバル】レガシィ12万台以上リコール

完成検査や排ガス検査での不正以降、国内の販売が振るわないスバルですが、リコールの情報が出てきました。詳しく見てみましょう。 目次1 パーキングブレーキが作動しない恐れ2 対象車は?3 最近の装備につい …

【海外】オーストラリア EVの制限速度を引き上げる

各国が環境対応車の販売を促す中、オーストラリア政府は、EVの制限速度を引き上げると発表しました。電気自動車の販売が伸び悩む中、打開策となるでしょうか。 時速20マイルの余裕 (和訳) オーストラリア政 …

EV化で消える部品メーカーたち どう対処するつもり?

自動車における電動化(EV)はますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 そうなるとこれまでのエンジンといった内燃機関からモーターへと変わり、それに付随する多くの部品が不要 …

【三菱】新型アウトランダーPHEV 新旧比較まとめ

世界で最も売れているプラグインハイブリッドSUV「三菱アウトランダーPHEV」がマイナーチェンジを実施し、8月23日発売を開始しました。 見た目の違いから、気になるポイントを比較してみましょう。 ※以 …

クラッシュバンディクー最新作!その中身を”復習”!

あのクラッシュ君が帰ってくる! 2017年8月3日、PS4で『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の発売が発売が決定しております。(海外名Crash Bandicoot N. Sane Tr …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク