クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

トヨタ ホンダ マツダ 日産 自動車

【個人的】ここさえ良ければ・・・ちょっと残念な車

投稿日:

Pocket

人間と同じように、完璧な車は存在しません。

どの車にも欠点とまでは言わなくても、「ここさえよければなぁ」というポイントがあるはずです。そんな車をいくつか集めてみました。

ホンダ・ビート

・ゼブラ柄のシート

ホンダが1991年から1996年にかけて製造・販売していたオープン2シーターの軽自動車。ATは設定されておらず5速MTのみとなっており、かなりのスポーツ志向。今なお多くのファンがいます。

しかし90年代にありがちなファッショナブルなシート柄を採用しています。今では考えられないほど派手な「ゼブラ柄」のシートが個性的な反面、もっと普通でもよかった?

ホンダ・S2000

・デジタルメーター

ホンダが1999年から2009年にかけて製造・販売していたオープン2シーター。国内向け販売台数は10年間でわずか2万台あまりと意外と低迷。そのため今となっては個体数の少ない貴重な車です。

250馬力を誇る直列4気筒 2.2L DOHC VTECが唸りを上げるS2000のパワーユニットとコミュニケーションをとるには、少々心もとないデジタルメーター。FRの古典的なスポーツカーにはアナログメーターで必要十分でした。

日産・エクストレイル(初代)

・センターメーター

初代は「タフギア道具」という開発コンセプトでオフロードユースに重きを置いていました。しかしそうしたモデルには似つかわしくないセンターメーターとなっています。

この初代モデルのデザインが好評だったため2代目はキープコンセプトでのモデルチェンジとなりましたが、メーター類は一般的な運転席前に移動しています。当時の流行りに乗ってしまった?

トヨタ・ランドクルーザー70バン(再販)

・ダミーのテールライト

2014年8月25日に70シリーズの発売30周年を記念して2015年6月30日生産分までの期間限定で約10年ぶりに復活しました。ボディタイプは「バン(GRJ76K型)」と「ピックアップ(GRJ79K型)」の2種類が設定されました。

なかでもバン仕様はテールライトがバンパーに設置されおり、本来のライトはダミーとなっています。これは背面タイヤが右寄りにあるため、本来のテールライトが左斜め後ろから見えなくなることによる安全基準の不適合を回避するための措置です。

新型車であればもちろん最初からデザインできますが、海外モデルの横展開のためこうした対応となっています。この安全基準が制定された当時、同様の対応となったSUVがいくつか存在しています。

トヨタ・ハリアー(4代目)

パンパーのリアウインカー

2020年に発売を開始した4代目ハリアー。クーペフォルムのプレミアムSUVとして独自の存在感を有していますが、何故かウインカーだけはバンパーに設置されています。

デザインを重視した車だけに、リアコンビネーションランプに上手くまとめられなかったのでしょうか。なにより位置が低すぎると視認性にも悪影響を及ぼします。

マツダ・ビアンテ

・3列目が収納不可

マツダが2008年から2018年まで製造・販売していたミニバン。3列シートは跳ね上げ式や床下収納とせず、座面をチップアップして前側へスライドする仕様となっています。

開発段階において跳ね上げ式は重たく視界の妨げになるという市場の声を反映したといいますが、ミニバンの武器であるスペースを犠牲にした構造は低評価の一因となりました。無難に床下収納か跳ね上げ式にしておけばよかった?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんが思う残念ポイントがある車はなんですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-トヨタ, ホンダ, マツダ, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ランドローバー】新型ディフェンダーが公開!

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 そして2019年9月に開催のフランクフルトモー …

【ダイハツ】ミラトコットの価格が判明!似ているあの車とは?

ダイハツのミラココア後継である「ミラトコット(TOCOT)」に関して、価格の情報が出ています。 107万4600円~と、お求めやすい価格となっているようです。 目次1 「ミラ イース」派生の新型軽が6 …

【スズキ】BMW Z4がスズキになったら?意外とアリ?

BMWの新型Z4はそのダイナミックなデザインに目がいきます。 そのダイナミックなフェイスを、スズキのスイフトスポーツにしてしまったら一体どうなるのでしょうか?X-Tomi Designによるレンダリン …

【ランドローバー】新型ディフェンダーは中国仕様あり?

2015年12月20日を持って惜しまれつつも生産終了となり67年の歴史に幕を下したランドローバー ディフェンダーですが、新型の開発が着々と進んでいます。 ケニアで本格的なミッションにチャレンジしている …

【三菱】公式ツイッターが10月1日オープン!

三菱自動車工業は、2018年10月1日、ツイッターにて公式アカウントを開設しました。国内メーカーとしてはだいぶ遅れた開設となります。 公式ツイッター開設 三菱:2018年9月に登録 新型 #アウトラン …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
スポンサーリンク