クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

不正 情報 自動車

【日野】壊滅状態!…そして「空飛ぶタイヤ」の意外な真実

投稿日:

Pocket

2022年夏。日野自動車が大変なことになっています。

不正に次ぐ不正が明らかになり、国内で売る車がなくなってしまいました。

小型トラックでも

[東京 22日 ロイター] – 日野自動車は22日、排出ガスと燃費のデータ改ざん問題について、新たに小型エンジンでも不正行為が見つかったと発表した。同エンジンを積む小型トラックの出荷を同日から停止する。日野は大半の車種を販売できなくなり、国内生産台数の6割が出荷停止となる。

新たな不正は、今月3日から国土交通省が実施した実施した立ち入り検査で判明した。劣化耐久試験で排出ガスの測定回数が不足するなどしていた。小型エンジン「N04C(HC-SCR)」の2019年モデルが不正対象に含まれることから、同エンジンを積む「日野デュトロ」の出荷を停止する。

会見した小木曽聡社長は「自社の検証結果を報告した後に、国土交通省からの指摘で追加の不正行為が判明したことはたいへん重大かつ深刻であり、弁解の余地もない」と述べ陳謝した。

今回の対象台数は7万6694台。これで影響台数はおよそ64万台に拡大する。業績への影響は精査中としている。同エンジンは、親会社トヨタ自動車の「ダイナ」と「トヨエース」も搭載している。

不正の発覚について、トヨタの豊田章男社長は「親会社としても、株主としても、極めて残念」とコメントを発表。日野自はステークホルダーからの信頼が問われている状況で「生まれ変われるのか注視し、見守ってまいりたい」とした。

トヨタの長田准執行役員は、日野自の企業風土について言及し、「ここを直していかない限りどんないい器を作っても厳しい」と話した。日野自は独自の経営判断で商用車メーカーとしての拡大路線を続けてきたとし、「いい車を作るための子会社化ではなかった。連携していろいろやれたかと言われてもほとんどそういう関係ではない」とも述べた。一方、日野自との関係見直しの可能性については「そういうことを言うタイミングでもないし、検討している話もない」とした。

日野は今年3月、エンジンの排ガスや燃費試験で不正があったと発表。問題を調査した外部の委員会は8月、03年規制以降の幅広い車種において劣化耐久試験で不正行為があったとする報告書をまとめた。

22日午後の東京株式市場で、同社の株価は一時6%超安の611円まで急落し、年初来安値を更新。終値は3%超安の629円となった。トヨタ自動車は前日終値から変わらず、いすゞ自動車は続伸し1%超高となった。

出典:https://jp.reuters.com

日野自動車HPにて

エンジン認証に関する追加の判明事項について
日野自動車株式会社は、エンジン認証不正問題に関する特別調査委員会の調査報告ならびに自社の技術検証状況を 8/2 に公表し、翌 8/3 より国土交通省の立ち入り検査を受けておりますが、この中で排出ガス劣化耐久試験に関する追加の不正行為が判明しました。

当社の技術検証における確認が不十分であり、国土交通省からの指摘で追加の不正行為が判明したことを大変重く受け止めるとともに、ステークホルダーの皆様に多大なるご迷惑をおかけすることをあらためて深くお詫び申し上げます。なお、これまで認証プロセスにおける不正行為が判明していなかった小型エンジン「N04C(HC-SCR)/2019 年モデル」も今回判明した不正行為の対象となるため、同エンジン搭載の小型トラック「日野デュトロ」についても本日より出荷を停止いたします。今後の対応については、国土交通省の指示に従ってまいります。

