クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

EV ホンダ 動画 情報 自動車

【ホンダ】小型EV “Honda e” 生産間近のモデルが公開!

投稿日:

Pocket

本田技研工業は2月27日、2019年3月7日(木) から 2019年3月17日(日)まで開催予定の「ジュネーブモーターショー2019」で新型EVのプロトタイプ「Honda e(ホンダ イー)」を世界初公開すると発表しました。

2017年のフランクフルトモーターショーで発表され、東京モーターショーにも出典されたコンセプトカー「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」をベースとし、市販に向けて進化させたモデルとなります。

エクステリア

エクステリアは、初代シビックのような愛着を感じるシンプルなデザイン。近年流行りの丸目LEDヘッドライトを搭載しています。

特徴的なのは、初採用のポップアップ式ドアハンドルや従来のサイドミラーの役割を持つ「サイドカメラミラーシステム」といった先進機能がふんだんに取り入れられていることです。これまでのホンダ車とは一線を画します。

ボンネットのパネルから充電を行います。

インテリア

センターコンソールやインパネにはウッド素材が使用され、リビングルームやラウンジのような落ち着いた車内となっています。(実際は4mmのウッドフィルム)

シンプルな内装ながら、合計6つのスクリーンがなんといっても特徴的です。左右には「サイドカメラ」からの映像が映し出され、バックミラーもカメラからの映像を映し出すスクリーンとなっています。3つの中央モニターには、速度やインフォテイメントを表示させます。

まさに未来的と言うにふさわしいデザインですね。

スペック

新開発のEV専用プラットフォームにより、「ホンダ フィット」よりも一回りコンパクトなボディーながらロングホイールベースと短いオーバーハングを実現し、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を両立しています。

ホンダがこのEVで特にこだわったのが走りの楽しさ。

前輪駆動が主流の中、あえて後輪駆動を採用し走る楽しさを実現しています。EV走行距離は200km以上(WLTPモード)を達成しており、30分で80%まで充電が可能な急速充電にも対応しています。

しかしFFスポーツが得意なホンダがあえてのFRですので、どういった味付けがなされているのかが気になるところです。

<関連記事>

【新車】燃費の基準が変わるって、一体いつから?

発売時期

このプロトタイプをベースとしたEVは、2019年後半に生産開始となる予定です。

また、価格は割と高額との見方がされており、誰しもやすやすと変えるものではなさそうです。

さらに一部情報によると欧州への販売を優先するようで、日本での発売は現時点で未定です。しかし販売は間違いないと言っていいでしょう。

各社EVへの進出が一層本格化してきました。自動車業界で100年に1度といわれるEV革命ですが、果たしてこの流れが変わることは無いのでしょうか。

出典:www.honda.co.jp


▶FIRST LOOK:Honda E Prototype | Top Gear – Top Gear

<関連記事>

【ホンダ】小型EV インテリアの一部が公開!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-EV, ホンダ, 動画, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2017】最も巨大な自動車会社ランキング

今年に関しては、ルノー・日産協定が最大の自動車会社となるという噂もあります。しかし現時点ではフォルクスワーゲンがトップの地位を守り続けています。 今年、これまでに販売された台数を元に、最も大きな自動車 …

【豆知識】あなたは”ライサー”になってませんか?

自動車関係で人物を意味する用語としては、”レーサー”が一般的かと思います。 競技用車両の操縦をコンマ何秒の世界で繰り広げるレーサーには、決して誰でもなれるものではありません。し …

【検証】結局マツダのSUVってどうなの?過去モデルから現在まで

マツダと聞くと、どういったイメージをお持ちですか?ロータリーエンジン、スポーツカー、広島などなど・・・色々あるかと思います。 そんなマツダが発売するSUVは「CX-5」、「CX-3」の2車種です。この …

【スバル】レガシィ12万台以上リコール

完成検査や排ガス検査での不正以降、国内の販売が振るわないスバルですが、リコールの情報が出てきました。詳しく見てみましょう。 目次1 パーキングブレーキが作動しない恐れ2 対象車は?3 最近の装備につい …

【新車】レトロなフェラーリが復活!

デトマソ・パンテーラをモチーフとした「Panther」を手掛けたAres Designが、今度はフェラーリGTC4ルッソをベースに、フェラーリ412にインスパイアされた4シーターを作りだしました。 目 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク