クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

三菱 情報 自動車

【三菱】新型ミラージュ 新旧比較まとめ

投稿日:

Pocket

新型ミラージュが2020年4月16日発売を開始しました。

ミラージュと言えば2020年現在三菱が国内で販売する唯一のコンパクトカーですが、他メーカーとしのぎを削ることなく存在感を失っている状態が続いています。

しかしめでたくマイナーチェンジを実施。先代との見た目の違いから、その内容に至るまでを比較してみましょう。

目次

エクステリア

旧型

6代目である旧型は2012年の発売。2015年12月のマイナーチェンジによりデザインが変更されています。

G

M

新型

新型はマイナーチェンジということで、全体的なプロポーションに変化はありません。しかしフロントはより現代的でスポーティなデザインに様変わりしています。

G

M

旧型とは違い、マイナーチェンジ後の新型はよりスポーティさをアピールしており、キャッチコピーも「当たり前のすべてを磨き上げた。」から「毎日をもっとアクティブにする。」に変わっています。

インテリア

インテリアは全くと言っていいほど変化がありません。

旧型

新型

パワーウインドウスイッチパネルと、新デザインのメーターパネルをスポーティなカーボン調としています。またフロントドアのアームレストにファブリックを採用し、質感に配慮しています。

エンジン

エンジンに変更はありません。

旧型、新型

・1.2L MIVECエンジン

運転状況に応じた最適なバルブタイミングに制御するMIVEC。
力強く、キビキビとした軽快な走りを実現。高速走行や長距離ドライブで、走る歓びを実感できます。MIVEC=Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system
● MIVECは、三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称です。

最高出力(ネット) 57kW/6,000rpm
<78PS/6,000rpm>
最大トルク(ネット) 100N・m/4,000rpm
<10.2kg.m/4,000rpm>

燃費

エンジンは変わっていませんが、燃費を比べてみましょう。

旧型 新型
JC08モード 23.8km/L 22.8km/L
WLTC 20.0km/L
WLCT(市街地モード) 16.1km/L
WLTC(郊外モード) 20.3km/L
WLTC(高速道路モード) 22.1km/L

新型の方が同じJC08モードでも1.0km/L燃費が落ちています。車両重量は新旧ともに900kgなので、測定時の誤差の範囲でしょう。

尚、新型ではより実燃費に近いWLCTモードによる燃費表示が追加されています。

<WLTCモードについて詳しくは>

【新車】燃費の基準が変わるって、一体いつから?

安全性能

旧型

旧型では

・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]
・誤発進抑制機能(前進時)

が全車標準装備であり、セーフティ・サポートカーS ベーシック(サポカーS ベーシック)に該当します。

旧型の安全性能は以下のようなものでした。

○衝突安全強化ボディ RISE(ライズ)
○運転席&助手席 SRSエアバッグ(標準装備)
○SRSサイド&カーテンエアバッグ(メーカーオプション)
○3点式ELR付シートベルト
○ABS(EBD:電子制御制動力配分装置付)
○アクティブスタビリティコントロール[ASC]
○エマージェンシー ストップシグナルシステム[ESS]
○ヒルスタートアシスト[HSA]
○歩行者傷害軽減ボディ
○全席パワーウインドウ (運転席セーフティ機構付ワンタッチ式)

新型

新型では

・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]*対車両 / 対歩行者
・誤発進抑制機能(前進時)
・車線逸脱警報システム
・オートマチックハイビーム

が全車標準装備となり、セーフティ・サポートカーS ワイドサポカーS ワイドにグレードUPしました。これはいわゆる自動ブレーキが歩行者にも対応可能となり、車線逸脱警報システム、先進ライトが追加されたためです。※下記参照

