クラログ

自動車関係の情報、ゲーム、ニュース紹介ネタを中心に気ままにお届けする雑記ブログです。

情報 日産 自動車

【日産】バッテリー再生工場オープン 成功なるか?

投稿日:

Pocket

航続距離が伸びたといえども、バッテリーの劣化に課題の残る電気自動車ですが、そのバッテリーを再生する工場が日産自動車主導のもとオープンしました。

EV化が進む自動車業界における新たなビジネスモデルとなるか、注目されています。

EVバッテリー再製品化

日産自動車と住友商事が設立したバッテリーの2次利用を手掛けるフォーアールエナジー(4R社、横浜市)は3月26日、浪江事業所(福島県浪江町)の開所式を開いた。

4R社は電気自動車(EV)に搭載されたリチウムイオンバッテリーのリサイクルや再製品化を事業としており、新設の浪江事業所はバッテリーの回収や、性能分析、製品化などの業務を担う。製品は近く日産が発売予定で、世界で初めてというEV向け交換用再生バッテリーや大型の蓄電システムなど。工場の建屋面積は約2500平方メートルの規模で、約5億円を投資した。

当初の従業員は10人で、バッテリーの処理能力は旧型『リーフ』のもので年2250台分。2020年には同1万台規模を想定し、従業員も50人程度としたい考え。

浪江町は11年3月の東京電力福島第1原子力発電所の事故で町内全域に避難指示が出され、その後17年3月末に「帰還困難区域」を除いて、避難指示は解除された。4R社の進出は、浪江町では震災後初の企業立地であり、復興への後押しになる。

開所式には出資会社のほか、吉野正芳復興大臣や馬場有浪江町長らも出席した。式典で日産の坂本秀行副社長は「EVで使ったバッテリーをここでよみがえらせ、2度も3度も使えるようにする。社会に対して非常に大きな貢献になる。ここでの仕事の仕方を世界が学んでいく時代が来るだろう」と、事業の意義とそれに対する期待を表明した。

また、4R社の牧野英治社長は「すべての自動車会社がEVを大量投入していくので、この事業は間違いなく拡大すると確信している。浪江事業所は再生品の製造だけでなく、再生技術のグローバルな開発拠点でもあり、このプロジェクトを通じ町の復興と発展に貢献していきたい」と語った。

開所式に合わせ、リーフの使用済みバッテリーを再利用し、ソーラー発電と組み合わせた外灯を設置する浪江町のプロジェクト、「THE REBORN LIGHT」で採用する外灯の試作機も公開された。

4R社は日産51%、住友商事49%の出資で10年に設立され、これまで家庭用蓄電システムの開発・生産や、大阪市や鹿児島県内の離島でのリユースバッテリーによる蓄電センターの実証実験などに取り組んできた。

掲載元へ➔

価格は?

使用済みバッテリーを再利用することで、大幅に安い価格が実現されます。

今回提供が始まるのは24kWhタイプで、価格は30万円となっています。新品の場合だと65万円なので半額以下ということになります。性能はリチウムイオンバッテリー容量計で「12セグメント中10セグメント以上」が保証されるとのこと。

電気自動車を使用しているとこのセグメントが満タンにならない現象が起きます。これを「セグ欠け」とも言い、バッテリーの劣化を意味します。携帯電話などと同じですね。

リーフオーナーでは、一回目の車検時(新車から2~3年以内)には1セグメント欠けてる人が多いのだとか。

バッテリー交換or乗り変え?

もしあなたが旧型リーフのオーナーだとして、そろそろ航続距離に不満が出てきたとした場合、果たしてどちらを選びますか?

エンジン車であれば、燃費もさほど変わらずに壊れるまで乗り続けることができますが、バッテリーを丸ごと交換しなければやっていけないような車は車としてどうなのでしょうか?そこまでして乗り続けるメリットは果たしてあるのでしょうか。こればかりは環境やお財布事情というより「リーフが好きかどうか」によりますね

フォルクスワーゲンやBMWの排ガス不正が立て続けに発生し、EV化がますます加速する一方で、テスラが過去最大の赤字を計上、自動運転での死亡事故など進むべき道が良く分からなくなってきた印象です。良く言えば「過渡期」ですので、いろいろな技術を選べる楽しい時代にいるのかもしれません。(前にもこんなこと書いた気が・・・)

結局は好きな車に乗って、その車を大事にするかどうかですね。

リーフが好きという人を笑うことはできませんし、その好きなリーフをより長く乗っていられる仕組みがオープンしたのであれば、これは喜ばしいことではないでしょうか。日産自動車は「NISMO ヘリテージ」という製造廃止になった部品を「NISMOヘリテージパーツ」として、再生産し日本国内で発売しています。このバッテリー再生に関しても、こういったベクトルでみると非常に頼もしいシステムと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-情報, 日産, 自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ランク】「最高」な高級車トップ10

高級車と一言にいってもその数は多く、近年は「プレミアム」という言葉まで出てきています。ですが本物の高級車はそれぞれに誇るべき伝統と功績を持ち合わせています。つまり「間違いなく高級車である高級車」たちで …

【海外】インフィニティがやばい?アメリカで販売台数が全車種減少!

日産の高級ブランド「インフィニティ」。 日本ではさほど馴染みはありませんが、このところ大きく販売台数が減少しているようです。 販売台数2018年比21.1%減 (和約) 2019年度のインフィニティU …

【ホンダ】アシモ開発終了 アシモよ永遠に。

ホンダが2足歩行ロボット「アシモ」の開発を取りやめていたことがわかりました。今後はアシモで培った技術を元に、より実用的なロボットの開発に注力していくようです。 目次1 ホンダ アシモの開発をとりやめ …

メルセデスGクラス vs ジムニー3台 綱引きの結果は?

スズキジムニーはメルセデスGクラスに似ているとしばしば話題になります。 実際それに似せたようなカスタムも多く存在し、そうした遊び代があるのも新型ジムニーの大きな特徴と言えます。 しかし、実際にGクラス …

【2018】2月度軽自動車販売台数分析

2018年2月度の軽自動車販売台数が全軽自連より発表されました。本記事ではそのデータをもとに詳しく分析したいと思います。新車ご購入の参考になれば幸いです。 今月のポイント:N-BOX、ジムニー ※通称 …

スポンサーリンク


管理人のクースキーと申します。

自動車関係の情報、ゲーム、ニュースなどをより多くの方に共有したく思い、個人的にお勧めする内容をこのブログにまとめていくことと致しました。

ときには生活用品など、気ままにお届けいたします。宜しくお願い致します。
記事内では一人称が「私」だったり「俺」だったり「自分」だったりしますが、現実では「僕」です。

ちなみに自動車はMT派です。ლ(´ڡ`ლ)

スポンサーリンク