クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

不正 情報 海外 自動車

【ベンツ】排ガス不正でディーゼル車リコール

投稿日:

Pocket

メルセデス・ベンツが販売するディーゼル車およそ77万4千台に、排ガス浄化機能を不正に操作する違法なソフトウエアが搭載されていたことが判明しました。

ドイツで23万台、ヨーロッパでは77万台以上

ドイツ連邦自動車連邦機関(KBA)はメルセデスの親会社であるダイムラーに対し、ドイツで23万8000台の車両を回収するよう指示しました。自動車の排出ガスについて新鮮な調査に直面している。ディーゼルのメルセデスCクラスC220d、GLC220d、Vito119CDIが影響を受けていると言われており、ドイツ当局は「不正なスイッチオフ装置」が検出されたことによる回収を要求しています。

ユーロ6ディーゼルエンジンを搭載した最大774,000台のメルセデス車がヨーロッパ全域で影響を受けると言われています。KBAはドイツ国境内の車のリコールだけを要求できるとしていますが、輸送省は「政府は23万8,000台のダイムラー車を、無許可の装置のためにドイツ全域で即座に回収するよう命令するだろう」と述べました。

メルセデスの親会社であるダイムラーの会長であるDieter Zetsche氏は、KBAと会い、この件に関して話し合ったと考えられます。同社のスポークスマンは、この事件に関する具体的な事実についてコメントすることを拒否しましたが、「KBAと連邦政府の輸送省とは完全に協力している」と述べています。

この最新ニュースは、ダイムラーが欧州と米国で超過排出量で100万台を超える自動車を販売したことに対して告訴されたという昨年のニュースに続くことになります。

シュトゥットガルトの裁判所(ダイムラーが拠点を置く)は、2008年から2016年にかけて欧州と米国で販売された100万台以上の自動車の超過排出量を調べるために、同社に対する捜査令状を発行しました。

報告によれば、2つのエンジン(OM 642とOM 651)には、特定の状況下で排出制御を停止する装置が付属しているとの報告があり、製造業者は、ディーゼル車の排出物処理に関連する不正につながるような詐欺や誤解を招く疑いがあるダイムラー従業員に対する調査に関連した調査を、2017年5月に検察に襲撃された11の拠点にて行いました。

2016年にダイムラーは、自社車の排出ガスの認証プロセスについて内部調査を行うと発表していました。調査は米国司法省の要請により行われています。

出展:www.autoexpress.co.uk

出展元へ➔

特定の状況で排出制御を停止する装置がついているというのはつまり、排気ガスの測定時などにその装置を起動させ、実施の排出量よりも低く見せていたということになります。

ドイツで販売された約23万8000台についてはリコール(回収・無償修理)を命じる方針を明らかにしているものの、ダイムラー側は、ソフト搭載の違法性について争う姿勢を示しました。

CクラスC220d

GLC220d

Vito119CDI

<関連記事>

【BMW】排ガス不正発覚か ディーゼルの限界?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-不正, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新型】キャデラックXT5 安全装備はついてるの?

ゼネラルモーターズ・ジャパンは7月13日、5人乗りの新型SUV「キャデラック XT5 クロスオーバー」を日本で披露し、10月28日から販売を開始すると発表しました。 キャデラックXT5とは、GMが製造 …

【スバル】アメリカで累計生産台数400万台達成!足掛け30年。

国内ではリコール問題が相次ぎその信頼性が揺らぐスバルですが、販売が好調なアメリカにおいて、累計生産台数が400万台を達成しました。 記念すべき400万台目は、シルバーの2019年式アウトバックです。 …

【ホンダ】シビックtypeRがパトカーに!意外な使い道とは

オーストラリアのとある警察署にホンダから「シビック タイプR」が寄贈されました。 これで犯罪者もバッチリ追跡できる・・・と思いきや、そうした使われ方はしないもよう。その意外な理由とは。 PR用? オー …

【ダイハツ】コペンクーペが誕生!限定200台!

コペンに何かが起こる!としてカウントダウンを行っていたダイハツですが、12月19日ついにその真相が明らかになりました。 予想していた通り、コペンに新たなモデルが追加されました! 目次1 その名も「コペ …

【三菱】ランエボ アライアンスを活用して復活か?

ランエボ復活の噂はよく聞きますが、アライアンスを活用することで現実味を帯びてきています。 しかしひとえに喜んでいいものなのか、人によってその受け方は様々なことでしょう。 三菱 ランエボをパフォーマンス …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク