クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

スズキ スバル ダイハツ トヨタ ホンダ マツダ 三菱 情報 日産 自動車

【2018】10月度新車販売台数分析

投稿日:

Pocket

2018年10月度の新車販売台数が自販連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。

乗用車ブランド通称名別順位

掲載元へ➔

【今月の注目ポイント】

セレナ、スバル

※輸入車、軽自動車は含まれません。

メーカー別販売台数

販売台数上位50位の中に含まれる車種数をメーカー別で分類するとこのようになります。

メーカー 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
トヨタ 21 21 21 21 21 19 22
ホンダ 7 8 8 7 8 9 8
日産 5 5 5 5 5 6 4
マツダ 4 5 6 5 5 5 6
スズキ 4 3 3 4 3 3 3
スバル 4 2 3 3 3 3 4
レクサス 3 3 0 1 1 1 0
三菱 1 2 2 2 3 3 1
ダイハツ 1 1 2 2 1 1 2

やはりトヨタが最も多いですね。この強さが弱まることはまずないでしょう。

しかし大きく変動しています。

販売台数合計

ランクインの数が多ければ多いほど、自然と合計販売台数も増えます。公開されている上位50車種のメーカー別合計台数を見てみましょう。

メーカー 先月 メーカー 合計台数(上位50車種) 傾向
トヨタ 104,862 トヨタ 109,287 +4,425
ホンダ 33,171 ホンダ 29,471 -3,700
日産 32,853 日産 20,671 -12,182
マツダ 16,162 マツダ 9,619 -6,543
スバル 10,611 スバル 9,583 -1,028
スズキ 9,883 スズキ 7,844 -2,039
三菱 3,817 ダイハツ 3,772 +1,078
ダイハツ 2,694 三菱 983 -2,834
レクサス 784 レクサス 0 -784
合計 214,837 合計 191,230

全体的に台数は先月に比べ大きく減少しています。

トヨタ、ダイハツを除き全メーカーで大幅に台数を減らしています。レクサスはランク外となりました。

各社トップセールス

1 トヨタ アクア 1位/50位
2 日産 ノート 2位/50位
3 ホンダ フリード 7位/50位
4 スバル フォレスター 20位/50位
5 マツダ デミオ 25位/50位
6 スズキ ソリオ 26位/50位
7 ダイハツ トール 31位/50位
8 三菱 デリカD5 44位/50位
9 レクサス -位/50位

ミニバン

上位50位に含まれるミニバンは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ シエンタ 9,840
2 トヨタ ヴォクシー 7,831
3 ホンダ フリード 6,751
4 日産 セレナ 6,409
5 トヨタ アルファード 5,8181
6 トヨタ ノア 4,564
7 ホンダ ステップワゴン 4,341
8 トヨタ ヴェルファイア 3,788
9 トヨタ エスクァイア 3,489
10 ホンダ オデッセイ 1,312
11 三菱 デリカD5 983
12 トヨタ エスティマ 730

ミニバンは50台中12台を占め、非常に人気ということが改めて分かります。今年の1月から長いことミニバントップだったセレナがついに陥落です。

SUV

上位50位に含まれるSUVは、販売台数の多い順に以下の通りでした。

順位 メーカー 車種 販売台数
1 トヨタ C-HR 6,678
2 ホンダ ヴェゼル 5,757
3 スバル フォレスター 5,154
4 トヨタ ハリアー 5,045
5 日産 エクストレイル 5,018
6 トヨタ ランドクルーザー 3,636
7 スズキ クロスビー 2,699
8 マツダ CX-3 2,477
9 マツダ CX-8 2,183
10 ホンダ CR-V 1,705
11 マツダ CX-5 1,509

SUVは50台中11台と、先月の14台に比べて減少しました。

マツダのCXシリーズは全てがランクインしていますが、マツダはCX-5など4車種計23万台のリコールを届け出ています。

【マツダ】CX-5など4車種23万台をリコール

CX-8 vs クロスビー vs エクリプスクロス

発売時期が割と近いマツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルである新型「CX-8」スズキのクロスビー、そして三菱エクリプスクロスを比べてみましょう。

クラスもコンセプトも違いますが、新参者ということでそれぞれの販売台数を比べてみましょう。

  CX-8 クロスビー エクリプスクロス
1月 2,938 2,442
2月 3,032 2,905
3月 4,342 3,751 4,996
4月 2,743 2,716 889
5月 2,484 3,149 807
6月 2,918 2,954 1,085
7月 2,028 2,376  852 
8月 1,398 1,772 691
9月 2,477 2,699 847
10月 1,396 1,960
合計 25,756 26,724 10,167

今月はエクリプスクロスがランク外でした。

国内では2年ぶりの復活となったホンダCR-Vですが、ホンダのSUVといえばヴェゼルが好調ですが、そのひとつ上のランクとなると客層が大きく変わるようですね。今後に期待です。

【ホンダ】新型CR-Vが発売!新旧比較まとめ

まとめ

2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車を対象として選別される今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のベスト10車種が発表されています。

その中には販売も好調なスバル フォレスターも含まれるのですが、終息しないリコール問題を考慮し、今年は辞退することになりました。

スバルは11月8日、完成検査に関わるリコールとして「レヴォーグ」「WRX」「インプレッサ」「XV」「フォレスター」「レガシィ」「エクシーガ」「BRZ」、トヨタ自動車に供給する「86」の9車種、計10万764台のリコールを国土交通省に届け出ています。

しかも不具合のあるバルブスプリングと呼ばれるエンジンの重要部品は、スバル独自の水平対向エンジンにおける配置上の問題から、交換には車からエンジンを丸ごと取り外し、一部を解体して交換しなければならないようで、1台あたりの改修作業に2日程度かかるとの見通しを明らかにしています。

全く終わりの見えない泥沼の様相を呈してきました。

【2018-2019】日本カーオブザイヤー ベスト10が発表!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スズキ, スバル, ダイハツ, トヨタ, ホンダ, マツダ, 三菱, 情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日産】6工場でISO認証取り消しへ。ISOとは?

2017年9月29日、日産自動車は会見を行い、新車出荷前に行う完成車検査工程の一部の項目で資格のない者が検査をしていたと発表しました。国土交通省による同社工場への立ち入り検査により判明しました。それを …

【海外】インドの最新SUVはどんな感じ?-マヒンドラXUV500

もちろんインドにも自動車会社が存在し、多くの国産車が走っています。 一体近年のSUVと比べてどう違っているのか、その特筆すべき機能について取り上げたいと思います。 目次1 マヒンドラ&マヒンドラとは2 …

【2018】3月度軽自動車販売台数分析

2018年3月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:デイズ、N-VAN、スーパー …

【ニュース】曙ブレーキが経営不振

大手自動車部品メーカーの曙ブレーキが事業再生ADR手続きを申請しました。 北米での業績不振が経営に影響を与えたようですが、今後の活動への影響が注目されます。 目次1 曙ブレーキ、事業再生ADR手続を申 …

【国内】マイナーコンパクト対決「バレーノ vs ミラージュ」

近年のSUV人気の陰で、若干押され気味なのがコンパクトカー市場。 しかし各社ラインナップに必ず存在し、グローバル展開を前提として力を入れて開発を続けています。しかしいまいちパッとせず存在感の薄いモデル …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク