クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

ダイハツ ホンダ 情報 自動車

【商用バン】N-VANは遊び心あり! vsキャディーハイゼット

投稿日:2018年1月3日 更新日:

Pocket

ホンダのN-BOXをベースとした「N-VAN」の情報が出てきました。

2017年9月にフルモデルチェンジし、その勢いをさらに加速するN-BOXをベースに、ホンダは2018年中頃に新たなニューモデルを投入する予定です。

本記事ではその内容と、競合との比較を行ってみたいと思います。

N-VAN

N-BOXをベースにした新型商用バン「N-VAN」ということで、現時点でその具体的な数値の一部が判明しているようです。

出展:bestcarweb.jp

2名乗車時の荷室長が1630mm、荷室高が1365mmとなっています。

ですが、同社商用1BOXの現行型アクティバンは荷室長1725mm、荷室高1200mmなので、荷室長では1BOXタイプにはかなわないものの、荷室高は圧倒的な高さを実現しています。

ライバルはダイハツにあり?

同じ系統の車種としてはダイハツの「ハイゼットキャディー」があります。

ハイゼットキャディー(以下キャディー)はウェイクをベースにした商用バンとして2016年に販売が開始されています。ダイハツが販売する商用バン「ハイゼットカーゴ」に比べて女性やシニアがより使い安いモデルとしての位置づけです。

しかし荷室高をいえば、より背丈の高いキャディーが勝っていると思うはず。比べてみましょう。

N-VAN キャディーハイゼット
荷室長 1,630mm  1,400mm
荷物高 1,365mm  1,235mm

あれ?N-VANの方が高さ、長さともに勝っている・・・。

不思議ですね。今度は車本体の高さと長さを見てみましょう。ちなみにN-VANはN-BOXをベースにしていると仮定し、N-BOXの寸法になります。

  N-VAN(N-BOX参考) キャディーハイゼット
全長 3,395mm 3,395mm
全高 1,790mm(FF)/
1,810mm(4WD)
1,850mm

全長、全幅はともに軽自動車枠いっぱいのサイズでしたが、高さには差がありキャディーの方が最大で60mm高くなっています。

つまりこういったイメージになります。

後輪のタイヤハウスをどう処理しているかで荷室フロア高が違ってきます。N-VANは本体の高さこそキャディーに劣りますが、荷室フロア高を大きく下げることができており、結果的に荷室高も効率よく確保しているのです。

事実上バモスの後継か?

このN-VANは、広い室内スペースを活かしてキャンパー仕様へのカスタマイズも可能で、フラットなフロアの上を荷室空間にしながら、その上にマットレスを敷けるベッドキットを用意しているらしく、リアバンパーには電源コンセントを装備すると予想されています。

モデル体系は「ノーマル」、「COOL」、「FUN」の3タイプが用意され、タイプごとに異なるフロントマスクになるようです。

このことからも若者をターゲットにするという可能性が大いにあり、N-BOXがファミリー層やママ向けなのに対し、より遊べる軽バンとしての可能性を持ったものになると予想されます。これはまさに「バモス」の可能性です。

現行2代目バモス(HM1/2型)は1999年に「ストリート」の後継として発売されたセミキャブオーバー型の軽自動車です。エンジンは荷室の床下に設置した独自のMR方式を採用しており、2003年にはハイルーフ仕様の「バモスホビオ」が追加されいます。

色々な遊び道具を積み込んで家族で出かけるような大きな室内が特徴で、乗用車としての快適性・安全性はクラスを超えた性能となっています。MRエンジンにより乗降性のよい低いフロア、広い足元を確保しています。軽自動車最大のホイールベースで静粛性がよく快適となっており、衝突安全に関してはフルラップ55km、オフセット64kmの世界最高水準を達成しています。

しかし販売から19年たっており、メカニズムや安全性能の古さが目立ちます。おそらくこのバモスのコンセプトを一部引き継ぐような形で「N-VAN」が登場し、バモスはラインナップから姿を消すことになると予想されます。

【比較】ホンダ「N-BOX」と「バモス」 どう違う? 新型バモスはあるのか?

1972年に発売され、当時これまでの軽バンよりも圧倒的に床が低く特徴的だったホンダ「ライフステップバン」にも通じるものがありますね。

ということでそのイメージを重ねた予想イラストを描いてみました。

こういった遊び心のあるモデルになると思われます。そうなるとダイハツのキャディーのようにただ単なる商用モデルとしてだけでなく、使い勝手のいい遊べるバンとして大いに受け入れられると考えられます。

N-VANの発売は2018年度中と言われています。今後も注目の一台です。

<関連記事>追加2018.3.20

【ホンダ】N-VANの新画像を検証 N-BOXの商用版なかれ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ダイハツ, ホンダ, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中古といえど・・・最も高価な中古車

車の購入を考える際、中古車サイトを見たことは誰しもあると思います。 走行距離はいくらまでだな~。 価格はこれ以上無理だな~。 選んでる時間って楽しいですよね。 自分も、買う気もないのに中古車サイトを小 …

【新型カムリ】セダン離れは本当か?セダン販売台数分析

トヨタは2017年7月10日、今年1月のデトロイトモーターショーで世界初披露したミッドサイズセダンの新型「カムリ」を日本で発売しました。 出展:toyota.jp 月販目標台数は2400台とのことです …

【ワゴンR】まさかのMTを新設定!スズキは車好きを分かっている。

ここのところスズキに関する記事が多いですが、車好きとして気になるニュースがあるので一つご紹介。新型ジムニーも気になるところですが、今回はワゴンRについてです。 スズキは、軽乗用車の新型「ワゴンR」の「 …

あのイセッタがEVで帰ってくる?発売は今年夏か。

知る人ぞ知る名車「イソ:イセッタ」がEVとして帰ってきます! 欧州で活躍する電動マイクロカーですが、その種類は様々です。しかしレトロさを残したおしゃれなデザインを持つものはそう多くありません。スイスの …

【国内】自動車メーカーの新たな不正が発覚!整理してみた

またしても自動車メーカーにおける不正が発覚しています。日産?スズキ?スバルもだっけ?マツダ?・・・もう良く分からなくなってきました。 ひとまず今回明らかになった不正を整理してみましょう。 目次1 そも …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク