クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

トヨタ 情報 海外 自動車

【トヨタ】新型EVセダンは中国企業と共同開発か

投稿日:

Pocket

電気自動車市場に本格的に参入し始めたトヨタですが、そのラインナップには中国企業の力が不可欠だと言います。

新型EVセダンは中国企業と共同開発?

(和約)

トヨタ・bZ4XはEVとしてのエントリーモデルとなります。今後世界的に15モデルが用意され、そのうち7モデルがbZとしてラインナップされます。そのbZとしての2つ目のモデルは中国の自動車メーカーとの協業で2022年に発売となるようです。

ロイターが報じた内容によると、トヨタは中国の自動車メーカー「BYD」と次期型のEVセダンに関するキーテクノロジーの協業をするようです。

BYDはEVのバッテリー技術に特化した自動車メーカーです。様々なサイズのEVを手掛け、今ではEV界をリードする世界的企業となっています。それはTimesが選ぶ”世界の最も影響力のある企業100社”に選出されるほどです。

情報によると、BYDの小型リン酸鉄リチウム電池(LFP電池)はこのコラボレーションの肝となります。目的はリーズナブルで室内空間の広いモデルを作り出すことで、それはBYDの技術あってこそだというのです。

新型のトヨタ製EVはカローラより若干大きくなるといいます。そのEVはコンセプトカーとして2022年4月に開催される北京自動車ショーにて公開されると予測されています。その後bZ4XとしてbZラインナップに加わりますが、中国専売のモデルともいわれています。

価格は200,000元以下、約30,000ドルと推測されています。Automotive News EuropeはトヨタとBYDはこの件についてコメントを避けています。

出典:https://www.motor1.com

<関連記事>

【トヨタ】電気自動車「BZシリーズ」を展開か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-トヨタ, 情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【トヨタ】鮮烈デビューのセンチュリーGRMN 海外の反応は?

ツイッターに画像が投稿され話題となっていた新型センチュリーのGRMN仕様ですが、その真相が明らかになっています。なんと社長の専用車だったのです! 目次1 社長専用車だった!2 海外メディアでも報じられ …

【ホンダ】N-TRUCK(エヌトラック)発売!? 個人的予想

軽自動車売上No.1のN-BOX。そのプラットフォームを活用した新しい軽バン「N-VAN」の発売が今年夏に迫っています。 ホンダは軽バンに革命を起こそうとしています。ならば今度は軽トラに革命を起こすの …

【ホンダ】N-VANが見えた!2018年夏発売へ

ホンダは4月20日、今夏発売予定の新型軽バン「N-VAN(エヌ バン)」の情報をホームページ上に一部公開しました。 N-VANは、ホンダ「N」シリーズに新たに追加される新開発のバンであり、軽自動車販売 …

EV化で消える部品メーカーたち どう対処するつもり?

自動車における電動化(EV)はますます加速しており、本格的に電気自動車の普及が進むといわれています。 そうなるとこれまでのエンジンといった内燃機関からモーターへと変わり、それに付随する多くの部品が不要 …

【TOP10】個人的に好きな車のCM10選

自動車のCMでは、その車の特徴を限られた時間で明確に伝える必要があります。どういう車なのかを一言で表すためには創造力が欠かせません。 そこで、個人的に好きな車のCMトップ10をご紹介します。もちろん自 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
スポンサーリンク