 追加判明事項
[不正行為の内容]
排出ガス認証申請に際し、①劣化耐久試験の各測定点において排出ガス測定を 2 回以上行う必要があるところ、測定回数が不足している測定点があったこと、②劣化補正値の算出の際にそれらの測定データを使った算出が求められるところ、各測定点で 1 回分の測定データにより算出していたことが判明しました。なお、技術検証の結果、「N04C(HC-SCR)/2019 年モデル」は排出ガスの規制値超過の可能性は認められておりませんが、国土交通省の立ち入り検査において今後ご確認いただく予定です。
[原因]
関連法規の理解不足、規定・標準類の不備、認証プロセスの適正性を確認する仕組みの不備等
[対象機種]
「N04C(HC-SCR)/2019 年モデル」 ※平成 28 年排出ガス規制(ポスト・ポスト新長期規制/E9)対象
なお、車両用エンジンの平成 28 年排出ガス規制(ポスト・ポスト新長期規制/E9)対象全機種が該当、産業用エンジンの平成 26 年規制(4 次規制)対象全機種も該当ないし該当する可能性があります。
ただし、「N04C(HC-SCR)/2019 年モデル」以外は、各測定点における適正な測定の前提となる劣化耐久試験そのものが適正に実施されていなかったことがこれまでに判明しており、これらの機種ないし搭載車種はすでに出荷停止しております。
[新たに出荷停止となる車種]
・対象エンジン機種 : 小型エンジン「N04C(HC-SCR)/2019 年モデル」
・搭載車種 : 小型トラック「日野デュトロ」 (2019 年 5 月発売以降のモデル、国内市場向け)
※ 同エンジンはトヨタ自動車株式会社 小型トラック「トヨタ・ダイナ」および「トヨタ・トヨエース
(2020 年 3 月まで販売)」にも搭載
※ 積載量 1.5 トンクラスについては、トヨタ製 GD エンジン搭載のため対象外
・不正行為の対象台数 : 76,694 台 (累計登録台数 ※7 月末時点)
・年間登録台数 : 26,771 台 (2021 年度実績)

出典:https://www.hino.co.jp/

OEMと他社エンジン搭載車、EVのみ…

2022年8月現在の車両ラインナップは以下の通りです。

上記の説明にもある通り、デュトロの積載量1.5トンクラスはトヨタ製エンジン搭載のため販売可能です。また、今年6月に販売を開始したばかりのデュトロZ EVも電気自動車のため同様に販売できます。

観光バスは全滅。路線バスはいすゞのOEMである2車種が販売可能です。

ご覧の通り壊滅状態です。昨今の半導体不足の影響もあり新車が足りない状況のさなか、日野自動車のトラックは購入できないという異常事態になっています。信用問題も相まって、場合によっては他社に乗り換える判断をせざるを得ないのではないでしょうか。

あの映画の車両は…

余談ですが、トレーラー事故を起こした運送会社の社長が車両の欠陥に気付き、製造元の大手自動車会社と戦うという三菱自動車によるリコール隠しに着想を得た池井戸潤原作で2018年6月15日公開の「空飛ぶタイヤ」という映画があります。

この映画のなかではホープ自動車という自動車メーカーが登場しますが、モデルはご存知三菱自動車です。しかし事故を起こした赤松運送のトレーラーは、日野プロフィアをベースにエンブレムをホープのロゴに変えたものでした。

使おうと思えば三菱ふそうのトラックも使用できたはずですが、さすがにやめたのか、それともホープのエンブレムをフィットさせるためにロゴが一番似ている日野のトラックにしたのかは分かりませんが、今となっては皮肉なものです。

リコール、燃費、排ガス、完成検査…さまざまな規制で多くのメーカーがやらかしています。こういう不正があるたびに「企業風土」という言葉が出てきますが、風土というくらい長い年月をかけて根付いているものを変えるのは、そう簡単なことではありません。立て直すにもそれなりの体力が必要です。巨大なトヨタ自動車を親に持つ日野自動車が自らの力でどこまで持ちこたえることができるのか、今は見ていることしかできません。

<関連記事>

【日野】11年ぶり!ウォークスルーバンがEVとして新登場!

【映画】「空飛ぶタイヤ」を見てきた!感想(ネタばれ注意)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-不正, 情報, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【2018】RJCカーオブザイヤー ベスト6

11月1日、東京都渋谷区のアイビーホール青学会館において今年のRJCカーオブザイヤーのスタートとなるベスト6選びの開票が行われ、国産車部門で選出されたベスト6は以下のようになりました。 ついでに、もし …

【2022】東京オートサロン行ってきた!

2022年1月14日から16日にかけて開催されてた「東京オートサロン2022」に行ってきました。 このところコロナ渦もあり東京モーターショーのような自動車関連のイベントは軒並み中止となっておりましたが …

【2017】9月度軽自動車販売台数分析

9月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 ※通称名については同一車名のものを合算して集計していま …

【2018】8月度新車販売台数分析

2018年8月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 目次1 乗用車ブランド通称名別順位1.1 メーカー …

【2018】4月度新車販売台数分析 ソリオ「・・・」

2018年4月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 また、今月からランキングの掲載は取りやめ、注目のカ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
スポンサーリンク