クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

自動車 豆知識

【豆知識】意外と知らないこと Part5

投稿日:

Pocket

いくら車が好きと言っても、全てを知り尽くしている人は存在しません。

「そうだったの?!」と言うことがまだまだたくさんあるのです。そういったトリビア的な小ネタをジャンル問わずいつくかご紹介いたします。

目次

日産・エルグランド

「初代の正式名称は”キャラバン エルグランド”」

1997年5月に発売を開始したエルグランド。広い車内空間と高い操縦性能を併せ持つことから高級ミニバンの元祖として大ヒットとなりました。

当初は販売店ごとに名称が分かれており、モーター店(ローレル販売会社)向けがキャラバン エルグランド、プリンス店(スカイライン販売会社)向けがホーミー エルグランドとなっていました。1999年8月のマイナーチェンジでエルグランドに統一されています。

リアにキャラバン/ホーミーのエンブレムがある

スバル・レガシィ

「日産の開発思想を取り入れた

1980年代末、スバル(当時の富士重工業)は他社による買収や吸収合併、倒産の危機が報道されるほどの厳しい局面を迎えていました。倒産の危機を脱するべく、大規模な組織改革が断行され初代レガシィの開発がスタートしました。

その開発にあたっては、当時同社の主要株主だった日産自動車が実施していた「1990年代までに技術の世界一を目指す」車作りを目標とした運動”901運動”の影響を受けており、その後のスバル車の開発思想が大きく変わるきっかけともなっています。

その結果、初代レガシィは大ヒットとなり国内販売は回復。倒産の危機を免れることができました。

1968年から1999年まではメインバンクが同じ日産自動車と提携していた

三菱・リベロカーゴ

「キャブレターを搭載する最後の日本車」

ミラージュワゴン・ランサーワゴン(初代)の後継として1992年5月に販売を開始したリベロカーゴ。エンジンは1.3Lと1.5Lの気筒あたり3バルブ方式の12バルブ、電子制御キャブレター仕様のディーゼルでしたが、アイドリング規制や低排出ガス基準に対応できないため2003年3月末に販売終了となります。

これによりキャブレターを搭載した日本車は全て姿を消すこととなります。

見かけることもなくなった?

トヨタ・プロボックス

「マイナーチェンジという名のフルモデルチェンジ」

バンとしての使い勝手を念頭に置いた専用設計を用いて開発され、2002年に発売を開始したプロボックス(NCP50/NLP50型)。その後2014年にマイナーチェンジが実施されます。

トヨタ公式は”マイナーチェンジ”として扱っているものの、新型エンジンとCVTを搭載するにあたり、前半分のプラットフォームをNBCプラットフォームからBプラットフォームに変更するなど大幅に手が加えられており、型式が(NSP160V/NCP160V/NCP165V)と前期型から大きく異なっているため、自動車型式認定制度上はフルモデルチェンジとして扱われます。

マイナーのレベルではない

マツダ・プレマシー

「販売世界初の水素エンジンモデルがあった

マツダが1999年から2018年まで販売していたミニバン。

なかでも2005年に販売を開始した2代目では、完成車メーカーとしては世界で初めて水素ロータリーエンジンを搭載したモデル「マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」がリース販売されていました。

3列目の座席があった部分に水素タンクを設置し、エンジンで発電しモーターで駆動するシリーズ式ハイブリッド機構を採用。2009年3月5日に国土交通大臣の認定を取得し同年3月29日に発売を開始しています。航続距離は200kmでした。

今以上に環境性能を追求していた?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-自動車, 豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【2017】10月度新車販売台数分析 日産大打撃!

10月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※輸入車、軽自動車は含まれません。 順位 車種名 メーカー …

【三菱】新型デリカのCMが開始!オトナの冒険

その現実離れしたデザインが賛否両論を巻き起こしている新型デリカですが、テレビCMが公開されました。 オフロードミニバンという唯一無二の個性は、はたしてアピールされているのでしょうか。 オトナの冒険が、 …

【国内】EV化で不要になる部品メーカーたち…その後

自動車における電動化は想定以上の速さでますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 「これからEVの時代がくるかも知れない」程度の認識だった2016年、三菱UFJモルガン・ス …

【スズキ】マイティボーイ復活の可能性を探る

スズキがかつて販売していたマイティボーイをご存知でしょうか。 その独特なスタイルから未だに高い人気があり、復活が望まれる名車のひとつです。今回はその復活の可能性を考えてみました。 目次 マイティボーイ …

【2018】5月度新車販売台数分析

2018年5月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 目次 乗用車ブランド通称名別順位 掲載元へ➔ 【今 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
スポンサーリンク