クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 自動車

【個人的】個性的なボディライン5選

投稿日:

Pocket

車のプロポーションは、全体の印象を決める大事な要素です。

似たようなボディ形状であっても様々な車があるように、個性を持たせるためのデザインが行われています。しかし中には一体なぜそのようなデザインになったのか理解できない車があります。

日産・ウィングロード(3代目)

2005年から2018年まで販売されていたステーションワゴン。

側面から見た際にルーフからCピラーにかけてのラインと荷室部分の屋根のラインを一致させず折れ曲がっているように見せるという、自動車デザイン上のセオリーを無視したような独特のスタイルが採用されている。

これは「ウェーブド・ドリップライン」と呼ばれる、キャビンと荷室とを視覚的に分けた意図的なものである。新しいワゴンのイメージを作るため当時20代のデザイナーの意見を取り入れたらしいが、仕方なくこうなったようにしか見えないのが残念。

目の錯覚を引き起こすスタイル

ダイハツ・ハイゼットカーゴ(9代目)

1999年から2004年まで販売されていた軽バン。

従来の軽バンが角ばったスタイリングであるところ、必要以上に寝かせたフロントウィンドウや上部が絞られたような荷台など、貨物車としては余計なデザインが特徴的な9代目ハイゼットカーゴ。

実はこの車体デザインはジウジアーロ率いるイタルデザイン・ジウジアーロが手懸けたもの。いや誰に頼んでんねん。

おしゃれといえばおしゃれ?

マツダ・3(初代)

2019年5月から販売されているファストバック。

エクステリアデザインはボディ側面に入れられることの多いキャラクターラインを極力排除し、面の変化で質感を表現。そのためCピラー下に入れられるショルダーラインも排除されており、他に類を見ない独特なスタイリングとなっています。

これはCX-5から始まった“魂動”デザインを深化させた、マツダの次世代商品群の第1弾として位置づけられたもので、マツダ自身が用いた「引き算の美学」というキーワードの下デザインされたもの。後席空間を犠牲にしており、この車にあたっては賛否両論である。

カッコいいかどうかはあなた次第

ホンダ・ステップワゴン(5代目)

2015年4月から2021年10月まで販売されていたミニバン。

5代目では新機能としてテールゲートに横開き式のサブドアを組み合わせた「わくわくゲート」を採用。その機能をデザインに落とし込んだ結果、アシンメトリー(左右非対称)なボディラインが形成されています。

発想こそ面白かったわくわくゲートですが市場の評価はイマイチで、2022年5月に発売された6代目ではその機能は廃止され、デザインも通常のシンメトリーなものに戻りました。

ガラスの形状も異質

ホンダ・シャトル(2代目)

2015年5月から販売されているステーションワゴン。

リアにかけて上がっていくラインが、Cピラー以降で突然下がっている不思議なデザインが特徴的です。

これはドアパネルとフロントフェンダーは3代目フィットのものが流用されたことによるもの。デザイナー曰く「フィットのキャラクターラインを生かして、より大きく大胆にデザインすることで、全く別の車にできるという確信があった」とのことだが、つぎはぎ感が凄いと感じるのは私だけだろうか。

コストカットの賜物である

・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたでしょうか。

これらの車は、様々な理由でこれまでにないようなデザインが採用されていますが、革新的な何かでない限り、一つ間違えると見ていて不自然に感じてしまいます。

上記の場合ステップワゴンはわくわくゲートという機構にリンクしたデザインなので、それに文句を言う理由も少ないのですが、それ以外の車は単なるデザインであり好みの問題になります。本当にそのデザインでお客が喜ぶと思ったのかと、問うてみたくなりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ホンダ】CR-V 先行情報が公開!

ホンダは、2018年夏に発売を予定している新型SUV「CR-V」に関する情報を、特設ホームページで先行公開しました。現時点での情報をお伝えします。 目次1  ラインアップ1.1 3列・7人乗りも設定1 …

no image

2017年最新 各社最安コンパクトカーランキング

人気のコンパクトカー コンパクトカーというとSUVと並んで人気のカテゴリーですが、一体どういう種類があってどれがいいのかよく分かりませんよね。実際に買うとなると比較して悩みますが、一体日本で一番安いコ …

なぜクラシックタイプの車は減ったのか?

クラシックタイプとは ひと昔前の車には、よくクラシックタイプのグレードが存在していました。光岡自動車やパイクカーを除いて、既存の車種を改造しクラシックにみせるものですが、現在販売されている車にはそうい …

【国内】2020自動車メーカーキャッチコピーまとめ

国内自動車メーカー各社のキャッチコピーをまとめました。 (2020年記事作成時点) 目次1 トヨタ2 ダイハツ3 日産4 ホンダ5 マツダ6 スバル7 三菱自動車8 スズキ トヨタ 「START YO …

no image

ロシア車に乗りたい!

ロシア車に乗ることは可能? ロシアにももちろん自動車会社が数多く存在し、多数の自動車を製造販売しています。ではそれらを日本で購入、運転することは可能なのでしょうか。

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スポンサーリンク