その他、主な安全装備は以下になります。

○LEDヘッドライト(ハイ / ロービーム、光軸調整機構付)
○LEDデイタイムランニングランプ[DRL]
○LEDリヤコンビネーションランプ
○雨滴感応オートワイパー
○頸部衝撃低減フロントシート
○衝突安全強化ボディ RISE(ライズ)
○運転席&助手席 SRSエアバッグ(標準装備)
○SRSサイド&カーテンエアバッグ(メーカーオプション)
○3点式ELR付シートベルト
○ABS(EBD:電子制御制動力配分装置付)
○アクティブスタビリティコントロール[ASC]
○エマージェンシーストップシグナルシステム[ESS]
○ヒルスタートアシスト[HSA]
○歩行者傷害軽減ボディ
○全席パワーウインドウ(運転席セーフティ機構付ワンタッチ式)

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

グレードは変わらず、旧型に比べて3~5万円ほど価格が上がっています。

グレード FF CVT
旧型 G 1,514,700円
M 1,408,000円
新型 G 1,569,700円
M 1,432,200円

寸法

旧型

全長:3795mm

新型

全長:3855mm

前後バンパーの形状変更により、全長が60mm長くなっています。

画像出展:www.mitsubishi-motors.co.jp

感想

今の三菱自動車を考えると、日本国内でコンパクトカーの販売がある方がおかしいぐらいですが、このマイナーチェンジでしばらくミラージュは生き残るようです。価格の割に快適性・安全装備がより充実し、個人的にはお買い得な車だと思います。

しかし、やはり期待したいのは「遊び心」です。

エクステリアデザインこそできる限りスポーティに変更していますが、エンジン・トランスミッションに変更はなく、実際のスポーティ要素は少なめです。よりパワフルなエンジンとまでは言いませんが、せめて海外で販売しているMTを搭載できないものでしょうか。

国内における三菱自動車が販売する乗用車ラインナップにMTは存在せず、過去に販売したMT車に乗っているユーザーの乗り換え先がない状態となっています。結果的にMTの販売比率は低くなるでしょうが、万人受けを狙ってもトヨタやホンダに敵うわけないのですから、ひと癖つけるべきだと思います。安全性能は現在の標準レベルにグレードアップしたので、今後は+αに期待したいですね。

完全なモデルチェンジは日産ノートやマーチとプラットフォームを共有すると噂されていますが、おそらくそういった方向になるでしょう。どちらかと言えば日産主導の開発でそのOEMがミラージュと予想しますが、それではますます三菱らしさとは何かを問われることになりそうです。e-powerを「Mi-power」とか言うだけではやるせなさ過ぎますからね。

<関連記事>

【国内】日産マーチVS三菱ミラージュ どちらが”マシ”?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-三菱, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【三菱】デリカミニ 5つの奇跡

2023年5月25日に販売を開始した三菱・デリカミニ。 これまでの三菱の車はあまり世間的に注目されることがありませんでした。しかしデリカミニは打って変わって多くの注目を集めています。 一体何が他のモデ …

【日産】歴史的快挙!リーフが販売40万台達成

ゴーンショックがまだまだ尾を引く日産ですが、新型軽自動車がお披露目されるなど、新体制でのイメージ向上に力を入れていくことでしょう。 そんな日産自動車が販売する電気自動車「リーフ」が累計販売台数40万台 …

ガソリンはどこから?!給油口が隠された車

その昔、自動車の給油口は隠れているのがかっこいい時代がありました。 というのも、昔はガスキャップがそのままボディに取り付けられた車が多くあったのです。今の時代の給油口はカバーの下にガスキャップが設置さ …

【ジープ】”グラディエーター”が公開!その特徴、グレードは?

2018年11月28日から開催されているロサンゼルスモーターショーで、ジープは新型ピックアップトラック「グラディエーター」を発表しました。 ジープ ラングラーと基本設計を共有するピックアップトラック仕 …

EV化で消える部品メーカーたち どう対処するつもり?

自動車における電動化(EV)はますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 そうなるとこれまでのエンジンといった内燃機関からモーターへと変わり、それに付随する多くの部品が不要 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スポンサーリンク