クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 海外 自動車

【海外】オービスの撮影 ハトが邪魔をする。

投稿日:

Pocket

高速道路ではおなじみ「オービス」ですが、海外でも同じように設置されています。高性能なカメラで撮影されるので、いくらスピードを出していようがはっきりと運転者の顔が分かってしまいます。

しかしその顔を”隠してくれた”としたら?

ハトがスピード違反のドライバーをアシスト

ドイツ・デュッセルドルフの西部にあるフィアーゼンの道路で、ハトがスピード違反を犯していた車の前に突如として出現。運転手の顔を隠してしまったために警察当局は証拠不十分で検挙できないという事態に追いこまれました。

警察によると、この車は制限速度が時速30キロの道路を54キロで走行。その場面は自動速度取締装置による写真で特定することができたのですが、車の前を通過したハトの羽が「顔」という大事な証拠を消し去ってしまったのです。

検挙されていれば罰金は105ユーロ(約1万2800円)。フィアーゼン警察は「違反者がこの御加護を理解し、将来的に適切に運転することを願っています。」としながらも「このハトは制限区域内をあまりに速く移動したとして、罰金を科されるべきだ」と付け加えました。

出典:https://www.bbc.com

・・・所感・・・・・・・・・・・・・・・

時速30キロ制限の区域にオービスがあることも驚きですが、アウトバーンのような速度無制限の高速道路がある一方で、市街地などでの速度には厳しいお国柄なのでしょうか。

最近国内では歩行者が巻き込まれる事故が多発しています。スピードさえ出ていなければ防げたような事故も多く、なぜその道路がその制限速度なのかを考えることが大切です。

聞いた話ですが、オービスは非常に高感度のカメラを使用しているため、いざ撮影されると高額な撮影料が発生するのだとか。違反者負担となるようですが、撮影された時点で免亭となります。そんなことにならないように心がけて運転するのが一番ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 海外, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日産】70年前と現代のEVが並んで走る!

電気自動車といえば「日産リーフ」といっても過言ではありませんが、日産のEVへの挑戦は70年前から始まっていました。 1966年に日産自動車と合併した「プリンス自動車」の前身「立川飛行機」によって開発さ …

【国内】初代プリウスが登場した1997年。その他メーカーのイチオシは?

今では当たり前となったハイブリッドカーのパイオニア的存在かつ代名詞とも言える「トヨタ プリウス」。 そんなプリウスが初めて登場したのは1997年。当時の東京モーターショーにも出展され、当時としては驚異 …

新型アクアクロスオーバー 違いは何?

トヨタアクアは2017年6月にマイナーチェンジされました。その際新たに「アクアクロスオーバー」というオフロードタイプのアクアが加わりました。本記事ではアクアクロスオーバーが普通のアクアとどう違うのか、 …

【日産】11/19記者会見まとめ

日産自動車が11月19日午後10時から開催した記者会見の模様をまとめました。 西川社長の言葉と、その後の質問応答を抜粋しお伝えします。もちろん一語一句というわけではありませんので、ご了承ください。 目 …

【アメリカ】昔の日本車がアメリカで売られる!こんな変わり種まで?

アメリカでは、国内で販売されていない車は一般的に乗ることができません。しかし製造から25年経過すれば輸入でき、公道を走ることが認められるルールがあります。 こうしているうちにも、多くの日本の名車がアメ …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
スポンサーリンク